HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。

HttpSocket get

HTTP GETリクエストを発行します。デモ

function getlandmark(){
    $client_id = <Client ID(48桁の英数字:要取得)>;
    $client_secret = <Client Secret(48桁の英数字:要取得)>;

    App::uses( 'HttpSocket', 'Network/Http');
    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));
    $url = "https://api.foursquare.com/v2/venues/search?";
    $params = array(
        'll' => $this->data['Foursquare']['geocode'],
        'client_id' => $client_id,
        'client_secret' => $client_secret,
        'v' => '20120712',
        'locale' => 'en'
    );
    // request
    $jresponse = $HttpSocket->get( $url, $params);
    // decoding JSON
    $aresponse = json_decode( $jresponse, true);
}
    string get($uri, $query, $request)

  • $uri:リクエスト送信先のWebアドレス
  • $query:$uriに付与するパラメータ
    文字列として結合するか、パラメータ名をキーに配列としても作成できます。

    "param1=foo&param2=bar"
    もしくは
    array('param1' => 'foo', 'param2' => 'bar')
  • $request:?

HttpSocketの設定

2.3 Migration GuideのHttpSocketによると、デフォルトでSSL証明書の検証を行うように変更されたようです。

stream_socket_client(): Peer certificate CN=`*.a.ssl.fastly.net' did not match expected CN=`api.foursquare.com' stream_socket_client(): Failed to enable crypto stream_socket_client(): unable to connect to ssl://api.foursquare.com:443 (Unknown error)

と怒られる場合があります。証明書のホスト名とCN(コモンネーム)が異なる場合に発生しますので、ssl_verify_hostをfalseに設定してHttpSocketインスタンスを生成して下さい。

    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));

HttpSocket doesn't look at SSL certificate CN alternatives

HttpSocketクラス:/lib/Cake/Network/Http/HttpSocket.php
Utilities > HttpSocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑