ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。

ハッシュ関数の選択

ハッシュ関数はデフォルトではSHA-1が使用されます。変更する場合は、Security::setHash($hash)を使用して(AppController.php内で)定義することができます。
ソース:/lib/Cake/Utility/Security.php

// /app/Controller/AppController.php
public function beforeFilter(){
    Security::setHash( 'sha256');
}

各ハッシュ関数でハッシュ化した際の長さになります。(length固定なのでvarcharよりcharを指定したほうが処理コストが少なくなるでしょう。)
以下がCakePHPで用意されているハッシュ方式ですが、その他PHPで使える関数をそのまま設定すればよさそうです。(要確認)

タイムリーにこのような記事がありました。デフォルトのsha1からは変更しておいたほうがいいかもしれません。
“日本の標準暗号”が10年ぶり大改定、国産暗号削減よりもRC4とSHA-1の監理ポスト入りが影響大

一方、より問題が大きい暗号方式もある。「運用監視暗号リスト」に回された暗号方式だ。このリストは「推奨すべき状態ではなくなった暗号技術のうち、互換性維持のために継続利用を容認するもののリスト」。いわば監理ポストという位置付けだ。ストリーム暗号の128-bit RC4とハッシュ関数の「SHA-1」などが、このリストに回されている。

ハッシュ化

テキストのハッシュ化はSecurity::hash($string, $type = NULL, $salt = false)を使用して下さい。
ソース:/lib/Cake/Utility/Security.php

$password = Security::hash( $plain, 'sha512', true);
// $password = $this->Auth->password( $plain);
  • $string - ハッシュ化対象のテキスト
  • $type - 使用するハッシュ関数
  • $salt - trueに設定した場合、(/Config/Core.php)Security.saltに$stringを付与してハッシュ化を行います。

また、$this->Auth->passwordでも同様のことが行えます。この場合は、上のsetHashで設定したハッシュ関数を使用して($salt=trueで)、ハッシュ化されます。(Security::hashを呼び出しているだけ)
ソース:/lib/Cake/Controller/Component/AuthComponent.php

public static function password( $password) {
    return Security::hash( $password, null, true);
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑