validateErrors と validationErrors

CakePHP試験中に気付いたことがあって、メモです。

$this->validateErrors自身バリデーション処理している

今まで、save時にバリデーションエラーメッセージををログに出力したり、ビューに返したりする際に$this->validateErrorsを使用していました。
この人自身、関数の中でバリデートしてます。要するに、save()やvalidate()でバリデーションした後、エラーメッセージ取りに行く際にもう一回バリデーションしてるんです。(知らなかった。)

[Model]->validationErrors

そこで、2.0のドキュメントをみていたらありました。
これで、save/validatesの後、バリデーションエラーのメッセージを配列で返してくれます。(1.3系でも2.x系でも使えます。)

validate関数は使わず

バリデーション時のエラーメッセージが必要な際は、以下の2通りで試してください。
A. save()もしくは、validates()でそのあと、Model->validationErrorsで取得。(上のやりかた)
B. Model->invalidFields()
これは、バリデーションしてくれて尚且つ、エラーメッセージをそのまま返してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

シンプルに設置できる数字Captcha「MathCaptcha」

スパム防止などで利用されているCaptchaですが、数字版で使えるものがないか探してみました。 この「MathCapthca」は非常にシンプルに設置できるのはいいですが、やっぱりクエスチョンの部分は

フィールド単位でバリデーション無効化

save処理の際に条件付でモデルのバリデーションをフィールド単位でスキップする処理のメモです。(最終的に使うことはなかったのでメモ) 関数は unset( $this->->validate[

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。 バリデーシ

メール送信(qdmail)

CakePHP(+qdmail)でメール送信する処理を実装しました。 準備 2つのライブラリ(.php)をダウンロードし、以下のように配置して下さい。 app/controllers/compo

ログインに追加の条件を付与する「userScope」

「ユーザ登録」の続きです。 ユーザ登録後、activate(statusを0に設定するを)せずに「仮登録」のままで、正しいusernameとpasswordでログインを試したところ認証に引っかかって

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

Cookieログイン

今回は、「keep me logged in」などログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcook

no image

独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。 参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation 上記リンク内に

no image

Debugkitをインストール

CakePHPのデバッグツールとしてはデファクトスタンダードといってもいいDebugkitをインストールしました。 ダウンロード CakePHP 1.3用 https://github.com

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑