ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に出力され、Logレベルによってerror.logとdebug.logが出力されます。

// /cake/libs/log/file_log.php [オリジナル]
function write($type, $message) {
    $debugTypes = array('notice', 'info', 'debug');

    if ($type == 'error' || $type == 'warning') {
        $filename = $this->_path    . 'error.log';
    } elseif (in_array($type, $debugTypes)) {
        $filename = $this->_path . 'debug.log';
    } else {
        $filename = $this->_path . $type . '.log';
    }
    $output = date('Y-m-d H:i:s') . ' ' . ucfirst($type) . ': ' . $message."\n";
    $log = new File($filename, true);
    if ($log->writable()) {
        return $log->append($output);
    }
}

ログが日付毎に切り替わるよう変更

$filename = ~ の部分に日付[date('ymd')]を追加しました。
これで、日をまたぐ毎に出力するファイル先が切り替わるようになります。
app/tmp/logs/[yymmdd]_error.log
app/tmp/logs/[yymmdd]_debug.log

// /cake/libs/log/file_log.php [修正後]
function write($type, $message) {
    $debugTypes = array('notice', 'info', 'debug');

    if ($type == 'error' || $type == 'warning') {
        $filename = $this->_path . date('ymd') . '_error.log';
    } elseif (in_array($type, $debugTypes)) {
        $filename = $this->_path . date('ymd') . '_debug.log';
    } else {
        $filename = $this->_path . date('ymd') . '_' . $type . '.log';
    }
    $output = date('Y-m-d H:i:s') . ' ' . ucfirst($type) . ': ' . $message."\n";
    $log = new File($filename, true);
    if ($log->writable()) {
        return $log->append($output);
    }
}

$this->log('ログメッセージ', $levels)でログ出力されます。ちなみにログレベルですが、/cake/libs/cake_log.phpにあります。

LOG_WARNING => 'warning',
LOG_NOTICE => 'notice',
LOG_INFO => 'info',
LOG_DEBUG => 'debug',
LOG_ERR => 'error',
LOG_ERROR => 'error'

[追] もっと簡単な方法がフォーラムに

ログファイル名に日付を付ける
確認したところ、動作してくれました。

// app/config/bootstrap.php
$log_path = LOGS.DS.date('Ymd').'_';
CakeLog::config('default', array('engine' => 'FileLog', 'path' => $log_path));
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP 1.3 インストール

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。 まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる CakePHPア

no image

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

no image

独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。 参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation 上記リンク内に

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

no image

Htmlヘルパー

ソース:\cake\libs\view\helpers\html.php charset / 文書の文字コードを設定する <?php echo $this->Html-

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。 バリデーシ

no image

ビルトインされたバリデーションルール

CakePHP標準で多くのバリデーションルールが搭載されています。 ソース:/cake/libs/validation.php email / maxLength / minLength /

no image

Secutiryユーティリティ

CakePHPでは、データのハッシュ化もしくは暗号化のためのメソッドSecurityユーティリティが用意されています。 ソース: /cake/libs/security.php Security:

no image

WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。 CKEditor 実装 // head // View(~.ctp) 解凍してwebroot/jsフ

no image

validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。 $this->validateErrors自身バリデーション処理している 今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑