バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.xではエラーとなったルールのメッセージが配列になって返されます。

複数ルールを設定して、全てのルールを実行する方法(2.x系・1.3系共通)

バリデーションはモデルの$validateに設定した各ルールを上から行っていきます。デフォルトでは、ひとつのルールがエラーとなるとそのフィールドに対するバリデーションを停止しますが、'last'=>falseを設定するとエラー有無にかかわらず後続のバリデーションルールも実行するようになります。3つある場合は、1つ目・2つ目に設定するようなかたちになります。

// 例
var $validate = array(
    'errormsgtest' => array(
        'email' => array(
            'rule' => array( 'email'),
            'message' => 'Not email!',
            'last' => false
        ),
        'notempty' => array(
            'rule' => array( 'notEmpty'),
            'message' => 'Empty!',
        ),
    ),
);

validationErrorsとvalidateErrors

バリデーション処理後、エラーがあった場合、

$this->[Model名]->validationErrors

を使用してエラーメッセージを取得することができます。

似たようなもので

$this->validateErrors

がありますがコレ自体でバリデーション処理を行います。二重にvalidatesしないよう"validationErrors"の方を使うようにして下さい。

エラーメッセージの内容(1.3系では)

最後にエラーとなったバリデーションのメッセージを返します。上の例でいうと、入力値('errormsgtest')がブランクの場合、

  • デフォルトの状態('last'がtrue)では、ルール名'email'でバリデーションを終了させるため、Not email!'
  • 'last'をfalseに設定した場合は、ルール'email'がエラーとなっても最後('notempty')までバリデーションを実行するため、'Empty!'

が返却されます。

// ログに出力
$this->log( $this->[Model名]->validationErrors, LOG_DEBUG);
// viewに渡す
$this->set( 'valerror', $this->[Model名]->validationErrors);
// セッションに渡す
$this->Session->setFlash( $this->[Model名]->validationErrors);

// ログ出力例
// 'last' => trueの場合
Array
(
    [errormsgtest] => Not email!
)
// 'last' => falseの場合
Array
(
    [errormsgtest] => Empty!
)

エラーメッセージの内容(2.x系では)

やっと本題。配列で返します。
'errormsgtest'がブランクだった場合は、

  • デフォルトの状態('last'がtrue)では、ルール名'email'でバリデーションを終了させるため、'Not email!'のみ
  • 'last'をfalseに設定した場合は、ルール'email'がエラーとなっても最後('notempty')までバリデーションを実行するため、'Not email!'と'Empty!'

が返却されます。

// ログに出力
$this->log( $this->[Model名]->validationErrors, LOG_DEBUG);
// viewに渡す
$this->set( 'valerror', $this->[Model名]->validationErrors);
// セッションに渡す
$this->Session->setFlash( $this->[Model名]->validationErrors);

// ログ出力例
// 'last' => trueの場合
Array
(
    [errormsgtest] => Array
        (
            [0] => Not email!
        )
)
// 'last' => falseの場合
Array
(
    [errormsgtest] => Array
        (
            [0] => Not email!
            [1] => Empty!
        )
)

今回は、バリデーションエラーメッセージのデータの取り扱いについてでした。
基本的には、'last'=>falseを多用するより、エラーメッセージの伝え方でユーザに入力をうまいことやってもらうのが一番いいですよね~。
上の例でいうと、どちらもEnter email!としておけばいいですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑