日付・時間のバリデーション

cakephp

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。

  • date 日付
  • time 時刻
  • datetime 日時


(m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

date (=>年月日)

年月日をバリデーションする場合は、それぞれのフォーマットに合わせて'dmy'、'mdy'、'ymd'、'dMy'と'Mdy'を使い分けて下さい。

//	年月日
public $validate = array(
    'birthday' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'dmy'),
//      'rule' => array( 'date', 'mdy'),    // mm-dd-yy もしくは mm-dd-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ymd'),    // yy-mm-dd もしくは yyyy-mm-dd
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'dMy'),    // dd MM yy もしくは dd MM yyyy
//      区切り文字→「半角スペース」カンマはオプション
//      'rule' => array( 'date', 'Mdy'),    // MM dd, yy もしくは MM dd, yyyy
        'message' => 'dd-mm-yyyy もしくは dd-mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年月)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
//      区切り文字が「ハイフン」「半角スペース」「ドット」「スラッシュ」のいずれか
        'rule' => array( 'date', 'my'),    // mm-yy もしくは mm-yyyy
//      'rule' => array( 'date', 'ym'),    // yy-mm もしくは yyyy-mm
//      区切り文字→「半角スペース」
//      'rule' => array( 'date', 'My'),    // MM yy もしくは MM yyyy
        'message' => 'mm-yy もしくは mm-yyyy',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

date (=>年)

年のみのバリデーション。(ただし、1900~2099の間)

//	年月
public $validate = array(
    'expiration' => array(
        'rule' => array( 'date', 'y'),    // yyyy
        'message' => 'yyyy(1900~2099)',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

time (=>時刻)

24時間表記もしくは、後ろにamもしくはpmを使用しての12時間表記をバリデーション。24時間表記の場合、時間は0埋めする必要があります。

24時間表記 => 01:12, 23:22
12時間表記 => 1:12 AM、01:12 PM、11:02 pm、10:32 am

datetime (=>日時)

年月日+時刻のバリデーション。年月日と時刻の間は「半角スペース」である必要があります。あとはそれぞれ前半部分の年月日をdateルールを使用して、後半部分の時刻をtimeルールを使用してバリデーションを行います。

// /lib/Cake/Utility/Validation.php
public static function datetime($check, $dateFormat = 'ymd', $regex = null) {
    $valid = false;
    // 「半角スペース」区切りで配列に格納
    $parts = explode(' ', $check);
    if (!empty($parts) && count($parts) > 1) {
        // 配列の最後尾を切り取り => 時間部分
        $time = array_pop($parts);
        // 配列を「半角スペース」区切りで文字列に変換 => 日付部分
        $date = implode(' ', $parts);
        // それぞれ日付をdateルール、時間をtimeルールでバリデーション
        $valid = self::date($date, $dateFormat, $regex) && self::time($time);
    }
    return $valid;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

cakephp

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

cakephp

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

cakephp

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

cakephp

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

cakephp

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

cakephp

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

cakephp

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

cakephp

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

cakephp

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

cakephp

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑