selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言ったほうが近い。) デモ(データ配列なども)
モデルは、散々出尽くしているかもしれませんが、以下

CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `prefectures` (
  `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,  -- id
  `prefecture` VARCHAR(8) NOT NULL,  -- 都道府県
  `area` VARCHAR(8) NOT NULL,        -- 地方
  PRIMARY KEY (`id`) )

単一選択のselectボックス

一般的なセレクトボックス。中から1つを選ぶものです。
find('list')でfieldsに対して2項目設定します。1つ目がvalue、2つ目が実際に画面に表示される値が設定されます。規定値(初期値)を指定する場合は、単一の値でvalueを指定します。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値をvalueで指定
//  'div' => false           // div親要素の有無(true/false)
//  'size' => 5              // 高さ設定(リストボックスとして表示)
//  'empty' => true          // 空白を許可
));

複数選択できるselectボックス

'multiple'=> trueを指定することで、セレクトボックスの中から複数を選べるようにできます。
findの方法は1つ目と同じです。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値は、valueを配列にしたもの
//  'div' => false        // div親要素の有無(true/false)
));

通常、データ内にカンマがない場合は、DBへ保存する際に配列からCSVデータに変換しています。

// ビューから受け取ったprefecture配列をカンマ区切りに変換
$this->request->data['Model']['prefecture'] = 
    implode( ',', $this->data['Model']['prefecture']);

ページ読み込み時に、保存されたデータを取得・設定するためにcsvデータから配列へ変換しています。($selected)

// 規定値をビューへ渡す
$this->set( 'selected', explode( ',', $this->data['Model']['prefecture']));

selectボックスのオプションをグループ化

セレクトボックスの中身をグループ化できるものです。
find('list')の1,2つ目は同じで、fieldsに3つ指定すると、その3つ目の項目でグループ化してくれるようです。(1.3系でも同じです。)

// コントローラ
$this->set( 'select2', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture', 'area')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,  // 複数選択を可能にする場合
    'options' => $select2
));

規定値の設定や保存時のやりとりは、上の2つと同じですので、単一/複数に従ってそれぞれ実装してください。

今回、2.xとして投稿しましたが、1.3系でも全く同じコードで実現可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑