日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。

  • date 日付
  • time 時刻
  • datetime 日時


(m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

date (=>年月日)

年月日をバリデーションする場合は、それぞれのフォーマットに合わせて'dmy'、'mdy'、'ymd'、'dMy'と'Mdy'を使い分けて下さい。

//	年月日
public $validate = array(
    'birthday' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'dmy'),
//      'rule' => array( 'date', 'mdy'),    // mm-dd-yy もしくは mm-dd-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ymd'),    // yy-mm-dd もしくは yyyy-mm-dd
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'dMy'),    // dd MM yy もしくは dd MM yyyy
//      区切り文字→「半角スペース」カンマはオプション
//      'rule' => array( 'date', 'Mdy'),    // MM dd, yy もしくは MM dd, yyyy
        'message' => 'dd-mm-yyyy もしくは dd-mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年月)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'my'),    // mm-yy もしくは mm-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ym'),    // yy-mm もしくは yyyy-mm
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'My'),    // MM yy もしくは MM yyyy
        'message' => 'mm-yy もしくは mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年)

年のみのバリデーション。(ただし、1900~2099の間)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
        'rule' => array( 'date', 'y'),    // yyyy
        'message' => 'yyyy(1900~2099)',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

time (=>時刻)

24時間表記もしくは、後ろにamもしくはpmを使用しての12時間表記をバリデーション。24時間表記の場合、時間は0埋めする必要があります。

24時間表記 => 01:12, 23:22
12時間表記 => 1:12 AM、01:12 PM、11:02 pm、10:32 am

datetime (=>日時)

年月日+時刻のバリデーション。年月日と時刻の間は「半角スペース」である必要があります。あとはそれぞれ前半部分の年月日をdateルールを使用して、後半部分の時刻をtimeルールを使用してバリデーションを行います。

// /lib/Cake/Utility/Validation.php
public static function datetime($check, $dateFormat = 'ymd', $regex = null) {
    $valid = false;
    // 「半角スペース」区切りで配列に格納
    $parts = explode(' ', $check);
    if (!empty($parts) && count($parts) > 1) {
        // 配列の最後尾を切り取り => 時間部分
        $time = array_pop($parts);
        // 配列を「半角スペース」区切りで文字列に変換 => 日付部分
        $date = implode(' ', $parts);
        // それぞれ日付をdateルール、時間をtimeルールでバリデーション
        $valid = self::date($date, $dateFormat, $regex) && self::time($time);
    }
    return $valid;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑