独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。
参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation
上記リンク内にある例2つです。

例1 バリデーションルール

'rule'に正規表現を直書きしてもいいようです。
正規表現はスラッシュで囲まれている必要があります。ここでは、「文字と数字のみで3文字以上となる値を入力」というバリデーション

var $validate = array(
    'login' => array(
        'rule' => '/^[a-z0-9]{3,}$/i',
        'message' => 'Only letters and integers, min 3 characters'
    )
);

例2 バリデーションメソッド

メソッドにすることもできます。
'rule' => array(function名, 引数1, 引数2,,,,,)となります。
function側は第一引数(下でいう$check)にそのカラムデータが入り、'rule'側の引数1が引数2($limitに25が入るイメージ)に、2が3,,,となります。
ここでは、「カラムの重複データが、25件までだったらOK」というバリデーション。ちゃんとrecursive=-1がついてる(偉い!)

class User extends AppModel {
    var $name = 'User';

    var $validate = array(
        'promotion_code' => array(
            'rule' => array( 'limitDuplicates', 25),
            'message' => 'This code has been used too many times.'
        )
    );

    function limitDuplicates( $check, $limit){
        //$check will have value: array( 'promomotion_code' => 'some-value')
        //$limit will have value: 25
        $existing_promo_count = $this->find( 'count', array( 'conditions' => $check, 'recursive' => -1) );
        return $existing_promo_count < $limit;
    }
}

設定箇所

各モデル内に定義することができますしし、広く使用する場合は、app_model.php内に定義すればどこでも使用可能になります。(app/app_model.php)

いろいろつくって使用しているものです。

正の整数 (自然数)

function isPositiveNumber($check){
  $value = array_values($check);
  $value = $value[0];
  return preg_match('/^[1-9][0-9]*$/',$value);
}

緯度・経度 (degree形式)

var $validate = array(
  'latlng' => array(
    'degree' => array(
      'rule' => '/^-?([0-8]?[0-9]|90)\.[0-9]{1,6},-?((1?[0-7]?|[0-9]?)[0-9]|180)\.[0-9]{1,6}$/',
      'message' => 'invalid latitude and longitude.',
    ),
  ),
  // ..
);

カンマ区切りで緯度経度が表現されているか。(竹島であれば、37.243004,131.864469)
緯度:-90.000000 ~ 90.000000 / 経度: -180.000000 ~ 180.000000
(ミリ秒形式<北緯~ 東経~>などには非対応)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

シンプルに設置できる数字Captcha「MathCaptcha」

スパム防止などで利用されているCaptchaですが、数字版で使えるものがないか探してみました。 この「MathCapthca」は非常にシンプルに設置できるのはいいですが、やっぱりクエスチョンの部分は

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

複数データベースの追加と切替

CakePHPで複数のデータベースに切替を行うということがあると思います。(個人的にはあまりない) 今回、CakePHPからWordpressのデータベースへの接続を行う機会があったので設定を試して

CakePHP 1.3 インストール

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。 まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる CakePHPア

no image

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

Cookieログイン

今回は、「keep me logged in」などログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcook

no image

Secutiryユーティリティ

CakePHPでは、データのハッシュ化もしくは暗号化のためのメソッドSecurityユーティリティが用意されています。 ソース: /cake/libs/security.php Security:

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。 準備 2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。 app/controllers/compo

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑