JDK 7 インストール

ダウンロード

Java SE - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle
こちらから、JDK Downloadへすすみ、"Accept License Agreement"をチェックするとリンクURLが各ファイルの直パスにかわるのでそこからパスを取得。
現時点では、「jdk-7u51-linux-i586.rpm」(Linux x86用の場合)

そのままダウンロードしてもいいですし、以下のコマンドラインからもダウンロードができます。
Cookieにダウンロードページの"Accept License Agreement"押下時に保持されるクッキーを指定します。

2014-8-27 CookieのNameとValueを変更しました。
(前) "Cookie: gpw_e24=http%3A%2F%2Fwww.oracle.com"
(後) "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie"
32ビット
# wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" "https://edelivery.oracle.com/otn-pub/java/jdk/7u51-b13/jdk-7u51-linux-i586.rpm"
64ビット
# wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" "http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/7u67-b01/jdk-7u51-linux-x64.rpm"

インストール

インストールは、以下のページで各アーキテクチャごとに参考にして下さい。
Linux Platform Install (JDK)

# rpm -ivh jdk-7u51-linux-i586.rpm

バージョン確認

# java -version
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 24.51-b03, mixed mode, sharing)

JDKには、javadocなども含まれています。
ログ

アップグレード

対象のバージョンを上記同様ダウンロード
Java SE 7 Update Release Notes

# rpm -Uvh jdk-7u67-linux-i586.rpm
# java -version
java version "1.7.0_67"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_67-b01)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 24.65-b04, mixed mode, sharing)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

日本語表示と入力

CentOSを簡易インストールでセットアップを行うと表示や入力が日本語で行えません。 ここでは、メニューの日本語化と日本語入力の設定方法を紹介します。 日本語関連のパッケージをインストール

no image

telnetサーバを導入

telnetサーバのインストール # yum -y install telnet-server telnetサーバの設定 # vi /etc/xinetd.d/telnet

no image

Timezoneの設定 (JSTに変更する)

JSTに変更する。 # cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime 確認 # date Mon Aug 25 00:2

no image

EPELレポジトリの追加

EPELは、主にRedHat系であるRHEL, CentOS, Scientific Linux向けのオープンソースのパッケージが公開されているレポジトリです。 レポジトリ追加 パスを探す場合

no image

FTPサーバ(vsftpd)を導入

vsftpd (Very Secure FTP deamon)の導入メモ vsftpをインストール yumでインストール # yum -y install vsftpd 手動起

ディレクトリの階層をツリー形式で表示「tree」コマンド

LinuxでもWindows同様に、ディレクトリ階層をツリー形式で表示してくれる「tree」コマンドが使用可能です。 インストール # yum install tree tree

Ruby 2.xをUbuntuにインストール

Ubuntuでは「Stable Release Updates Policy」に基づいて最新版のパッケージの公開されておらず、公式のレポジトリではRuby 1.9.xまでが安定版として提供されています

Avast! Linux Home Editionをインストール

普段WindowsやMacに使用している「Avast AntiVirus」のLinuxバージョンがあるので試してみました。現在は、提供が終了されているためダウンロード、ローカルインストールという流れに

no image

Doxygenのインストールと設定

Doxygenのインストール yumリポジトリには古いバージョンのものしか登録されていません。ここでは最新版をダウンロードし、インストールしてみます。(最新版1.8.6) # ダウンロード

MySQL インストール

利用できるパッケージを確認 # yum list mysql ~ Available Packages mysql.i686

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑