独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。
参考 Custom Validation Rules

正規表現を使用

'rule'に正規表現を直書きしてもいいようです。
正規表現はスラッシュで囲まれている必要があります。最後にiを付与すると大文字・小文字を区別しなくなります。

ここでは、「文字と数字のみで3文字以上となる値を入力」というバリデーション

public $validate = array(
    'code' => array(
        'rule' => '/^[a-z0-9]{3,}$/i',
        'message' => 'Only letters and integers, min 3 characters',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

「custom」ルールを使用

コアにも「custom」というルールが用意されています。
正規表現と同じです。実際の使用方法は、プロフィール系データ バリデーション

バリデーションメソッドを作成

メソッドを作成してバリデーションを行うこともできます。注意点としては、メソッドに渡されるバリデーション対象の$checkにはフォームから渡されるデータ全てが連想配列で渡される点です。

class User extends AppModel {
    public $validate = array(
        'promotion_code' => array(
            'rule'    => array( 'limitDuplicates', 25),
            'message' => 'This code has been used too many times.'
        )
    );

    public function limitDuplicates( $check, $limit) {
        // $check will have value: array( 'promotion_code' => 'some-value')
        // $limit will have value: 25
        $existing_promo_count = $this->find( 'count', array(
            'conditions' => $check,
            'recursive' => -1
        ));
        return $existing_promo_count < $limit;
    }
}

メソッドは各モデル内に定義することができますし、
広く使用する場合は、app_model.php内に定義すればどこでも使用可能になります。(app/app_model.php)

「UserDefined」ルールを使用

実際に使うか微妙ですが、UserDefinedを使用して他のモデルに定義したメソッドを参照することも可能です。
userDefined(mixed $check, object $object, string $method, array $args = null)

public $validate = array(
    'xxx' => array(
        'rule' => array( 'UserDefined', 'OtherModel', 'Method', 'args'),
        'message' => 'xxx error',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

つくってみたルールです。

緯度・経度 (degree形式)

var $validate = array(
    'latlng' => array(
        'rule' => '/^-?([0-8]?[0-9]|90)\.[0-9]{1,6},-?((1?[0-7]?|[0-9]?)[0-9]|180)\.[0-9]{1,6}$/',
        'message' => 'invalid latitude and longitude.',
    ),
);

カンマ区切りで緯度経度が表現されているか。(竹島であれば、37.243004,131.864469)
緯度:-90.000000 ~ 90.000000 / 経度: -180.000000 ~ 180.000000
(ミリ秒形式<北緯~ 東経~>などには非対応)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑