WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。

CKEditor

実装

// head
<?php echo $html->script('ckeditor/ckeditor', array('inline' => 'false')); ?>
// View(~.ctp)
<?php echo $form->textarea('content', array('class'=>'ckeditor')); ?>

解凍してwebroot/jsフォルダ下に配置してhead内で読み込んでください。(jQuery本体も必要です。)
あとは、viewでtextareaにclass="ckeditor"を付与して表示するだけです。
CKEditor デモ


TinyMCE

実装

// head
<?php echo $html->script('tinymce/tiny_mce', array('inline' => 'false')); ?>
// View(~.ctp)
<?php echo $form->textarea('content'); ?>
<script type="text/javascript">
tinyMCE.init({
    mode : "textareas"
});
</script>

解凍してwebroot/jsフォルダ下に配置してhead内で読み込んでください。(jQuery本体も必要です。)
TinyMCE デモ

TinyMCEドキュメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

ビルトインされたバリデーションルール

CakePHP標準で多くのバリデーションルールが搭載されています。 ソース:/cake/libs/validation.php email / maxLength / minLength /

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

CakePHP 1.3 インストール

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。 まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる CakePHPア

no image

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。 Jsヘルパーを使用して

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

Cookieログイン

今回は、「keep me logged in」などログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcook

no image

Htmlヘルパー

ソース:\cake\libs\view\helpers\html.php charset / 文書の文字コードを設定する <?php echo $this->Html-

メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。 準備 2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。 app/controllers/compo

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑