Avast! Linux Home Editionをインストール

普段WindowsやMacに使用している「Avast AntiVirus」のLinuxバージョンがあるので試してみました。現在は、提供が終了されているためダウンロード、ローカルインストールという流れになります。

ダウンロード

[root@~]# wget -c http://files.avast.com/files/linux/avast4workstation-1.3.0-1.i586.rpm

インストール

[root@~]# yum localinstall avast4workstation-1.3.0-1.i586.rpm

ライセンスキーの取得と認証

こちらのフォームに入力を行い、メールにてキーを受領できます。
Register avast! Free Antivirus

インストールがComplete!したら、ライセンス認証を行います。
GUIからもCUIからも可能。

CUIの場合、

[root@localhost Downloads]# avast -V
Couldn't find a registration key in ~/.avast/avastrc file!
Please register avast! at http://www.avast.com/i_kat_207.php?lang=ENG
to get the key.
NOTE: if avast! rejects the key, remove ~/.avast/avastrc file and
run this script again with a valid key.

Please enter the key here:


Base virus definition file installed.
Please run 'avast-update' to download the latest available.

GUIで行う場合は、「アプリケーション」→「アクセサリー」に「Avast」のメニューがあるのでクリックするとキー入力が求められます。

定義ファイルの更新

[root@~]# avast-update
Checking for virus signature updates...
An update for /root/.avast/400.vps is available.  Fetching update...
Update done: /root/.avast/400.vps dated  [日付].

検知確認

こちらより、ウィルス検知用ファイルをダウンロードしてスキャンしてみて下さい。EICAR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

MySQL インストール

利用できるパッケージを確認 # yum list mysql ~ Available Packages mysql.i686

no image

EPELレポジトリの追加

EPELは、主にRedHat系であるRHEL, CentOS, Scientific Linux向けのオープンソースのパッケージが公開されているレポジトリです。 レポジトリ追加 パスを探す場合

Ruby 1.9.x インストール

バージョン1.9をソースからコンパイルしてインストールのメモ # wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-1.9.3-p545.tar

Ruby 2.1.x ソースからコンパイルインストール

Rubyをソースからインストールした際のメモです。(執筆時最新版 Ruby 2.1.2) ダウンロードファイルのパスは以下を参照(過去分も含めて) Ruby CDN # cd /usr/

ディレクトリの階層をツリー形式で表示「tree」コマンド

LinuxでもWindows同様に、ディレクトリ階層をツリー形式で表示してくれる「tree」コマンドが使用可能です。 インストール # yum install tree tree

Adobe Reader インストール

Adobe ReaderはLinux版も用意されています。以前はyumレポジトリに登録されていましたが、現在は外して(外されて?)しまったようです。なので、ダウンロードしてローカルインストールという流

no image

telnetサーバを導入

telnetサーバのインストール # yum -y install telnet-server telnetサーバの設定 # vi /etc/xinetd.d/telnet

Ubuntuバージョンを取得する

Ubuntuのバージョンはコマンド「lsb_release」を使用して確認することができます。 /etc/lsb-releaseを参照することでも同情報を取得できます。もしくは、/etc/os-re

no image

Doxygenのインストールと設定

Doxygenのインストール yumリポジトリには古いバージョンのものしか登録されていません。ここでは最新版をダウンロードし、インストールしてみます。(最新版1.8.6) # ダウンロード

no image

日本語表示と入力

CentOSを簡易インストールでセットアップを行うと表示や入力が日本語で行えません。 ここでは、メニューの日本語化と日本語入力の設定方法を紹介します。 日本語関連のパッケージをインストール

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑