多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。

General Settingsで使用する言語を選択する

★使用する言語を選択
管理画面「設定」⇒「Language」の下段に一覧があります。「Action」が"Disable"になっている言語が現在有効化されている言語ですので適宜切替えます。

そして、「Default Language / Order」でデフォルトの言語を選んで下さい。

Advanced Settings 部分

日付の表示がおかしくなる

ページにアクセスすると日付表示が「%Y年%m月%d日」(例)のようになったら、"Use strftime instead of date."を設定して下さい。表示が戻ります。
設定箇所:Date / Time Conversion

言語別のURL

言語別のURL構造を設定できます。

  • Use Query Mode パラメータ形式→「http://mysite/parmalink/?lang=en」
  • Use Pre-Path Mode サブディレクトリ形式→「http://mysite/en/parmalink/」
  • Use Pre-Domain Mode サブドメイン形式→「http://en.mysite/parmalink/」

設定箇所:URL Modification Mode

言語切り替えボタンの表示

たとえば、特定の日本語のページから英語ページへ移動するためのボタンが用意できます。「外観」→「ウィジェット」から[qTranslate Language Chooser]を追加することで表示できます。
このブログでは、検索からの流入があればうれしいだけなので、言語切替のボタンやリンクは設置しませんでした。もし、表示しない場合は、スタイルも削除してもいいと思います。
削除方法
functions.phpに追加することで削除できます。

remove_action( 'wp_head',             'qtrans_header');

head内の以下のCSSが削除できます。

<style type="text/css" media="screen">
    .qtrans_flag span { display:none }
    .qtrans_flag { height:12px; width:18px; display:block }
    .qtrans_flag_and_text { padding-left:20px }
    .qtrans_flag_ja { .... }
</style>

翻訳した記事が用意されていない場合にインデックスされないようにする

これは、日本語の記事があるけど英語の記事がない場合には、英語の方をインデックスさせないようにするためのコードです。子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。

add_action( 'wp_head', 'add_noindexnofollow');
function add_noindexnofollow(){
    global $post;
    if( preg_match( '/Sorry, this entry is only available in/', $post->post_content) ==1) {
        echo '<meta content="noindex,follow" name="robots">';
    }
}

Noticeメッセージ対応

デバッグログをONの場合、以下のようなメッセージがひたすら出力されます。
対応方法は、下のリンクを参照。

PHP Notice:  Undefined index: language in /wp-content/plugins/qtranslate/qtranslate_hooks.php on line 

Still Errors in debug mode

アップグレード対応

3.9版がリリースするまでの対応

// エラーメッセージ
PHP Catchable fatal error:  Object of class WP_Post could not be converted to string in /home/breakabroad/www/kwski/blog/wp-content/plugins/qtranslate/qtranslate_core.php on line 455
// qtranslate_core.php:455
// $before.を除去する
//	return $before.strftime($format, $date).$after; // 変更前
	return strftime($format, $date).$after;

WordPress 3.9 and qTranslate issue

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

「編集(Edit)」リンクの非表示方法

ログインした状態で投稿ページを開くと投稿内や各コメントに各編集ページへリンクしてくれる「編集」リンクが表示されます。(繰り返し言いますが、自サイトにログインしているユーザにしか見えません。) こ

Twenty Fourteen カスタマイズ

「Twenty Fourteen」はWordPress 3.8のデフォルトテーマです。TwentyThirteenから彩りもガラッとかわってますね。個人的には、すごく好きなデザイン。 Twent

コメントフォーム・リストのカスタマイズ

コメント投稿部分は、基本的にはどのテーマでも同じフォームを出力してテーマのstyle.cssで外観を変えています。コメントフォーム欄をカスタマイズするには、プラグインもしくはフックを用いてカスタマイズ

Twenty Twelve 投稿者情報を表示/非表示に

TwentyTwelveでは、投稿ページごとに投稿者の情報を掲載することができます。他のテーマでも同様だと思います。こんな感じです。ここでは、掲載と削除の方法について記載します。 表示方法 「

Twenty Thirteen テーマ用フォント "Source Sans Pro" / "Bitter"の使用を止

TwentyThirteenでは、テーマ用のフォントとして「Source Sans Pro」と「Bitter」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどの

no image

Google+ プラスワン(+1)ボタンの設置

Google+の+1ボタンの設置はプラグインを使用しなくても容易に実装できるようです。ソーシャルボタン設置のプラグインはこちらにいちおうまとめています。 プラスワン(+1)ボタンの設置コード 公式

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

「All in One SEO Pack」を代替するための準備

「All in One SEO Pack」は、SEO対策に必要な基本的な設定を行ってくれるプラグインです。とある事情で、無効化することになったので代替を行いました。特に問題があるわけではなく、特殊なこ

head内に出力される要素を整理

Wordpressを使用していくうちに、head内がカオスな状態になっていくきますよね。そこで、そういう状態になったものをスッキリさせていこうという試みをやっていこうと思います。 削除方法 取り急

Twenty Twelve "Open Sans"の使用を止

「Twenty Twelve」では、"スペシャルフォント"ということで「Open sans」を特別にロードしているようです。今のところ使うつもりがないのでリンクしないようにしました(必要になれば戻せば

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑