selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言ったほうが近い。) デモ(データ配列なども)
モデルは、散々出尽くしているかもしれませんが、以下

CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `prefectures` (
  `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,  -- id
  `prefecture` VARCHAR(8) NOT NULL,  -- 都道府県
  `area` VARCHAR(8) NOT NULL,        -- 地方
  PRIMARY KEY (`id`) )

単一選択のselectボックス

一般的なセレクトボックス。中から1つを選ぶものです。
find('list')でfieldsに対して2項目設定します。1つ目がvalue、2つ目が実際に画面に表示される値が設定されます。規定値(初期値)を指定する場合は、単一の値でvalueを指定します。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値をvalueで指定
//  'div' => false           // div親要素の有無(true/false)
//  'size' => 5              // 高さ設定(リストボックスとして表示)
//  'empty' => true          // 空白を許可
));

複数選択できるselectボックス

'multiple'=> trueを指定することで、セレクトボックスの中から複数を選べるようにできます。
findの方法は1つ目と同じです。

// コントローラ
$this->set( 'select1', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,
    'options' => $select1
//  'selected' => $selected  // 規定値は、valueを配列にしたもの
//  'div' => false        // div親要素の有無(true/false)
));

通常、データ内にカンマがない場合は、DBへ保存する際に配列からCSVデータに変換しています。

// ビューから受け取ったprefecture配列をカンマ区切りに変換
$this->request->data['Model']['prefecture'] = 
    implode( ',', $this->data['Model']['prefecture']);

ページ読み込み時に、保存されたデータを取得・設定するためにcsvデータから配列へ変換しています。($selected)

// 規定値をビューへ渡す
$this->set( 'selected', explode( ',', $this->data['Model']['prefecture']));

selectボックスのオプションをグループ化

セレクトボックスの中身をグループ化できるものです。
find('list')の1,2つ目は同じで、fieldsに3つ指定すると、その3つ目の項目でグループ化してくれるようです。(1.3系でも同じです。)

// コントローラ
$this->set( 'select2', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture', 'area')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'select', 
    'multiple'=> true,  // 複数選択を可能にする場合
    'options' => $select2
));

規定値の設定や保存時のやりとりは、上の2つと同じですので、単一/複数に従ってそれぞれ実装してください。

今回、2.xとして投稿しましたが、1.3系でも全く同じコードで実現可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑