「jqPlot」を使って棒グラフを作成

jqPlotを使って棒グラフを作成してみました。ベースはこの記事を参照ください。

スクリプト

jqPlotのベースとなるjsファイルと以下の棒グラフの作成に必要なスクリプトを読み込んで下さい。

<script src="jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<link href= "jquery.jqplot.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<script src="jquery.jqplot.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="excanvas.min.js" type="text/javascript"></script>
<!-- 棒グラフを生成するためのプラグイン -->
<script src="/plugins/jqplot.barRenderer.min.js" type="text/javascript"></script>
<!-- 棒グラフのそれぞれの値をカテゴリーするためのプラグイン -->
<script src="/plugins/jqplot.categoryAxisRenderer.min.js" type="text/javascript"></script>

HTML

<div id="div1093"></div>

表示用データ

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function(){
    // カテゴリーの値を指定する (カテゴリー:表示データの区切り)
    var ticks = [ 'Jan', 'Feb', 'Mar', 'April'];
    // シリーズのラベルを指定 (シリーズ:1つのカテゴリーに表示させるデータ)
    series = [ {label: '東京'}, {label: '日本(東京以外)'}, {label: '国外'}];
    // 表示データ (シリーズごとのデータ)
    var s1 = [ 47.3, 45.8, 45.5, 43.4];
    var s2 = [ 50.7, 51.8, 52.2, 55.0];
    var s3 = [  2.0,  2.4,  2.3,  1.6];
    // シリーズの配色をシリーズの配列と同順に各々指定
    seriescolors = [ "#4472A6", "#AA4644", "#89A550"];

コードはまだ終了してません。ここから下は、縦棒・横棒どちらか選んで下さい。

縦棒グラフのオプション

棒グラフ 縦 サンプル

    //    オプション
    options = {
        title: '地域別アクセス割合',             // タイトル
        seriesDefaults: {
            renderer: jQuery.jqplot.BarRenderer, // グラフの種類を「棒グラフ」に
        },
        seriesColors: seriescolors,              // 棒グラフカラーリング
        series: series,                          // 
        legend: { show: true, placement: 'outsideGrid' }, // 凡例        
        // 軸の設定
        axes: {
            xaxis: {
                renderer: $.jqplot.CategoryAxisRenderer, // カテゴリー
                ticks: ticks                     // 横軸データ
            },
            yaxis: {}
        }
    }
    // グラフ作成実行 (グラフ表示する#div, 表示データ, オプションの順に指定)
    $.jqplot( 'div1093', [s1, s2, s3], options);
});
</script>

横棒グラフのオプション

横棒グラフに切り替えるのは、rendererOptionsにbarDirection: 'horizontal'を設定し、xaxisに設定していたものをyaxisに移動します。
棒グラフ 横 サンプル (課題、太くする..)

    //    オプション
    options = {
        title: '地域別アクセス割合',             // タイトル
        seriesDefaults: {
            renderer: jQuery.jqplot.BarRenderer, // グラフの種類を「棒グラフ」に
            rendererOptions: {
                barDirection: 'horizontal'       // 横棒グラフに切替
            }
        },
        seriesColors: seriescolors,              // 棒グラフカラーリング
        series: series,                          // 
        legend: { show: true, placement: 'outsideGrid' }, // 凡例        
        // 軸の設定
        axes: {
            xaxis: {},
            yaxis: {
                renderer: $.jqplot.CategoryAxisRenderer, // カテゴリー
                ticks: ticks                     // 縦軸データ
            }
        }
    }
    // グラフ作成実行 (グラフ表示する#div, 表示データ, オプションの順に指定)
    $.jqplot( 'div1093', [s1, s2, s3], options);
});
</script>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

開閉できるツリー構造を表現できる「jsTree」

「jsTree」は、Webサイト上にツリー構造を表示してくれるJQueryラグインです。実際、使うかというのは謎ですが、ブログ内に設置する機会があり使用してみましたので参考まで。 ダウンロードはこち

レスポンシブに対応したテーブルを実装できる「FooTable」

「FooTable」は、画面の大きさに合わせて表示をかえてくれるテーブルを実装できるjQueryプラグインです。かなり、シンプルに実装できます。ダウンロード #v2にアップデートされたため刷

わずかなコードで画像をサムネイル化してくれる「MyThumbnail.js」

サムネイル化してくれるJQueryプラグインは数多くありますが、この「MyThumbnail」はわずか数行で簡単にページ上の画像を指定サイズにサムネイル化してくれます。 ダウンロード 画像とし

no image

[続きを読む]でテキストを省略、開閉できる「jTruncate」「jTruncSubstr」

「jTruncate」は、長くなってスペースをとってしまう文章をなどであらかじめ指定した文字数で省略して表示してくれるjQueryプラグインです。 ダウンロードはこちら デモ スクリプト

ナビゲーション内にサムネイルを設置できる画像スライダー・ギャラリー用プラグイン

画像ギャラリーを作成してくれるjQueryプラグインはたくさん制作されています。その中でもサムネイルを使用してギャラリーのナビゲーションを行ってくれるプラグインをいくつか集めてみました。 サムネ

no image

ファイルアップロードフォーム プラグイン

Ajax File Upload Form with jQuery Ajax File Upload Form with jQuery [browser-shot url="h

Lightboxなどが実装できるプラグイン「Magnific Popup」

「Magnific Popup」はlightboxを実装できるjQueryプラグインです。 この手のものは、商用利用に制限がかかっているものが多いですがこのプラグインはMITライセンスで提供されてい

テキストに動きをつけるプラグイン

テキストをフェイド・スライド「Textillate」 テキストをフェイドイン(アウト)、スライドイン(アウト)してくれます。 ダウンロード デモ My Tit

カウントダウン プラグイン

FlipClock #時間 FlipClock サイト [browser-shot url="http://xdsoft.net/jqplugins/flipcountd

マウスオーバーでキャプション表示してくれる プラグイン

画像マウスオーバーするとキャプションを出現させるプラグイン (jQuery 1.10.2で動作確認のできたものに限定しています。デモ一覧) imgタグの#alt属性から自動でキャプションを生成

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑