HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。

HttpSocket get

HTTP GETリクエストを発行します。デモ

function getlandmark(){
    $client_id = <Client ID(48桁の英数字:要取得)>;
    $client_secret = <Client Secret(48桁の英数字:要取得)>;

    App::uses( 'HttpSocket', 'Network/Http');
    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));
    $url = "https://api.foursquare.com/v2/venues/search?";
    $params = array(
        'll' => $this->data['Foursquare']['geocode'],
        'client_id' => $client_id,
        'client_secret' => $client_secret,
        'v' => '20120712',
        'locale' => 'en'
    );
    // request
    $jresponse = $HttpSocket->get( $url, $params);
    // decoding JSON
    $aresponse = json_decode( $jresponse, true);
}
    string get($uri, $query, $request)

  • $uri:リクエスト送信先のWebアドレス
  • $query:$uriに付与するパラメータ
    文字列として結合するか、パラメータ名をキーに配列としても作成できます。

    "param1=foo&param2=bar"
    もしくは
    array('param1' => 'foo', 'param2' => 'bar')
  • $request:?

HttpSocketの設定

2.3 Migration GuideのHttpSocketによると、デフォルトでSSL証明書の検証を行うように変更されたようです。

stream_socket_client(): Peer certificate CN=`*.a.ssl.fastly.net' did not match expected CN=`api.foursquare.com' stream_socket_client(): Failed to enable crypto stream_socket_client(): unable to connect to ssl://api.foursquare.com:443 (Unknown error)

と怒られる場合があります。証明書のホスト名とCN(コモンネーム)が異なる場合に発生しますので、ssl_verify_hostをfalseに設定してHttpSocketインスタンスを生成して下さい。

    $HttpSocket = new HttpSocket( array( 'ssl_verify_host' => false));

HttpSocket doesn't look at SSL certificate CN alternatives

HttpSocketクラス:/lib/Cake/Network/Http/HttpSocket.php
Utilities > HttpSocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑