hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。

CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとProfileモデルで例を。
本来ならば、テーブルに外部キーを設定し、整合性を担保させると思いますが、hasOneを使用するのに必須ではありません。

usersテーブル

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `users` (
  `id` INT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `username` VARCHAR(255) NOT NULL,
  `password` CHAR(128) NULL,
  `status` TINYINT NULL,
  `created` DATETIME NULL,
  `modified` DATETIME NULL,
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE INDEX `username_UNIQUE` (`username` ASC))
ENGINE = InnoDB

profilesテーブル

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `lab`.`profiles` (
  `id` INT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `user_id` INT UNSIGNED NOT NULL,
  `first_name` VARCHAR(64) NULL,
  `last_name` VARCHAR(64) NULL,
  `bio` TEXT NULL,
  `created` DATETIME NULL,
  `modified` DATETIME NULL,
  PRIMARY KEY (`id`))
ENGINE = InnoDB

Userモデル

// app/Model/User.php
    public $hasOne = array(
        'Profile' => array(
//          'className' => 'Profile',
//          'foreignKey' => 'User_id',
//          'conditions' => array( 'Profile.status' => '1'),
//          'fields' => 
//          'order' => 'Profile.created DESC',
//          'dependent' => true
        )
    );

className hasOne先のモデル名
conditions JOINする条件
fields 取得するカラム
order 並べ替え
dependent trueの場合、親(User)側レコードが削除された場合に子(Profile)も削除される。(これは別記事にて)

実行SQL

SELECT `User`.`id`, `User`.`username`, `User`.`password`, `User`.`status`, `User`.`created`, `User`.`modified`, `Profile`.`id`, `Profile`.`user_id`, `Profile`.`first_name`, `Profile`.`last_name`, `Profile`.`bio`, `Profile`.`created`, `Profile`.`modified` 
FROM `users` AS `User` 
LEFT JOIN `profiles` AS `Profile` 
ON (`Profile`.`user_id` = `User`.`id`)  WHERE 1 = 1

レコード数増に伴う性能改善

レコード数が増えていくと、joinするのに時間がかかっていきますので、インデックスを張って下さい。
4000行のhasOne(Left Join)でDB/Cake両方のキャッシュをOFF
インデックスなしの場合→平均13秒ほど
インデックスありの場合→50ミリ秒ほど
(って、秒数はマシンスペックによります。)

MySQLでの外部キーとインデックスの作成はこちらを参考にして下さい。hasOneの場合はuniqueオプションを使用して下さい。
外部キー(foreign key)を作成するとインデックスもついてくる | MySQL

hasOneアソシエーション:/lib/Cake/Model/Model.php
Models > Associations > hasOne
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑