コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

バリデーションのみ行う

// 1. モデル[ModelName]にデータを設定
$this->[ModelName]->set( $this->data );
// 2. モデル[ModelName]のvalidatesメソッドを使ってバリデーションを行う。
// OKであればtrue、NGであればfalseを返却
if ($this->[ModelName]->validates()) {
  // バリデーションOKの場合の処理
} else {
  // バリデーションNGの場合の処理 
  // 例: $this->log($this->[ModelName]->validationErrors, LOG_DEBUG);
}

ポイントは、1.のvalidatesの前にdataをsetする必要があるところです。(「若干異なる処理体系」とはここのことです。)この処理を行わないとvalidatesは常にtrueを返します。
また、validatesメソッド内で、invalidFieldsメソッドが呼び出されます。このメソッドは[ModelName]->validationErrorsにバリデーションのエラーメッセージ(message)を格納します。バリデーションNGの場合、ここからメッセージの取り出しが可能です。
関連:バリデーションのエラーメッセージ取得方法を変更

フィールドを限定してバリデーションを行う

以下の例だとUserモデル内のemailとpasswordのみバリデーションを行います。

if ($this->User->validates(array('fieldList' => array('email', 'password')))) {
    // バリデーションOKの場合の処理
} else {
    // バリデーションNGの場合の処理
}

複数レコードのバリデーション

複数レコードに対してバリデーションを行いたい場合は、「'validate' => 'only'」を指定することで実現できます。

if ($this->ModelName->saveAll($this->data, array('validate' => 'only'))) {
  // バリデーションOKの場合の処理
} else {
  // バリデーションNGの場合の処理
}

こちらも確認したところ、[ModelName]->validationErrorsにレコードごとにバリデーションエラーメッセージを格納してくれます。
ただし、idがそのまま格納されてくるので注意が必要です。(=>各々、saveした際のidで引っ張ってくる必要があります。)

save内のvalidateをスキップ

save前にvalidatesを行った際には、「'validate' => false」を指定することでsave内でのバリデーションを行わなくなります。

if ($this->ModelName->saveAll($this->data, array('validate' => false))) {
    // save OKの場合の処理
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。 $this->validateErrors自身バリデーション処理している 今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力し

CakePHP 1.3 インストール

使い古されている手ではありますが、表題の件とレンタルサーバへの配置方法などにも使えますので参考にしていただけたらと思います。 まずはレンタルサーバでCakePHPを動作させる CakePHPア

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

no image

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

ここ最近は、メールアドレスだけでなく、SNSのアカウントと連携してユーザ登録することもできるWebサービスが増えてきましたね。ユーザは割合としてどちらを選んでるのか気になるところですが。私はできるだけ

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。 準備 2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。 app/controllers/compo

no image

Htmlヘルパー

ソース:\cake\libs\view\helpers\html.php charset / 文書の文字コードを設定する <?php echo $this->Html-

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

no image

ビルトインされたバリデーションルール

CakePHP標準で多くのバリデーションルールが搭載されています。 ソース:/cake/libs/validation.php email / maxLength / minLength /

複数データベースの追加と切替

CakePHPで複数のデータベースに切替を行うということがあると思います。(個人的にはあまりない) 今回、CakePHPからWordpressのデータベースへの接続を行う機会があったので設定を試して

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑