head内に出力される要素を整理

WordPressを使用していくうちに、head内がカオスな状態になっていくきますよね。そこで、そういう状態になったものをスッキリさせていこうという試みをやっていこうと思います。

削除方法

取り急ぎ、削除方法から。functions.php(子テーマ)に以下の関数を差し込んで下さい。functions.phpの子テーマへの追加方法は、他の記事に譲ることとします。

<?php
// generator
remove_action( 'wp_head',             'wp_generator');
// rel="shortlink"
remove_action( 'wp_head',             'wp_shortlink_wp_head',           10, 0 );
// WLW(Windows Live Writer) wlwmanifest.xml
remove_action( 'wp_head',             'wlwmanifest_link');
// RSD xmlrpc.php?rsd
remove_action( 'wp_head',             'rsd_link');

// オリジナル:adjacent_posts_rel_link_wp_head() in wp-includes/link-template.php
// rel="next"、rel="prev"
remove_action( 'wp_head',             'adjacent_posts_rel_link_wp_head', 10);
?>

meta content="WordPress ~" name="generator"

これは、サイト訪問者にこのブログはWordpressで作成されていることを伝えるメタタグです。これは、削除してもよいというよりは、削除すべき項目です。~の部分には、Wordpressのバージョン情報が記載されているため、(アップグレードなどを怠っていて)最新版でない場合はサイト攻撃者にとっては願ってもない情報だからです。

rel="shortlink"

head内にある(url=>http://domain/?p=「ポストID」)は、パーマリンクの設定あれこれで長くなった投稿urlを短く使用してもらうためにサイト訪問者に知らせるための一種の短縮用urlです。これは、Wordpressに標準に実装された機構のようです。個人的に、誰が使うのかよく分からないし、世の中には無効化している人がたくさんいたので問題ないのかなと思い、削除しました。

wlwmanifest.xml

wlwは「Windows Live Writer」の略らしく、ブログ編集ツールです。世の中には結構使ってらっしゃる方がいるようです。そして、このxmlのリンクは、この(WordPress)ブログで使用するためのリソースファイルになります。
今のところ、使用していないので無効にしました。(使うようになればすぐ戻せばいい)
無効化するプラグイン(WLW Disabler)もありますので、これをインストールするか、functions.phpに追加するやり方かを選択可能です。

RSD(RPC用XML) application/rsd+xml

別のアプリケーションから投稿・編集などを行う際に必要なリソースファイルパスのタグです。これを非表示にしても使用できます。わざわざ、晒す必要はないと思い消しました。

RSS フィード関連 application/rss+xml

RSS/Atomフィード カスタマイズへ移動しました。

rel="next"、rel="prev"

ページネーションを表すリンクが指定されます。

style要素

<style media="print" type="text/css">

「管理バー」を印刷対象から除外するために設定されています。

/* オリジナル:wp_admin_bar_header() in wp-includes/admin-bar.php */
<style media="print" type="text/css">
  #wpadminbar { display:none; }
</style>

<style media="screen" type="text/css">

ログイン状態で(デフォルトでは、画面上段に)表示される「管理バー」用を表示するため、32pxマージンされています。加えて、レスポンシブ対応されています。

/* オリジナル _admin_bar_bump_cb() in wp-includes/admin-bar.php */
<style media="screen" type="text/css">
	html { margin-top: 32px !important; }
	* html body { margin-top: 32px !important; }
	@media screen and ( max-width: 782px ) {
		html { margin-top: 46px !important; }
		* html body { margin-top: 46px !important; }
	}
</style>

「最近のコメント」ウィジェット用のスタイル

「最近のコメント」ウィジェットが有効になっている場合に出力されます。

<style type="text/css">
.recentcomments a{display:inline !important;padding:0 !important;margin:0 !important;}
</style>

出力させない

function remove_recent_comments_style() {
    global $wp_widget_factory;
    remove_action( 'wp_head', array( $wp_widget_factory->widgets['WP_Widget_Recent_Comments'], 'recent_comments_style'));
}
add_action( 'widgets_init', 'remove_recent_comments_style');

参考
Remove recent comments wp_head CSS

オリジナル:wp-includes/default-widgets.php
recent_comments_style()

Open sans フォント (id:open-sans-css)

WordPress 3.8からOpen sansフォントをロードするようになりました。
無効化するには以下のコードを追加して下さい。ただし、'open-sans'は他のスタイルが依存しているため単純に削除するだけでなくfalseとして再登録しています。

// オリジナル wp_default_styles() in wp-includes/script-loader.php
// Remove Open Sans that WP adds from frontend
if (!function_exists('remove_wp_open_sans')) :
    function remove_wp_open_sans() {
        wp_deregister_style( 'open-sans' );
        wp_register_style( 'open-sans', false );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'remove_wp_open_sans');

    // Uncomment below to remove from admin
    // add_action('admin_enqueue_scripts', 'remove_wp_open_sans');
endif;

プラグイン導入で作成されるstyle要素

qTranslate
qtrans_flagの削除方法は、こちら

ワードプレス自身がやっているurl短縮サービスWP.meをいつか使ってみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Eleven カスタマイズ

目次 author-info 消す 作成者(投稿者)を消す 投稿者情報を表示しない proudly powered by wordpressのリンクをコピーライトに変更

no image

「固定ページ」ウィジェット カスタマイズ

「固定ページ」ウィジェットは、そのままではありますが、固定ページの一覧をウィジェットに表示してくれます。 カスタマイズは、管理画面よりいくつかできるようです。 目次 特定の(固定)ページ

Twenty Thirteen テーマ用フォント "Source Sans Pro" / "Bitter"の使用を止

TwentyThirteenでは、テーマ用のフォントとして「Source Sans Pro」と「Bitter」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどの

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

jQueryをCDNから読み込む

WordPressではデフォルトでjQueryライブラリが同梱されています。この記事では、それをやめて、CDNから読み込み、使用する方法を解説します。 WordPress 3.6 3.9 4.0

Twenty Fourteen 「投稿日」や"先頭固定表示"を非表示

日付を表示する部分は、全てtwentyfourteen_posted_onに集約されています。該当部分をコメントアウトしたかたちで子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。 「投稿日

「続きを読む」(moreタグ)をカスタマイズ

WordPressではほとんどのテーマでは、複数の投稿を表示するアーカイブページ(カテゴリー別、タグ別、年月日別、作成者別など)ではmoreタグ(<!--more-->)を挿入することで、

JSやCSSに自動で付与されるバージョン番号を非表示に

Wordpressでは、JSやCSSがロードされる際にlinkタグやscriptタグ内にWordpressやプラグインもしくはスクリプトそのもののバージョン番号が付与されます。「?ver=」で検索して

サイトのキャプチャをショートコードで生成してくれる「Browser Shots」

外部のサイトを紹介する際にそのサイトのキャプチャが添えられているとイメージがつかみやすくなりクリックのモチベーションが上がるような気がします。 今回は、ショートコード一行でサイトのスクリーンショット

Lightbox (画像ポップアップ) プラグイン

WordPressで使用できるLightbox(画像ポップアップ)プラグインのまとめ ひとまずインストール・有効化するだけで使用可能です。(3.7/3.8/3.9) blueimp lig

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑