ブルー・オレンジ・ピンクと選べるテーマ「Bouquet」をカスタマイズ

bouquet

プレビューはこちら ダウンロード

目次

  • ヘッダー画像の高さを変更
  • アイキャッチをアップロード
  • h1タグがやたら多いので最適化
  • 画像をレスポンシブ対応
  • フォント「Sorts Mill Goudy」を読み込まないようにする

ヘッダー画像の高さ(サイズ)を変更

デフォルトでは、ヘッダー画像は、高さが1100px、幅が180pxになっています。
以下の例は幅を360pxに変更しています。

add_filter( 'bouquet_custom_header_args', 'my_header_height');
function my_header_height( $header_args){
    $header_args['height'] = 360;
	return $header_args;
}

アイキャッチをアップロード

このテーマはデフォルトではアイキャッチ画像を対応させていませんでしたので、以下のコードを子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。これでアイキャッチ画像を投稿できるようになります。

add_action( 'after_setup_theme', 'my_bouquet_setup' );
function my_bouquet_setup(){
    add_theme_support( 'post-thumbnails' );
}

h1タグがやたら多いので最適化

このテーマはh1タグを多用しすぎで、デフォルトで4つほど、そしてウィジェットのタイトルもh1タグで囲われています。ただ、SEO的にh1タグの数については、いろいろと議論があるようですが、このテーマでは「それはないだろ」という箇所にh1タグがあるため、変更を行いました。
スタイルには影響しないようなので、全てpタグにすることとしました。

ナビゲーションメニュー

header.phpを子テーマディレクトリにコピーして、45行目のMenuの要素をh1タグからpタグに変更して下さい。

// [子テーマフォルダ]/header.php
<?php if(0) { // コメントアウト?>
                <h1 class="menu-toggle section-heading"><?php _e( 'Menu', 'bouquet' ); ?></h1>
<?php }       // コメントアウト?>
                <p class="menu-toggle section-heading"><?php _e( 'Menu', 'bouquet' ); ?></p>

次に子画面でのトグル用のスクリプトの変更が必要です。8行目を変更。

// [子テーマフォルダ]/js/navigation.js
//      button    = container.getElementsByTagName( 'h1' )[0], // 変更前
        button    = container.getElementsByTagName( 'p' )[0],  // 変更後

最後に変更したnavigation.jsを読み込むようにします。

// [子テーマフォルダ]/functions.php
function bouquet_scripts_for_nav() {
    wp_deregister_script( 'bouquet-navigation');
    wp_enqueue_script( 'bouquet-navigation', get_stylesheet_directory_uri() . '/js/navigation.js', array(), '20120206', true);
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'bouquet_scripts_for_nav');

コンテンツナビゲーションメニュー

次の記事・前の記事へのリンクのタイトルがh1タグに囲われています。
次のコードをそのまま子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。

// [子テーマフォルダ]/functions.php
function bouquet_content_nav( $nav_id ) {
    global $wp_query;

    ?>
    <nav id="<?php echo $nav_id; ?>">
        <p class="assistive-text section-heading"><?php _e( 'Post navigation', 'bouquet' ); ?></p>

    <?php if ( is_single() ) : // navigation links for single posts ?>

        <?php previous_post_link( '<div class="nav-previous">%link</div>', '<span class="meta-nav">' . _x( '&larr;', 'Previous post link', 'bouquet' ) . '</span> %title' ); ?>
        <?php next_post_link( '<div class="nav-next">%link</div>', '%title <span class="meta-nav">' . _x( '&rarr;', 'Next post link', 'bouquet' ) . '</span>' ); ?>

    <?php elseif ( $wp_query->max_num_pages > 1 && ( is_home() || is_archive() || is_search() ) ) : // navigation links for home, archive, and search pages ?>

        <?php if ( get_next_posts_link() ) : ?>
        <div class="nav-previous"><?php next_posts_link( __( '<span class="meta-nav">&larr;</span> Older posts', 'bouquet' ) ); ?></div>
        <?php endif; ?>

        <?php if ( get_previous_posts_link() ) : ?>
        <div class="nav-next"><?php previous_posts_link( __( 'Newer posts <span class="meta-nav">&rarr;</span>', 'bouquet' ) ); ?></div>
        <?php endif; ?>

    <?php endif; ?>

    </nav><!-- #<?php echo $nav_id; ?> -->
    <?php
}

ウィジェットタイトル

以下のコードをそのまま子テーマのfunctions.phpに追記して下さい。

// [子テーマフォルダ]/functions.php
function my_bouquet_widgets_init() {
    register_sidebar( array(
        'name'          => __( 'Sidebar 1', 'bouquet' ),
        'id'            => 'sidebar-1',
        'description'   => __( 'Drag widgets here to activate the sidebar.', 'bouquet' ),
        'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',
        'after_widget'  => "</aside>",
        'before_title'  => '<p class="widget-title">',  // タイトルの開始タグ
        'after_title'   => '</p>',                      // タイトルの終了タグ
    ) );
}
add_action( 'init', 'my_bouquet_widgets_init', 11);

画像をレスポンシブ対応

以下を子テーマのstyle.cssに追記して下さい。

// [子テーマフォルダ]/style.css
.entry-content img, .post-format-content img {
    max-width: 100%;
    height: auto;
}

フォント「Sorts Mill Goudy」を読み込まないようにする

「Sorts Mill Goudy」は、アルファベット用の美しいフォントです。
サイトタイトルや投稿タイトルに設定されています。使用しない場合は、以下のコードを子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。

function dequeue_sorts_mill_goudy() {
    wp_dequeue_style( 'sorts-mill-goudy');
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'dequeue_sorts_mill_goudy', 100);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wp-login.php

ログイン画面・機能をカスタマイズ

CSSを変更してスタイル変更 ログイン画面用のCSSを用意して子テーマとして使用します。変更したい部分だけを記述して下さい。 // オリジナル /wp-admin/css/login.min.

871

Tumblrの投稿をウィジェットに表示できる「Tumblr Widget」

このブログでは、サイドバーウィジェットに「Tumblr」に投稿したブックマーク一覧を表示させています。プラグインは「Tumblr Widget」を使用しています。ダウンロード 「This plugi

867

「タグクラウド」ウィジェット カスタマイズ

タグクラウドは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フィルターフックやプラグインを用いて表示設定や概観の変更を行うことができます。 目次 出力をカスタマイズ 各タグの

n__1092

ツールチップ実装プラグイン「WordPress Tooltip」

「WordPress Tooltip」は、WordPressにツールチップを実装できるプラグインです。jQueryプラグイン「TipTip」を組み込んでいます。プラグインページの対応バージョンは古めで

TwentyFourteen

Twenty Fourteen 「投稿者」を非表示

TwentyFourteenでは、シングルページやアーカイブページにそれぞれ「投稿者」が表示されます。投稿者を非表示にさせる方法を投稿してみます。表示させる場合は、以下を参考に表示名などを変更してみて

wp-dark-lo-1024x768

head内に出力される要素を整理

Wordpressを使用していくうちに、head内がカオスな状態になっていくきますよね。そこで、そういう状態になったものをスッキリさせていこうという試みをやっていこうと思います。 削除方法 取り急

wp-dark-lo-1024x768

翻訳ファイルの子テーマ化

子テーマでfunctions.phpなどを変更していくと翻訳すべき項目にぶつかっていくと思います。例を挙げると_()の部分で、Wordpressが翻訳を行ってくれる部分です。 個人的には、日本語

n__twenty-twelve

Twenty Twelve "Open Sans"の使用を止

「Twenty Twelve」では、"スペシャルフォント"ということで「Open sans」を特別にロードしているようです。今のところ使うつもりがないのでリンクしないようにしました(必要になれば戻せば

TwentyFourteen

Twenty Fourteenカスタマイズ用プラグインと派生テーマ

WordPressの現在のデフォルトテーマ「Twenty Fourteen」のカスタマイズに便利なプラグインと、「Twenty Fourteen」をもとに作成されたテーマのまとめです。 カスタマ

n__twentyfifteen

Twenty Fifteen テーマ用フォント "Noto" / "Inconsolata"の使用を止

TwentyFifteenでは、テーマ用のフォントとして「Noto」と「Inconsolata」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどのようなフォント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑