日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。

  • date 日付
  • time 時刻
  • datetime 日時


(m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

date (=>年月日)

年月日をバリデーションする場合は、それぞれのフォーマットに合わせて'dmy'、'mdy'、'ymd'、'dMy'と'Mdy'を使い分けて下さい。

//	年月日
public $validate = array(
    'birthday' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'dmy'),
//      'rule' => array( 'date', 'mdy'),    // mm-dd-yy もしくは mm-dd-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ymd'),    // yy-mm-dd もしくは yyyy-mm-dd
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'dMy'),    // dd MM yy もしくは dd MM yyyy
//      区切り文字→「半角スペース」カンマはオプション
//      'rule' => array( 'date', 'Mdy'),    // MM dd, yy もしくは MM dd, yyyy
        'message' => 'dd-mm-yyyy もしくは dd-mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年月)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'my'),    // mm-yy もしくは mm-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ym'),    // yy-mm もしくは yyyy-mm
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'My'),    // MM yy もしくは MM yyyy
        'message' => 'mm-yy もしくは mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年)

年のみのバリデーション。(ただし、1900~2099の間)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
        'rule' => array( 'date', 'y'),    // yyyy
        'message' => 'yyyy(1900~2099)',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

time (=>時刻)

24時間表記もしくは、後ろにamもしくはpmを使用しての12時間表記をバリデーション。24時間表記の場合、時間は0埋めする必要があります。

24時間表記 => 01:12, 23:22
12時間表記 => 1:12 AM、01:12 PM、11:02 pm、10:32 am

datetime (=>日時)

年月日+時刻のバリデーション。年月日と時刻の間は「半角スペース」である必要があります。あとはそれぞれ前半部分の年月日をdateルールを使用して、後半部分の時刻をtimeルールを使用してバリデーションを行います。

// /lib/Cake/Utility/Validation.php
public static function datetime($check, $dateFormat = 'ymd', $regex = null) {
    $valid = false;
    // 「半角スペース」区切りで配列に格納
    $parts = explode(' ', $check);
    if (!empty($parts) && count($parts) > 1) {
        // 配列の最後尾を切り取り => 時間部分
        $time = array_pop($parts);
        // 配列を「半角スペース」区切りで文字列に変換 => 日付部分
        $date = implode(' ', $parts);
        // それぞれ日付をdateルール、時間をtimeルールでバリデーション
        $valid = self::date($date, $dateFormat, $regex) && self::time($time);
    }
    return $valid;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑