CakePHP 1.3 インストール

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。

まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる

CakePHPアプリケーションをレンタルサーバなどで公開する際(レンタルサーバじゃなくてもいいですが)に、よく採用されている配置は以下のようなかたちだと思います。

利点として、セキュリティ的なものとライブラリを共用できるというものが挙げられると思います。
セキュリティ的とは、プログラム本体であるPHPファイルを他ユーザがアクセスできないwww以下以外のディレクトリに配置することでセキュリティを高めることができます。共用とは、異なるCakePHPプロジェクト間で同一のライブラリを使用することが出来るということになります。ここは具体的な最終形をみていただくと解ると思います。

配置のための変更

この構成のために2つのファイルを変更する必要があります。(上のツリー内でチェックがついているやつ2つです。)

~/www/cake13/index.php

/**
* The full path to the directory which holds "app", WITHOUT a trailing DS.
*
*/
    if (!defined('ROOT')) {
        // プロジェクトの親ディレクトリを指定
        // /home/[user]/cak13
        define('ROOT', DS.'home'.DS.'[ユーザ]'.DS.'cake13');
    }
/**
* The actual directory name for the "app".
*
*/
    if (!defined('APP_DIR')) {
        // controller/model/viewなどの親ディレクトリの名前を指定
        // app
        define('APP_DIR', 'app');
    }
/**
* The absolute path to the "cake" directory, WITHOUT a trailing DS.
*
*/
    if (!defined('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH')) {
        // cakeディレクトリが配置されている親ディレクトリのパスを指定
        //
        define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', ROOT);
    }
  • 'ROOT':CakePHPアプリケーションの本体のディレクトリパスを指定
  • 'APP':appのディレクトリ名を指定
  • 'CAKE_CORE_INCLUDE_PATH':cakeライブラリ(cakeディレクトリ)を配置したディレクトリのパス

~/www/cake13/.htaccess

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase /cake13 #追加する
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^(.*)$ index.php?url=$1 [QSA,L]
</IfModule>

ベースとなるディレクトリはここ(/project1)ですよ、というのを伝えます。

サブディレクトリ下で動作:

URL:http://[domain]/[dir]/[controller]/[action] のようなかたち

設定が完了したら、アクセスしてみます。http://[domain]/cake13
この設定下では、http://[domain]/cake13/[controller]/[action]のurl構成になり、サブディレクトリproject1の下で動作することになります。

ドメイン直下で動作させる場合:

URL:http://[domain]/[controller]/[action] のようなかたち

今ある[project1]下の.htaccess以外の全てのファイルをwww下に移動して下さい
** .htaccessは上書きしないよう注意

長いので、次回~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。 $this->validateErrors自身バリデーション処理している 今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力し

no image

WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。 CKEditor 実装 // head // View(~.ctp) 解凍してwebroot/jsフ

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。 バリデーシ

no image

Secutiryユーティリティ

CakePHPでは、データのハッシュ化もしくは暗号化のためのメソッドSecurityユーティリティが用意されています。 ソース: /cake/libs/security.php Security:

no image

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

ここ最近は、メールアドレスだけでなく、SNSのアカウントと連携してユーザ登録することもできるWebサービスが増えてきましたね。ユーザは割合としてどちらを選んでるのか気になるところですが。私はできるだけ

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

複数データベースの追加と切替

CakePHPで複数のデータベースに切替を行うということがあると思います。(個人的にはあまりない) 今回、CakePHPからWordpressのデータベースへの接続を行う機会があったので設定を試して

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

no image

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。 Jsヘルパーを使用して

ログインに追加の条件を付与する「userScope」

「ユーザ登録」の続きです。 ユーザ登録後、activate(statusを0に設定するを)せずに「仮登録」のままで、正しいusernameとpasswordでログインを試したところ認証に引っかかって

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑