CakePHP 1.3 インストール

n__cakePHP13

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。

まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる

CakePHPアプリケーションをレンタルサーバなどで公開する際(レンタルサーバじゃなくてもいいですが)に、よく採用されている配置は以下のようなかたちだと思います。

利点として、セキュリティ的なものとライブラリを共用できるというものが挙げられると思います。
セキュリティ的とは、プログラム本体であるPHPファイルを他ユーザがアクセスできないwww以下以外のディレクトリに配置することでセキュリティを高めることができます。共用とは、異なるCakePHPプロジェクト間で同一のライブラリを使用することが出来るということになります。ここは具体的な最終形をみていただくと解ると思います。

配置のための変更

この構成のために2つのファイルを変更する必要があります。(上のツリー内でチェックがついているやつ2つです。)

~/www/cake13/index.php

/**
* The full path to the directory which holds "app", WITHOUT a trailing DS.
*
*/
    if (!defined('ROOT')) {
        // プロジェクトの親ディレクトリを指定
        // /home/[user]/cak13
        define('ROOT', DS.'home'.DS.'[ユーザ]'.DS.'cake13');
    }
/**
* The actual directory name for the "app".
*
*/
    if (!defined('APP_DIR')) {
        // controller/model/viewなどの親ディレクトリの名前を指定
        // app
        define('APP_DIR', 'app');
    }
/**
* The absolute path to the "cake" directory, WITHOUT a trailing DS.
*
*/
    if (!defined('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH')) {
        // cakeディレクトリが配置されている親ディレクトリのパスを指定
        //
        define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', ROOT);
    }
  • 'ROOT':CakePHPアプリケーションの本体のディレクトリパスを指定
  • 'APP':appのディレクトリ名を指定
  • 'CAKE_CORE_INCLUDE_PATH':cakeライブラリ(cakeディレクトリ)を配置したディレクトリのパス

~/www/cake13/.htaccess

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase /cake13 #追加する
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^(.*)$ index.php?url=$1 [QSA,L]
</IfModule>

ベースとなるディレクトリはここ(/project1)ですよ、というのを伝えます。

サブディレクトリ下で動作:

URL:http://[domain]/[dir]/[controller]/[action] のようなかたち

設定が完了したら、アクセスしてみます。http://[domain]/cake13
この設定下では、http://[domain]/cake13/[controller]/[action]のurl構成になり、サブディレクトリproject1の下で動作することになります。

ドメイン直下で動作させる場合:

URL:http://[domain]/[controller]/[action] のようなかたち

今ある[project1]下の.htaccess以外の全てのファイルをwww下に移動して下さい
** .htaccessは上書きしないよう注意

長いので、次回~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

ビルトインされたバリデーションルール

CakePHP標準で多くのバリデーションルールが搭載されています。 ソース:/cake/libs/validation.php email / maxLength / minLength /

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

no image

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

no image

シンプルに設置できる数字Captcha「MathCaptcha」

スパム防止などで利用されているCaptchaですが、数字版で使えるものがないか探してみました。 この「MathCapthca」は非常にシンプルに設置できるのはいいですが、やっぱりクエスチョンの部分は

no image

独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。 参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation 上記リンク内に

n__cakePHP13

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

no image

WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。 CKEditor 実装 // head // View(~.ctp) 解凍してwebroot/jsフ

no image

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。 Jsヘルパーを使用して

n__cakePHP13

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑