Htmlヘルパー

ソース:\cake\libs\view\helpers\html.php

charset / 文書の文字コードを設定する

[php]
<?php echo $this->Html->charset(); ?>
// 生成されるHTML
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
[/php]
charset(string $charset)
$charset: 文字コードを指定。nullの場合は、デフォルトとしてUTF-8が設定されます。/app/config/core.php内の'App.encoding'に設定されています。

css / CSSファイルへリンクする

[php]
<?php echo $this->Html->css( 'bs.min', false); ?>
// 生成されるHTML
<link href="/css/bs.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">

<?php echo $this->Html->css( 'http://~/bs.min.css', false); ?>
// 生成されるHTML
<link href="http://~/bs.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
[/php]
css(mixed $url, mixed $options)
ファイルパスで指定する場合は、webroot/cssを基点にパスを設定する

オプション($option)設定
inline - [true]インライン(記述した行)に出力する / [false]headタグ内に出力する

meta / METAタグを生成する

[php]
// meta keywords
<?php echo $this->Html->meta( 'keywords', 'meta keywords'); ?>
// 生成されるHTML
<meta content="meta keywords" name="keywords">
// meta description
<?php echo $this->Html->meta( 'description', 'meta description'); ?>
// 生成されるHTML
<meta content="meta description" name="description">
[/php]
meta(string $type, string $url, array $attributes = array())

参考:OGP Helper

docType / DTDを設定する

[php]
<?php echo $this->Html->docType(); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('html4-strict'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('html4-trans'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('html4-frame'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('xhtml-strict'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('xhtml-trans'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('xhtml-frame'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">

<?php echo $this->Html->docType('xhtml11'); ?>
// 生成されるHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
[/php]
docType(string $type = 'xhtml-strict')

style

style(array $data, boolean $oneline = true)

image / IMAGEタグを生成する

[php]
<?php echo $this->Html->image('cake_logo.png', array('alt' => 'CakePHP'))?>
// 生成されるHTML
<img src="/img/cake_logo.png" alt="CakePHP" />
[/php]
image(string $path, array $htmlAttributes = array())
ファイルパスで指定する場合は、webroot/imgを基点にパスを設定する

link / リンク(Aタグ)を生成する

[php]
<?php echo $this->Html->link('jump!', array('controller' => 'home', 'action' => 'index'), array('target' => '_blank'), "Are you sure leaving this page?" ?>
// 生成されるHTML
<a onclick="return confirm('Are you sure leaving this page?');" target="_blank" href="/home/index">jump!</a>
[/php]
link(string $title, mixed $url = null, array $options = array(), string $confirmMessage = false)

  • confirmMessage : クリック時の確認ダイアログが設定できます。

tag

tag(string $tag, string $text, array $htmlAttributes)

div / DIVタグを生成する

[php]

[/php]
div(string $class, string $text, array $options)
$class - 付与するクラス名
$text - div内に出力するテキスト
オプション($option)設定
'escape' => テキストをエスケープするか否か

para

para(string $class, string $text, array $htmlAttributes, boolean $escape = false)

script / <SCRIPT>タグを生成

[php]
// ファイルパス
<?php echo $this->Html->script( 'jquery.min', array('inline' => 'false')); ?>
// 生成されるHTML
<script src="/js/jquery.min.js" type="text/javascript">

// URL
<?php echo $this->Html->script( 'https://~/jquery.min.js', array('inline' => 'false')); ?>
// 生成されるHTML
<script src="https://~/jquery.min.js" type="text/javascript">
[/php]
script(mixed $url, mixed $options)
ファイルパスで指定する場合は、webroot/jsを基点にパスを設定する

オプション($option)設定

  • inline - [true]インライン(記述した行)に出力する、[false]scripts_for_layout内に出力する
  • once - [true]重複チェックを行い、一度しか読み込まない。[false]重複が起きても同じスクリプトを読み込む。

scriptBlock

scriptBlock($code, $options = array())

scriptStart

scriptStart($options = array())

scriptEnd

scriptEnd()

tableHeaders

tableHeaders(array $names, array $trOptions = null, array $thOptions = null)

tableCells

tableCells(array $data, array $oddTrOptions = null, array $evenTrOptions = null, $useCount = false, $continueOddEven = true)

url

url(mixed $url = NULL, boolean $full = false)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

n__cakePHP13

複数データベースの追加と切替

CakePHPで複数のデータベースに切替を行うということがあると思います。(個人的にはあまりない) 今回、CakePHPからWordpressのデータベースへの接続を行う機会があったので設定を試して

no image

ログローテーション

CakePHP1.3では標準ではログはタイプごとに出力されるだけで、定期的なローテーションを行ってくれません。放っておくとひたすら1つのファイルにアペンドされていきます。app/tmp/logs以下に

n__cakePHP13

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

通常、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。 バリデーシ

n__cakePHP13

Textヘルパー

Textヘルパーには、テキスト処理に関する便利な機能があります。リンク付与やテキストの抜粋・ハイライトや切り取り処理など。ソース:/cake/libs/view/helpers/text.php

n__cakePHP13

複数ファイルアップロード

CakePHPで複数ファイルのアップロードについて調べてみました。といっても普通のPHPのコードと同じではありますが、postするフィールド名に[]を付与して配列にします。 view

no image

Secutiryユーティリティ

CakePHPでは、データのハッシュ化もしくは暗号化のためのメソッドSecurityユーティリティが用意されています。 ソース: /cake/libs/security.php Security:

no image

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。 Jsヘルパーを使用して

no image

Debugkitをインストール

CakePHPのデバッグツールとしてはデファクトスタンダードといってもいいDebugkitをインストールしました。 ダウンロード CakePHP 1.3用 https://github.com

no image

Sessionコンポーネント

ソース: /cake/libs/controller/components/session.php read read($name = null) セッションの情報を読み込みます。 $

no image

独自のバリデーションルール

CakePHPで組み込みバリデーションをつくる方法は色々あります。 参考:Data Validation — CakePHP Cookbook v1.3 documentation 上記リンク内に

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑