日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。

  • date 日付
  • time 時刻
  • datetime 日時


(m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

date (=>年月日)

年月日をバリデーションする場合は、それぞれのフォーマットに合わせて'dmy'、'mdy'、'ymd'、'dMy'と'Mdy'を使い分けて下さい。

//	年月日
public $validate = array(
    'birthday' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'dmy'),
//      'rule' => array( 'date', 'mdy'),    // mm-dd-yy もしくは mm-dd-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ymd'),    // yy-mm-dd もしくは yyyy-mm-dd
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'dMy'),    // dd MM yy もしくは dd MM yyyy
//      区切り文字→「半角スペース」カンマはオプション
//      'rule' => array( 'date', 'Mdy'),    // MM dd, yy もしくは MM dd, yyyy
        'message' => 'dd-mm-yyyy もしくは dd-mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年月)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'my'),    // mm-yy もしくは mm-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ym'),    // yy-mm もしくは yyyy-mm
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'My'),    // MM yy もしくは MM yyyy
        'message' => 'mm-yy もしくは mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年)

年のみのバリデーション。(ただし、1900~2099の間)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
        'rule' => array( 'date', 'y'),    // yyyy
        'message' => 'yyyy(1900~2099)',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

time (=>時刻)

24時間表記もしくは、後ろにamもしくはpmを使用しての12時間表記をバリデーション。24時間表記の場合、時間は0埋めする必要があります。

24時間表記 => 01:12, 23:22
12時間表記 => 1:12 AM、01:12 PM、11:02 pm、10:32 am

datetime (=>日時)

年月日+時刻のバリデーション。年月日と時刻の間は「半角スペース」である必要があります。あとはそれぞれ前半部分の年月日をdateルールを使用して、後半部分の時刻をtimeルールを使用してバリデーションを行います。

// /lib/Cake/Utility/Validation.php
public static function datetime($check, $dateFormat = 'ymd', $regex = null) {
    $valid = false;
    // 「半角スペース」区切りで配列に格納
    $parts = explode(' ', $check);
    if (!empty($parts) && count($parts) > 1) {
        // 配列の最後尾を切り取り => 時間部分
        $time = array_pop($parts);
        // 配列を「半角スペース」区切りで文字列に変換 => 日付部分
        $date = implode(' ', $parts);
        // それぞれ日付をdateルール、時間をtimeルールでバリデーション
        $valid = self::date($date, $dateFormat, $regex) && self::time($time);
    }
    return $valid;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

FullCalendarを使用してカレンダーアプリケーション

カレンダーアプリケーションを作成するため、カレンダー表示できるプラグインを探索して出会ったFullcalendarを試してみました。シンプルに使用できる上に、オプションがかなり豊富です。ダウンロード

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑