Twenty Fourteen 「投稿日」や"先頭固定表示"を非表示

日付を表示する部分は、全てtwentyfourteen_posted_onに集約されています。該当部分をコメントアウトしたかたちで子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。

「投稿日」が表示される場所

「投稿日」は、投稿ページと短冊ウィジェット内に表示されます。

// twentyfourteen_posted_on
#: content-aside.php content-audio.php content-gallery.php 
#: content-image.php content-link.php content-quote.php
#: content-video.php content.php
// 短冊ウィジェット
#: inc/widgets.php

「投稿日」を非表示・消す方法

スタイルシートで非表示に

非表示にする対象を選んで小テーマのstyle.cssに適用して下さい。
HTML自体は出力されますが、スタイルシートで非表示にすることも可能です。

// 投稿ページ内の「投稿日」のみ
.main-content .entry-date {    display: none;}
// 短冊ウィジェット内の「投稿日」のみ
.widget_twentyfourteen_ephemera .entry-date {    display: none;}
// 両方の「投稿日」
.entry-date {    display: none;}

テンプレートを編集して削除する

投稿ページの「投稿日」はtwentyfourteen_posted_onに集約されています。

// オリジナル twentyfourteen_posted_on in /inc/template-tags.php
// functions.php(子テーマ)に追加
function twentyfourteen_posted_on() {
    // "先頭固定表示"部分
    if ( is_sticky() && is_home() && ! is_paged() ) {
        echo '<span class="featured-post">' . __( 'Sticky', 'twentyfourteen' ) . '</span>';
    }
    // Set up and print post meta information.
    // 「投稿日」部分
    printf( '<span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%1$s" rel="author">%2$s</a></span></span>',
//      esc_url( get_permalink() ),
//      esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
//      esc_html( get_the_date() )
        esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
        get_the_author()
    );
}

「投稿者」と同様、この方法では短冊ウィジェットの「投稿日」は削除できません。
inc/widgets.phpに記述されていますが、直書きされていますのでスタイルシートを使用した方法で非表示するのが楽だと思います。

"先頭固定表示"を非表示に

TwentyFourteenでは、投稿の「公開状態」を"この投稿を先頭に固定表示"で公開すると、メタ情報に"先頭固定表示"というタグが表示されます。
twentyfourteen-featured-post

テンプレートを修正して削除するのは、上記コード内の"先頭固定表示"部分をコメントアウトして下さい。
同様にスタイルシートで非表示にすることもできます。

// style.css(子テーマ)に追加
.featured-post {
    display: none;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Twelve カスタマイズ

何点かTwentyTwelveのカスタマイズについてご質問をいただきましたのでここでまとめてみます。 目次 子テーマのつくりかた 他記事へのリンク アーカイブタイトル("カテゴリー別アーカ

Lightbox (画像ポップアップ) プラグイン

WordPressで使用できるLightbox(画像ポップアップ)プラグインのまとめ ひとまずインストール・有効化するだけで使用可能です。(3.7/3.8/3.9) blueimp lig

ウィジェット関連のカスタマイズ・プラグイン

リンクマネージャー WordPress 3.5バージョンアップ以降にリンクマネージャーを追加するには以下のフィルタを設定もしくはプラグインをインストールして下さい。 プラグイン Link M

RSS/Atomフィード カスタマイズ

RSSフィードのカスタマイズ 標準で出力されるフィード WordPressの各種ページで出力されるフィードは以下になると思います。 投稿:投稿のフィード @全てのページ サイトのコメント:

Tumblrの投稿をウィジェットに表示できる「Tumblr Widget」

このブログでは、サイドバーウィジェットに「Tumblr」に投稿したブックマーク一覧を表示させています。プラグインは「Tumblr Widget」を使用しています。ダウンロード 「This plugi

Google Code Prettifyを使用してソースコードを表示をしてくれる「Prettify Code Syntax」

Prettify Code Syntaxは、WordPressでGoogle Code Prettifyを使用してソースコードを表示してくれるプラグインです。 プラグインダウンロード Google

Twenty Fourteen "コメントをどうぞ"の非表示と変更方法

Twenty Fourteenでは、デフォルトで投稿ページと各アーカイブページの各投稿のメタ情報欄に「コメントをどうぞ」というコメントフォームへのリンクが設置されます。 それぞれ、コメントが0件の場

no image

Pocketボタンの設置

日本のブログでは、4大SNS(Twitter, はてな, Facebook, Google+)に加えて最近では、Pocket(以前は、Read it later)もよく見かけますよね。追加してみました

Twenty Fourteen カスタマイズ

「Twenty Fourteen」はWordPress 3.8のデフォルトテーマです。TwentyThirteenから彩りもガラッとかわってますね。個人的には、すごく好きなデザイン。 Twent

Twenty Eleven カスタマイズ

目次 author-info 消す 作成者(投稿者)を消す 投稿者情報を表示しない proudly powered by wordpressのリンクをコピーライトに変更

Comment

  1. twenty fourteenでカスタマイズ投稿テンプレートを作成して複数ブログを設置しているのですが、なぜか日付や投稿者などの投稿メタ情報が表示されず、あれこれ調べていたらこちらのサイトに行きつきました。
    投稿メタ情報が「twentyfourteen_posted_on」で制御されているとは盲点でした。
    この情報を参考に投稿フォーマットタイプを指定したところ無事にメタ情報が表示されました。
    ただし、なぜか投稿フォーマットタイプが「通常」の場合だけは投稿メタ情報が表示されないのですが、content-[カスタム].phpのentry-metaの中に[get_post_format_link( 'content' )」を無理やり追記したところ「通常」フォーマットタイプでも投稿メタ情報が表示されました。
    今回は非表示ではなく表示したかったのですが、こちらの情報がなければ可決できませんでした。
    的確な情報をくださり本当にありがとうございます、これからも参考にさせていただきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑