CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。

Timezone未設定によるエラー

Warning: strtotime(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'America/New_York' for 'EST/-5.0/no DST' instead in *******/lib/Cake/Cache/CacheEngine.php on line 60

タイムゾーン未設定によるエラーです。
app/Config/core.php内の以下のコメントをはずして、UTCをサポートされるタイムゾーンのリストにあるタイムゾーンを設定

//date_default_timezone_set('UTC');
↓
date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo');

その他、以下のページに記載されている設定で上記エラーを回避することが可能です。
date_default_timezone_get

キャッシュファイル書き込みエラー

Warning: _cake_core_ cache was unable to write 'cake_dev_ja' to File cache in *******/lib/Cake/Cache/Cache.php on line 328
Warning: *******/app/tmp/cache/persistent/ is not writable in *******/lib/Cake/Cache/Engine/FileEngine.php on line 385 Fatal error: Uncaught exception 'CacheException' with message 'Cache engine "_cake_core_" is not properly configured. Ensure required extensions are installed, and credentials/permissions are correct' in *******/lib/Cake/Cache/Cache.php:186 Stack trace: #0 *******/lib/Cake/Cache/Cache.php(151): Cache::_buildEngine('_cake_core_') #1 *******/app/Config/core.php(374): Cache::config('_cake_core_', Array) #2 *******/lib/Cake/Core/Configure.php(72): include('/var/www/html/c...') #3 *******/lib/Cake/bootstrap.php(175): Configure::bootstrap(true) #4 *******/app/webroot/index.php(104): include('/var/www/html/c...') #5 *******/index.php(41): require('/var/www/html/c...') #6 {main} thrown in *******/lib/Cake/Cache/Cache.php on line 186

Apache実行ユーザに対して、ログファイルやキャッシュディレクトリに対しての書き込み権限が無い場合に発生します。
Apache実行ユーザの確認方法

ps aux | grep '(apache|httpd)'

httpd.conf内User/Groupで確認することもできます。

User apache
Group apache

tmpディレクトリの所有者を再帰的にapacheユーザへ変更し、パーミッション755を付与

# chown -R apache tmp
# chmod -R 755 tmp

ログやキャッシュの出力先はこちらを
パス定数と変更方法やURLの取得

mod_rewrite エラー

URL rewriting is not properly configured on your server.

公開ディレクトリに対して、.htaccessを使用可能になるよう設定します。/var/www/htmlは適宜置き換えて下さい。

/etc/httpd/conf/httpd.conf
<Directory "/var/www/html">
#   AllowOverride None
    AllowOverride All
</Directory>

'PDO' not found

Error: Fatal Error (1): Class 'PDO' not found in

何かしらの理由でPHPインストール時にphp-pdoがインストールされていない場合に発生するエラーです。
まずは、以下のコマンドで"PDO"がインストールされているか確認して下さい。

> php -m
[PHP Modules]
PDO  <--

インストール

yum install php-pdo

最終的な目標は、以下を .iniファイルに追加することですが、iniファイルはインストール時に自動で追加されます。

extension=pdo.so

確認してみましょう。

# php --ini
Configuration File (php.ini) Path: /etc
Loaded Configuration File:         /etc/php.ini
Scan for additional .ini files in: /etc/php.d
Additional .ini files parsed:      /etc/php.d/pdo.ini,

確認ができたらWebサーバに読み込ませるため再起動を行いましょう。

ついでに使用するDB

# yum install php-mysql    # MySQLの場合
# yum install php-pgsql    # PostgreSQLの場合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑