recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎまでのJoinを行う」ということになり、Find()関数を使用した場合、デフォルトの状態でJoinが行われてしまいます。テーブル単体でfindしたい場合などは、find()の前に$recursive = -1とすることで余計なjoin処理を省略することができます。join先のテーブルのレコード数が多い場合などは効果絶大。

「User」とそれに紐付く「Usercomment」モデルを用意しました。

-- usersテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `users` (
    `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT ,
    `username` VARCHAR(50) NOT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci
-- usercommentsテーブル
CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `usercomments` (
    `id` INT NOT NULL ,
    `user_id` INT NULL ,
    `commment` TEXT NULL ,
    PRIMARY KEY (`id`) )
DEFAULT CHARACTER SET = utf8
COLLATE = utf8_general_ci

アソシエーションの設定。user(ユーザ)がいて、それに紐付くusercomment(ユーザのコメント)

// Userモデル
class User extends AppModel {
    var $name = 'User';
    var $hasMany = array(
        'Usercomment' => array(
            'className' => 'Usercomment',
            'foreignKey' => 'user_id'            // 省略可
        ),
    );
}

実行結果

$recursive = 0 でfind

findのみの場合、User(usersテーブル)へのselectと、それに対するUsercommment (usercommentsテーブル)へのjoinが行われます。

//  コード
    $this->data = $this->User->find( 'all');
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)

queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `Usercomment`.`id`, `Usercomment`.`user_id`, `Usercomment`.`commment`, `Usercomment`.`status`, `Usercomment`.`created`, `Usercomment`.`modified` FROM `usercomments` AS `Usercomment`   WHERE `Usercomment`.`user_id` IN (1, 2, 3, 4)   
    [error] => 
    [affected] => 0
    [numRows] => 0
    [took] => 1
)

$recursive = -1 でfind

findの前にrecursive = -1を設定すると、User(usersテーブル)へのselectのみが行われるようになります。

//  (1) [read, findByなど]
    $this->User->recursive = -1;
    $this->data = $this->User->find( 'all');
//  もしくは
// (2) [findByなど]
    $this->data = $this->User->find( 'all', array( 'recursive' = '-1'));
-- SQLログ
queryLog = Array
(
    [query] => SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified` FROM `users` AS `User`   WHERE 1 = 1   
    [error] => 
    [affected] => 4
    [numRows] => 4
    [took] => 1
)
実行SQLをログ出力させておくとわかりやすいと思います。
SQLクエリーをログに出力する

設定箇所

考え方次第ですが、代表的には以下の2つが考えられると思います。

$recursive = -1をデフォルトに

この場合、joinが必要な場合はfindを行う際に、recursive = 0などに設定をする必要があります。

// app/Model/AppModel.php
class AppModel extends Model {
    public $recursive = -1;
}

find毎に$recursive = -1設定

今回試した例です。

個人的には、2を選択しています。
SQLのログは試験中は出力しておいて、余計な呼び出しは省略していくというのは、特にフレームワークを使用する際は注視して使用すると、もっと使い勝手がよくなると思います。もちろん、本番向けは取り除いて下さい。性能劣化につながりますので。。

Model > Model Attributes > recursive
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑