コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

バリデーションのみ行う

// 1. モデル[ModelName]にデータを設定
$this->[ModelName]->set( $this->data );
// 2. モデル[ModelName]のvalidatesメソッドを使ってバリデーションを行う。
// OKであればtrue、NGであればfalseを返却
if ($this->[ModelName]->validates()) {
  // バリデーションOKの場合の処理
} else {
  // バリデーションNGの場合の処理 
  // 例: $this->log($this->[ModelName]->validationErrors, LOG_DEBUG);
}

ポイントは、1.のvalidatesの前にdataをsetする必要があるところです。(「若干異なる処理体系」とはここのことです。)この処理を行わないとvalidatesは常にtrueを返します。
また、validatesメソッド内で、invalidFieldsメソッドが呼び出されます。このメソッドは[ModelName]->validationErrorsにバリデーションのエラーメッセージ(message)を格納します。バリデーションNGの場合、ここからメッセージの取り出しが可能です。
関連:バリデーションのエラーメッセージ取得方法を変更

フィールドを限定してバリデーションを行う

以下の例だとUserモデル内のemailとpasswordのみバリデーションを行います。

if ($this->User->validates(array('fieldList' => array('email', 'password')))) {
    // バリデーションOKの場合の処理
} else {
    // バリデーションNGの場合の処理
}

複数レコードのバリデーション

複数レコードに対してバリデーションを行いたい場合は、「'validate' => 'only'」を指定することで実現できます。

if ($this->ModelName->saveAll($this->data, array('validate' => 'only'))) {
  // バリデーションOKの場合の処理
} else {
  // バリデーションNGの場合の処理
}

こちらも確認したところ、[ModelName]->validationErrorsにレコードごとにバリデーションエラーメッセージを格納してくれます。
ただし、idがそのまま格納されてくるので注意が必要です。(=>各々、saveした際のidで引っ張ってくる必要があります。)

save内のvalidateをスキップ

save前にvalidatesを行った際には、「'validate' => false」を指定することでsave内でのバリデーションを行わなくなります。

if ($this->ModelName->saveAll($this->data, array('validate' => false))) {
    // save OKの場合の処理
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。 準備 2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。 app/controllers/compo

ログインに追加の条件を付与する「userScope」

「ユーザ登録」の続きです。 ユーザ登録後、activate(statusを0に設定するを)せずに「仮登録」のままで、正しいusernameとpasswordでログインを試したところ認証に引っかかって

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

no image

ビルトインされたバリデーションルール

CakePHP標準で多くのバリデーションルールが搭載されています。 ソース:/cake/libs/validation.php email / maxLength / minLength /

Cookieログイン

今回は、「keep me logged in」などログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcook

no image

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

ここ最近は、メールアドレスだけでなく、SNSのアカウントと連携してユーザ登録することもできるWebサービスが増えてきましたね。ユーザは割合としてどちらを選んでるのか気になるところですが。私はできるだけ

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

no image

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑