メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。

準備

2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。
app/controllers/components/qdmail.php
app/controllers/components/qdsmtp.php

qdmail - qdmail.1.2.6b.zip (執筆時のバージョン)
qdsmtp - qdsmtp.0.2.0a.zip (執筆時のバージョン)

PHPのSSLを有効化

php.ini内以下のパラメータを追加もしくはコメントをはずして下さい。これを行わないと「Unable to find the socket transport "ssl"」とエラーになります。

extension=php_openssl.dll

実装

1) Componentの読み込み/メール送信処理のパラメータを指定
(app/app_controller.php)
以下は、Gmailを送信クライアントとした例になります。

class AppController extends Controller {
    var $components = array(
        'Qdmail',                          // Qdmail
    );

    var $mail_param = array(
        'host' => 'ssl://smtp.gmail.com',  // SMTPサーバアドレス
        'port' => 465,                     // SMTPポート番号
        'from' => 'sender@gmail.com',      // 送信者アカウントのメールアドレス
        'protocol' => 'SMTP_AUTH',         // プロトコル/コマンド
        'user' => 'sender@gmail.com',      // Gmailのメールアドレス
        'pass' => 'password',              // メールアカウントのパスワード
    );
}

送信アカウントにGメールを使用する場合は以下の情報を参考
その他のメール クライアントの設定

2) メール送信処理
あとは、コントローラ内に関数を実装し、_sendfuncを任意の場所で呼び出して下さい。

// メール送信
function _sendfunc(){
    $this->Qdmail->smtp( true);
    $this->Qdmail->smtpServer( $this->mail_param);          // SMTPサーバのパラメータ
    $this->Qdmail->to( 'reciever@domain.com', 'reciever');  // 送信先メールアドレス
    $this->Qdmail->subject( 'Mail test');                   // メール件名(タイトル)
    $this->Qdmail->from( 'sender@gmail.com', 'Sender');     // 送信元メールアドレス
    $text = 'This is test mail';                            // メール本文
    $this->Qdmail->text( $text);
    $this->Qdmail->send();
}

また、

    $this->Qdmail->cc('cc@domain.com');                   // CC送信先
    $this->Qdmail->bcc('bcc@domain.com');                 // BCC送信先

を加えることでCC・BCC送信も可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。 参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation 上記リンク内に

no image

シンプルに設置できる数字Captcha「MathCaptcha」

スパム防止などで利用されているCaptchaですが、数字版で使えるものがないか探してみました。 この「MathCapthca」は非常にシンプルに設置できるのはいいですが、やっぱりクエスチョンの部分は

ログインに追加の条件を付与する「userScope」

「ユーザ登録」の続きです。 ユーザ登録後、activate(statusを0に設定するを)せずに「仮登録」のままで、正しいusernameとpasswordでログインを試したところ認証に引っかかって

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

no image

Secutiryユーティリティ

CakePHPでは、データのハッシュ化もしくは暗号化のためのメソッドSecurityユーティリティが用意されています。 ソース: /cake/libs/security.php Security:

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

no image

validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。 $this->validateErrors自身バリデーション処理している 今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力し

no image

WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。 CKEditor 実装 // head // View(~.ctp) 解凍してwebroot/jsフ

no image

Htmlヘルパー

ソース:\cake\libs\view\helpers\html.php charset / 文書の文字コードを設定する <?php echo $this->Html-

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑