マウスオーバーでキャプション表示してくれる プラグイン

画像マウスオーバーするとキャプションを出現させるプラグイン
(jQuery 1.10.2で動作確認のできたものに限定しています。デモ一覧)

imgタグの#alt属性から自動でキャプションを生成するタイプ

http://files.www.gethifi.com/posts/jcaption/index.html

http://www.wbotelhos.com/capty/

Capty

#デフォルト表示
Capty サイト


https://github.com/louisbros/jquery.caption

jquery.caption

#HTML5のfigure/figcaptionを生成 #デフォルト表示
jquery.captiion サイト


imgタグの#title属性から自動でキャプションを生成するタイプ

http://coryschires.github.io/hover-caption/

JQuery hover caption plugin

JQuery hover caption plugin #デモ


http://www.catchmyfame.com/jquery/dropcaptions/

Drop Captions

画像下にドロップ
Drop Captions #デモ


#要素を用意する必要あり

http://ryun.github.io/HCaptions/

HCaption

#上下左右(縦横)スライド #フェイド
HCaption #デモ


http://web.enavu.com/demos/caption/

Making image captions using jQuery

Making image captions using jQuery #デモ


http://tympanus.net/jCapSlide/

jCapSlide

jCapSlide #デモ


http://buildinternet.com/project/mosaic/1.0/

photo credit: FindYourSearch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「jqPlot」を使って円グラフを作成

Webサイトで円グラフ表示したいと要望があったので、以前使用したjqPlotでデモを作成しました。ダウンロード 最初の要望は「凡例つけて」、「いい感じにカラーリングしてほしい。」、「定期的に変更

Lightboxプラグイン「Boxer」

「Boxer」はLightboxやモーダルウィンドウを実装できるjQueryプラグインです。画像だけでなく動画にも対応しています。 モバイル環境にも最適化されていて、#レスポンシブ 対応で、#スワイ

no image

「jqPlot」を使って棒グラフを作成

jqPlotを使って棒グラフを作成してみました。ベースはこの記事を参照ください。 スクリプト jqPlotのベースとなるjsファイルと以下の棒グラフの作成に必要なスクリプトを読み込んで下さい。

no image

テキストに装飾効果を付けるプラグイン

Burn #テキストに炎のような効果 Burn サイト デモ スクリプト 実装 AAA $(function () { $('#defa

no image

クリックするとテキストボックスにかわるラベルを実装

Flickrなどでは、写真の編集画面でキャプションをラベルとして表示しておきクリックするとテキストボックスやテキストエリアに変換してくれて編集させるようなインターフェイスを実装しています。結構いいです

親要素の大きさに合わせて画像をリサイズ「imgLiquid」

「imgLiquid」は親要素の大きさに合わせて画像を縮小・切り取りを行ってくれるjQueryプラグインです。 ダウンロードはこちら スクリプト 実装

画像ズーム プラグイン

画像をズームしてくれるプラグインには、ツールチップ的にサムネイルにマウスオーバーした部分をズームアップしたり元画像を表示したり、その画像内でインナーズームする というような機能があるようです。

「jqPlot」 カスタマイズ

以前、ここで使用した「jqPlot」ですが、色々なキーワードで訪問される方がいらっしゃったので、それを元ネタとして使わせてもらいカスタマイズ方法を紹介したいと思います。 以下4つのファイルへリンクし

no image

シンプルな画像スライダー/ギャラリー用プラグイン

スライダーやギャラリーを実装できるjQueryプラグインのうちシンプルなものを集めてみました。ベースはシンプルですが、オプションなどを使用してカスタマイズが豊富なものもたくさんありますね。 シン

入力テキストの文字数をカウントしてくれる「Textchange」

Twitterのようにinputやtextareaに入力した際に、文字数をカウント(ダウン)してくれるとユーザの利便性が上がります。今回使用したTextChangeは、それ以外にも入力のイベントに対し

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑