Twenty Twelve 投稿者情報を表示/非表示に

TwentyTwelveでは、投稿ページごとに投稿者の情報を掲載することができます。他のテーマでも同様だと思います。こんな感じです。ここでは、掲載と削除の方法について記載します。

表示方法

「そもそも、掲載されないんですけど」というツッコミはあるかと思います。掲載される条件としてTwentyTwelveでは以下3つの条件があります。(これも他のテーマとかわりないかと思います。)

  • シングルページである
  • WordPressに複数ユーザ登録している (各ユーザで最低1つ公開投稿している)
  • ユーザの情報の「プロフィール情報」に何かしら記述している

表示させる場合は、こちらも参考にして下さい。
投稿記事から「(ログイン)ユーザー名」がバレるのを防ぐ

非表示方法

上の3つに当てはまるけど、表示したくないというときは、調べた範囲ですと2つ方法があります。

CSSで隠す

子テーマのstyle.cssの.author-info(453行)に以下を追加することで非表示にすることができます。非表示にするだけで、HTMLは出力されます。

.author-info {
  ....
  display: none;
}

テンプレートを編集

該当箇所は、content.phpの47~62行目に記述されていますので、この部分をコメントアウトするだけです。content.phpを子テーマディレクトリへコピーして以下のようにコメントアウトして下さい。HTMLそのものを出力させないようにします。

<footer class="entry-meta">

<?php if(0){ // コメントアウト開始 ?>

    <?php if ( is_singular() && get_the_author_meta( 'description' ) && is_multi_author() ) : // If a user has filled out their description and this is a multi-author blog, show a bio on their entries. ?>
        <div class="author-info">
            <div class="author-avatar">
                <?php echo get_avatar( get_the_author_meta( 'user_email' ), apply_filters( 'twentytwelve_author_bio_avatar_size', 68 ) ); ?>
            </div><!-- .author-avatar -->
            <div class="author-description">
                <h2><?php printf( __( 'About %s', 'twentytwelve' ), get_the_author() ); ?></h2>
                <p><?php the_author_meta( 'description' ); ?></p>
                <div class="author-link">
                    <a href="<?php echo esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ); ?>" rel="author">
                        <?php printf( __( 'View all posts by %s <span class="meta-nav">&rarr;</span>', 'twentytwelve' ), get_the_author() ); ?>
                    </a>
                </div><!-- .author-link    -->
            </div><!-- .author-description -->
        </div><!-- .author-info -->
    <?php endif; ?>

<?php }      // コメントアウト終了 ?>

</footer><!-- .entry-meta -->
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Twelve "Proudly powered by WordPress"をCopyrightに変更

標準でページの最下部に表示される"Proudly ~"を変更します。 子テーマフォルダにfooter.phpをコピーし、以下のように編集を行ってください。リンクを外して、表示部分を書き換えるだけです

ブルー・オレンジ・ピンクと選べるテーマ「Bouquet」をカスタマイズ

プレビューはこちら ダウンロード 目次 ヘッダー画像の高さを変更 アイキャッチをアップロード h1タグがやたら多いので最適化 画像をレスポンシブ対応 フォント「Sorts Mill

多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。 General Settingsで使用する言語を選択する ★使用する言語を選択 管理画面「設定」⇒「Lang

独自のCSSやJSを読み込む

WordPressで、プラグインではなく自作したりダウンロードしてきたCSSやJS(プラグイン)を読み込んだりするケースがあると思います。今回は、その際のCSSやJSファイルの使用方法をまとめてみまし

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

ポップアップが実装できるプラグイン「Anything popup」「Easy Modal」

ポップアップ 「Anything Popup」 「Anything popup」は、ページにポップアップが実装できるWordPressプラグインです。ポップアップ要素を投稿ページと同様に作成できるた

Twenty Ten カスタマイズ

Twenty Tenのカスタマイズについてのまとめです。 目次 コンテンツナビゲーション 非表示 「投稿日」を非表示 「作成者(投稿者)」を非表示 "コメントをどうぞ"("leave a

Twenty Fourteen カスタマイズ

「Twenty Fourteen」はWordPress 3.8のデフォルトテーマです。TwentyThirteenから彩りもガラッとかわってますね。個人的には、すごく好きなデザイン。 Twent

no image

アップグレードで「更新を展開しています... 」のままになった場合の対処のひとつ

久々に出会ったような気がするのでメモです。 ローカルのテスト環境でWordPressを3.7から3.8にアップグレードしようとしたところ、「更新を展開しています... 」で止まってしまい更新処理がす

no image

投稿タイトル(entry-title)を非表示にする

表題通り「投稿タイトルを表示しない」ことは、"投稿ページ"ではあまりないと思いますが、"固定ページ"では意外とあったりします。 編集画面でTitleを入力しないでおけば、それで済むのですが、ペー

Comment

Wordpress Growing up – TwentyTwelveにてAuthorを削除する方法 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑