MySQL インストール

利用できるパッケージを確認

# yum list mysql
~
Available Packages
mysql.i686                                                                 5.1.73-3.el6_5                                                                  base

バージョンが5.1で少し古めなので、yumレポジトリを登録して最新版をインストールします。
rpmのバージョンは以下を参照
Download MySQL Yum Repository

yumレポジトリを登録

# yum install http://repo.mysql.com/mysql-community-release-el6-5.noarch.rpm

レポジトリファイルを確認
enabled=1となっているものが有効、enabled=0が無効になっているものです。

# cat /etc/yum.repos.d/mysql-community.repo
[mysql-connectors-community]
name=MySQL Connectors Community
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-connectors-community/el/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

[mysql-tools-community]
name=MySQL Tools Community
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-tools-community/el/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Enable to use MySQL 5.5
[mysql55-community]
name=MySQL 5.5 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.5-community/el/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Enable to use MySQL 5.6
[mysql56-community]
name=MySQL 5.6 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.6-community/el/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Note: MySQL 5.7 is currently in development. For use at your own risk.
# Please read with sub pages: https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/
[mysql57-community-dmr]
name=MySQL 5.7 Community Server Development Milestone Release
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.7-community/el/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

インストール

# yum install mysql-community-server
もしくは
# yum install mysql-server

MySQL ライブラリやインクルードファイルの場合
# yum install mysql-devel

バージョン(切り取り)

=============================================================================================================================================================================================================================================
 Package                                                              Arch                                          Version                                                 Repository                                                  Size
=============================================================================================================================================================================================================================================
Installing:
 mysql-community-libs                                                 i686                                          5.6.22-2.el6                                            mysql56-community                                          1.8 M
     replacing  mysql-libs.i686 5.1.73-3.el6_5
 mysql-community-libs-compat                                          i686                                          5.6.22-2.el6                                            mysql56-community                                          1.6 M
     replacing  mysql-libs.i686 5.1.73-3.el6_5
 mysql-community-server                                               i686                                          5.6.22-2.el6                                            mysql56-community                                           52 M
Installing for dependencies:
 mysql-community-client                                               i686                                          5.6.22-2.el6                                            mysql56-community                                           17 M
 mysql-community-common                                               i686                                          5.6.22-2.el6                                            mysql56-community                                          307 k
 perl-DBI                                                             i686                                          1.609-4.el6                                             base                                                       705 k

Transaction Summary
=============================================================================================================================================================================================================================================

これで、バージョン5.6の以下がインストールされます。

  • mysql-community-server サーバパッケージ
  • mysql-community-client クライアントパッケージ
  • mysql-community-common エラーメッセージや文字セット(クライアント、サーバ共通)
  • mysql-community-libs 共通ライブラリ(クライアント)
  • mysql-community-libs-compat 互換性補完ライブラリ

MySQL起動

# /etc/init.d/mysqld start
mysqld を起動中:                                           [  OK  ]

いろいろwarningがでてくると思います。別記事で対処したいと思います。

自動起動の設定

# chkconfig mysqld on

mysql_secure_installation実行

rootパスワードの設定やanonymousユーザの削除を行います。

# cd /usr/bin
# mysql_secure_installation
# 現在のrootユーザのパスワード => ブランク
Enter current password for root (enter for none):

# rootユーザのパスワード設定有無 => y
Set root password? [Y/n] y

# rootユーザの設定パスワード => 新しいrootユーザのパスワード
New password:

# 確認用 => 新しいrootユーザのパスワード
Re-enter new password:

# anonymousユーザの削除有無 => y
Remove anonymous users? [Y/n] y

# rootユーザにリモートログインを許可するか => y
Disallow root login remotely? [Y/n] y

# testデータベースの削除有無 => y (*存在しないらしい)
Remove test database and access to it? [Y/n] y

# privilegeテーブルの再読み込み => y
Reload privilege tables now? [Y/n] y

続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

Timezoneの設定 (JSTに変更する)

JSTに変更する。 # cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime 確認 # date Mon Aug 25 00:2

Ruby 2.1.x ソースからコンパイルインストール

Rubyをソースからインストールした際のメモです。(執筆時最新版 Ruby 2.1.2) ダウンロードファイルのパスは以下を参照(過去分も含めて) Ruby CDN # cd /usr/

Ruby 1.9.x インストール

バージョン1.9をソースからコンパイルしてインストールのメモ # wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-1.9.3-p545.tar

no image

Doxygenのインストールと設定

Doxygenのインストール yumリポジトリには古いバージョンのものしか登録されていません。ここでは最新版をダウンロードし、インストールしてみます。(最新版1.8.6) # ダウンロード

no image

日本語表示と入力

CentOSを簡易インストールでセットアップを行うと表示や入力が日本語で行えません。 ここでは、メニューの日本語化と日本語入力の設定方法を紹介します。 日本語関連のパッケージをインストール

no image

EPELレポジトリの追加

EPELは、主にRedHat系であるRHEL, CentOS, Scientific Linux向けのオープンソースのパッケージが公開されているレポジトリです。 レポジトリ追加 パスを探す場合

ディレクトリの階層をツリー形式で表示「tree」コマンド

LinuxでもWindows同様に、ディレクトリ階層をツリー形式で表示してくれる「tree」コマンドが使用可能です。 インストール # yum install tree tree

no image

telnetサーバを導入

telnetサーバのインストール # yum -y install telnet-server telnetサーバの設定 # vi /etc/xinetd.d/telnet

REMIレポジトリの追加

RemiのサイトLes RPM de Remi - Repositoryよりリンクを取得 今回の対象はCentOS 6.5のためrelease-6とします。 # rpm -Uvh http

yum実行が中断された場合の再開方法

yumコマンド実行中にサーバがダウンしたり、ネットワークトラブルなどで中断した場合、再起動後にyumを実行した際に以下のようなエラーメッセージで実行できません。 There are un

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑