Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法

Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにします。

$plain_for_blowfish = 'strengthpassword';
$hashed_by_blowfish = Security::hash( $plain_for_blowfish, 'blowfish');

'blowfish'を指定するとphpのcryptを使用します。lib/Cake/Utility/Security.phpの_cryptを参照。

cryptの第二引数にはsaltを指定しますが、Cake側から以下のように作成されて渡されます。
まず、/app/Config/core.php内に指定されている'Security.salt'にuniqueidを掛け、sha1でハッシュ化を行い、base64エンコードしています。そして、'+','='を'.'に置換して先頭22バイトを切り取っています。最後に、先頭にプレフィックス"$2a$"と後述するハッシュコストが付与されます。lib/Cake/Utility/Security.phpの_saltを参照

phpでは、saltの文字列が以下の条件の場合にblowfishアルゴリズムが使用されます。

// /ext/standard/crypt.c
 if (
                salt[0] == '$' &&
                salt[1] == '2' &&
                salt[2] >= 'a' && salt[2] <= 'z' &&
                salt[3] == '$' &&
                salt[4] >= '0' && salt[4] <= '3' &&
                salt[5] >= '0' && salt[5] <= '9' &&
                salt[6] == '$') {

PHP: crypt - Manual
CRYPT_BLOWFISH - Blowfish ハッシュ。salt の形式は、 "$2a$" か "$2x$" あるいは "$2y$"、2 桁のコストパラメータ、"$"、そして文字 "./0-9A-Za-z" からなる 22 文字となります。 この範囲外の文字を salt に使うと、crypt() は長さゼロの文字列を返します。 2 桁のコストパラメータは反復回数の 2 を底とする対数で、 これは Blowfish ベースのハッシュアルゴリズムで使います。 この値は 04 から 31 までの範囲でなければならず、 それ以外の値の場合は crypt() は失敗します。 5.3.7 までのバージョンの PHP では、salt のプレフィックスとして "$2a$" だけしか使えませんでした。PHP 5.3.7 で新たなプレフィックスが導入され、 Blowfish の実装にあったセキュリティ上の弱点に対応しました。 セキュリティ修正の対応の詳細については » この文書 を参照ください。 簡単にまとめると、PHP 5.3.7 以降しか使わないのなら "$2a$" ではなく "$2y$" を使うべきだということです。

2つ目のパラメータにあたる「コストパラメータ」はハッシュ化する際の計算の繰り返し回数になり、2の乗数になり、処理時間と複雑性を天秤にかけることになります。
CakePHPでは、デフォルトは「10」に設定されていますが、「04 から 31 までの範囲」(5以上30以下)で設定することができます。

// /app/Controller/AppController.php
class AppController extends Controller {
    public function beforeFilter() {
        Security::setCost(14);
    }
}
Securityユーティリティ:lib/Cake/Utility/Security.php
Utilities > Security > hash // 2.3 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑