recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎまでのJoinを行う」ということになり、Find()関数を使用した場合、デフォルトの状態でJoinが行われてしまいます。テーブル単体でfindしたい場合などは、find()の前に$recursive = -1とすることで余計なjoin処理を省略することができます。join先のテーブルのレコード数が多い場合などは効果絶大。

Userとそれに紐付くUsercommentモデルを用意しました。

-- usersテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `users` (
    `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT ,
    `username` VARCHAR(50) NOT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci
-- usercommentsテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `usercomments` (
    `id` INT NOT NULL ,
    `user_id` INT NULL ,
    `commment` TEXT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci

アソシエーションの設定。user(ユーザ)がいて、それに紐付くusercomment(ユーザのコメント)

// Userモデル
class User extends AppModel {
    var $name = 'User';
    var $hasMany = array(
        'Usercomment' => array(
            'className' => 'Usercomment',
            'foreignKey' => 'user_id'            // 省略可
        ),
    );
}

実行SQLをログ出力

まず、わかりやすくするためSQLコマンドをCakeログに出力しましょう。(別でSQLログを参照できる場合はそれを確認していただければいいと思いますが、アプリケーションログに出力することで時系列としてわかりやすくなるので個人的にはこちらを採用しています。)
function logQueryに以下を追加。ここを参照にさせていただきました。

// cake/libs/model/datasources/dbo_source.php
    $logMessage = 'queryLog = '.print_r( $this->_queriesLog[count( $this->_queriesLog) - 1], true);
    if ($this->error) {
      $this->log( $logMessage, LOG_ERROR);
    } else {
      $this->log( $logMessage, LOG_DEBUG);
    }

$recursive = 0 でfind

findのみの場合、User(usersテーブル)へのselectと、それに対するUsercommment (usercommentsテーブル)へのjoinが行われます。

//  コード
    $this->data = $this->User->find( 'all');
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)

queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `Usercomment`.`id`, `Usercomment`.`user_id`, `Usercomment`.`commment`, `Usercomment`.`status`, `Usercomment`.`created`, `Usercomment`.`modified` FROM `usercomments` AS `Usercomment`   WHERE `Usercomment`.`user_id` IN (1, 2, 3, 4)   
    [error] => 
    [affected] => 0
    [numRows] => 0
    [took] => 1
)

$recursive = -1 でfind

findの前にrecursive = -1を設定すると、User(usersテーブル)へのselectのみが行われるようになります。

//  コード
    $this->User->recursive = -1;
    $this->data = $this->User->find( 'all');
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)

設定箇所

考え方次第ですが、代表的には以下の2つが考えられると思います。
1) app/Model/AppModel.phpに設定して、デフォルトを$recursive = -1にする。
この場合、joinが必要な場合はfindを行う際に、$this->[Model]->recursive = 0;などを追加します。

class AppModel extends Model {
    public $recursive = -1;
}

2) 各々のfind処理の前に$recursive = -1を毎度設定する。今回試した例です。

個人的には、2を選択しています。
SQLのログは試験中は出力しておいて、余計な呼び出しは省略していくというのは、特にフレームワークを使用する際は注視して使用すると、もっと使い勝手がよくなると思います。もちろん、本番向けは取り除いて下さい。性能劣化につながりますので。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

n__cakePHP13

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。 バリデーシ

n__cakePHP13

複数データベースの追加と切替

CakePHPで複数のデータベースに切替を行うということがあると思います。(個人的にはあまりない) 今回、CakePHPからWordpressのデータベースへの接続を行う機会があったので設定を試して

n__cakePHP13

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

no image

validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。 $this->validateErrors自身バリデーション処理している 今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力し

n__cakePHP13

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

no image

WYSIWYGエディタを実装

WYSIWYGエディタをCakePHPにいくつか試してみました。 CKEditor 実装 // head // View(~.ctp) 解凍してwebroot/jsフ

n__cakePHP13

ログインに追加の条件を付与する「userScope」

「ユーザ登録」の続きです。 ユーザ登録後、activate(statusを0に設定するを)せずに「仮登録」のままで、正しいusernameとpasswordでログインを試したところ認証に引っかかって

n__cakePHP13

Cookieログイン

今回は、「keep me logged in」などログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcook

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑