HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。

HttpSocket get

HTTP GETリクエストを発行します。デモ

function getlandmark(){
    $client_id = <Client ID(48桁の英数字:要取得)>;
    $client_secret = <Client Secret(48桁の英数字:要取得)>;

    App::uses( 'HttpSocket', 'Network/Http');
    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));
    $url = "https://api.foursquare.com/v2/venues/search?";
    $params = array(
        'll' => $this->data['Foursquare']['geocode'],
        'client_id' => $client_id,
        'client_secret' => $client_secret,
        'v' => '20120712',
        'locale' => 'en'
    );
    // request
    $jresponse = $HttpSocket->get( $url, $params);
    // decoding JSON
    $aresponse = json_decode( $jresponse, true);
}
    string get($uri, $query, $request)

  • $uri:リクエスト送信先のWebアドレス
  • $query:$uriに付与するパラメータ
    文字列として結合するか、パラメータ名をキーに配列としても作成できます。

    "param1=foo&param2=bar"
    もしくは
    array('param1' => 'foo', 'param2' => 'bar')
  • $request:?

HttpSocketの設定

2.3 Migration GuideのHttpSocketによると、デフォルトでSSL証明書の検証を行うように変更されたようです。

stream_socket_client(): Peer certificate CN=`*.a.ssl.fastly.net' did not match expected CN=`api.foursquare.com' stream_socket_client(): Failed to enable crypto stream_socket_client(): unable to connect to ssl://api.foursquare.com:443 (Unknown error)

と怒られる場合があります。証明書のホスト名とCN(コモンネーム)が異なる場合に発生しますので、ssl_verify_hostをfalseに設定してHttpSocketインスタンスを生成して下さい。

    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));

HttpSocket doesn't look at SSL certificate CN alternatives

HttpSocketクラス:/lib/Cake/Network/Http/HttpSocket.php
Utilities > HttpSocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑