Foursquare APIのvenue searchを使って周辺のランドマークを取得

761

Foursquare APIを使用して、緯度と経度をもとに周辺の店情報などを取得するWebアプリをつくってみました。venue search (https://api.foursquare.com/v2/venues/search)は、認証なしでも利用できるAPIです。レスポンスはJSON形式。
デモとレスポンス

実装(PHP)

function getlandmark(){
    $client_id = <Client ID(48桁の英数字:要取得)>;
    $client_secret = <Client Secret(48桁の英数字:要取得)>;
    // venues search
    $url = "https://api.foursquare.com/v2/venues/search?";
    // パラメーター
    $params = 
        '&ll=' . $latlng . 
        '&client_id=' . $client_id . 
        '&client_secret=' . $client_secret . 
        '&v=' . '20120712' . 
        '&locale=' . 'en';
    // リクエストURL
    $url .= $params;
    // JSONデータ取得
    $res_in_json = file_get_contents( $url);
    // 配列に変換
    $res_in_array = json_decode( $res_in_json, true);
}

パラメータ

ll (latitude, longitude)
緯度と軽度のカンマ区切りの値です。

client_id / client_secret
この2つの値を取得する方法を投稿する必要があります。
ここから取得できます。My Apps (Foursquare)

v(バージョニング) : yyyymmdd
この日付時点のAPIを使用することになります。
これによって、Foursquare側のバージョンアップなどで突然動作しなくなるなどを防ぐことができます。指定なしの場合は、「現在は、デフォルトでもっとも古いAPIを使用する」のようですが、「将来的には、デフォルトを最新版を使うようにする」とあります。
とりあえず、最後に動作確認した日付を入れておいて損はないでしょう。

locale(ロケール) :
「en (デフォルト), es, fr, de, it, ja, th, ko, ru, pt, id」を指定できる。
これ、よくわからないです。"en"と指定しても日本語で返ってくるので。多分、ブラウザの言語情報で判断されてると思われます。
こちらを参照

CakePHPのHttpsocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

flickr-logo

Flickrアカウントの作成

Flickrを使用したWebサイトを構築するためFlickr API Keyを取得しました。まずは、API key取得のために必要なアカウントの作成方法を追います。 Flickr Flickr

flickr-logo

Flickr API Keyの取得

前回のアカウント作成ができたらAPI keyを取得します。ログイン後、API key作成ページへアクセスします。 http://www.flickr.com/services/apps/by をク

798

Googleマップ上に複数マーカー・吹き出しを表示する

Google Maps上に複数のマーカーとクリックすると吹き出しを表示するサンプルを作成しました。CakePHP経由でDBからデータを取得し表示しています。 デモはこちら スクリプト

no image

Google Places Autocompleteを使って地名入力補助

ユーザに地名入力を促す際には、Google Places Autocompleteが便利です。 簡単なサンプルを以下に スクリプト 実装 function in

no image

Googleマップの吹き出し(infowindow)内にコンテンツを表示する

前回、Google Maps上にinfowindow(吹き出し)を表示させました。infowindowに表示データを追加し、デザインをしてみました。どうやら普通にHTMLを書けばいいようです。画像とリ

no image

Google Chart Toolsを使って円グラフ

昨日某政党が行っていたアンケート結果の円グラフですが、このツールを使っていたようでした。 ページをリロードするとアンケート総数が減ってみたり、途中でリセットしてみたりと迷走を続けた中、最終的に結果を

no image

Google Maps APIを使用して住所から緯度・経度を取得(ジオコーディング)

Google Maps APIを使用して入力された住所から緯度・経度へ変換できるようです。 「ジオコーディング」というらしいですが定義は以下 Google Geocoding API 通常、「ジオ

no image

Googleマップ上のマーカーをまとめてくれる「MarkerClusterer」

以前、google Maps上にマーカー(と吹き出し)を表示するサンプルを作成しましたが(記事)、密集していると見づらい場合がありますよね。そこで、MarkerClustererという密集したマーカー

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑