selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言ったほうが近い。) デモ(データ配列なども)
モデルは、散々出尽くしているかもしれませんが、以下

CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `prefectures` (
  `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,  -- id
  `prefecture` VARCHAR(8) NOT NULL,  -- 都道府県
  `area` VARCHAR(8) NOT NULL,        -- 地方
  PRIMARY KEY (`id`) )

単一選択のselectボックス

一般的なセレクトボックス。中から1つを選ぶものです。
find('list')でfieldsに対して2項目設定します。1つ目がvalue、2つ目が実際に画面に表示される値が設定されます。規定値(初期値)を指定する場合は、単一の値でvalueを指定します。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値をvalueで指定
//  'div' => false           // div親要素の有無(true/false)
//  'size' => 5              // 高さ設定(リストボックスとして表示)
//  'empty' => true          // 空白を許可
));

複数選択できるselectボックス

'multiple'=> trueを指定することで、セレクトボックスの中から複数を選べるようにできます。
findの方法は1つ目と同じです。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値は、valueを配列にしたもの
//  'div' => false        // div親要素の有無(true/false)
));

通常、データ内にカンマがない場合は、DBへ保存する際に配列からCSVデータに変換しています。

// ビューから受け取ったprefecture配列をカンマ区切りに変換
$this->request->data['Model']['prefecture'] = 
    implode( ',', $this->data['Model']['prefecture']);

ページ読み込み時に、保存されたデータを取得・設定するためにcsvデータから配列へ変換しています。($selected)

// 規定値をビューへ渡す
$this->set( 'selected', explode( ',', $this->data['Model']['prefecture']));

selectボックスのオプションをグループ化

セレクトボックスの中身をグループ化できるものです。
find('list')の1,2つ目は同じで、fieldsに3つ指定すると、その3つ目の項目でグループ化してくれるようです。(1.3系でも同じです。)

// コントローラ
$this->set( 'select2', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture', 'area')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,  // 複数選択を可能にする場合
    'options' => $select2
));

規定値の設定や保存時のやりとりは、上の2つと同じですので、単一/複数に従ってそれぞれ実装してください。

今回、2.xとして投稿しましたが、1.3系でも全く同じコードで実現可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑