recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎまでのJoinを行う」ということになり、Find()関数を使用した場合、デフォルトの状態でJoinが行われてしまいます。テーブル単体でfindしたい場合などは、find()の前に$recursive = -1とすることで余計なjoin処理を省略することができます。join先のテーブルのレコード数が多い場合などは効果絶大。

「User」とそれに紐付く「Usercomment」モデルを用意しました。

-- usersテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `users` (
    `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT ,
    `username` VARCHAR(50) NOT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci
-- usercommentsテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `usercomments` (
    `id` INT NOT NULL ,
    `user_id` INT NULL ,
    `commment` TEXT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci

アソシエーションの設定。user(ユーザ)がいて、それに紐付くusercomment(ユーザのコメント)

// Userモデル
class User extends AppModel {
    var $name = 'User';
    var $hasMany = array(
        'Usercomment' => array(
            'className' => 'Usercomment',
            'foreignKey' => 'user_id'            // 省略可
        ),
    );
}

実行結果

$recursive = 0 でfind

findのみの場合、User(usersテーブル)へのselectと、それに対するUsercommment (usercommentsテーブル)へのjoinが行われます。

//  コード
    $this->data = $this->User->find( 'all');
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)

queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `Usercomment`.`id`, `Usercomment`.`user_id`, `Usercomment`.`commment`, `Usercomment`.`status`, `Usercomment`.`created`, `Usercomment`.`modified` FROM `usercomments` AS `Usercomment`   WHERE `Usercomment`.`user_id` IN (1, 2, 3, 4)   
    [error] => 
    [affected] => 0
    [numRows] => 0
    [took] => 1
)

$recursive = -1 でfind

findの前にrecursive = -1を設定すると、User(usersテーブル)へのselectのみが行われるようになります。

//  (1) [read, findByなど]
    $this->User->recursive = -1;
    $this->data = $this->User->find( 'all');
//  もしくは
// (2) [findByなど]
    $this->data = $this->User->find( 'all', array( 'recursive' = '-1'));
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)
実行SQLをログ出力させておくとわかりやすいと思います。
SQLクエリーをログに出力する

設定箇所

考え方次第ですが、代表的には以下の2つが考えられると思います。

$recursive = -1をデフォルトに

この場合、joinが必要な場合はfindを行う際に、recursive = 0などに設定をする必要があります。

// app/Model/AppModel.php
class AppModel extends Model {
    public $recursive = -1;
}

find毎に$recursive = -1設定

今回試した例です。

個人的には、2を選択しています。
SQLのログは試験中は出力しておいて、余計な呼び出しは省略していくというのは、特にフレームワークを使用する際は注視して使用すると、もっと使い勝手がよくなると思います。もちろん、本番向けは取り除いて下さい。性能劣化につながりますので。。

Model > Model Attributes > recursive
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑