ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには、1.3ではuserScopeを使用しました(記事)が、2.xでは「scope」に変更されているようです。

Authコンポーネントを呼び出す際に以下のように定義して下さい。
2.0から「Authenticate type」というものが追加されており、今回はフォームからpostされた認証に対して追加を行うため'Form'に追加しています。(参考)

var $components = array(
    'Auth' => array(
        'authenticate' => array(
            'Form' => array( 
                // 認証されるには、「Userのstatusが0である必要がある」を追加する
                'scope' => array( 'User.status' => 0)
            )
        )
    ),
);

その条件専用のエラーメッセージを返したい

と思ったのですが、Auth->login処理では、パスワード間違えなどのログインエラーも、追加の条件でログインエラーとなった場合も同じ戻り値であるため見分けることができません。

_findUser
/lib/Cake/Controller/Component/Auth/BaseAuthenticate.phpを参照

どうしてもそれ専用のものを出したかったら、別に確認する処理を追加すればいいです。(が、ここまでやると「scope」自体の存在意義がなくなってしまいますね)

public function login() {
    // ログイン成功
    if ($this->Auth->login()) {
        return $this->redirect( $this->Auth->redirect());
    // ログイン失敗
    } else {
        // Userのstatusを取得
        $user_state = $this->User->field( 'status', array( 'username' => $this->data['User']['username']));
        if ($user_state != 0){
            $this->Session->setFlash( '本登録して下さい');
        } else {
            $this->Session->setFlash( 'ユーザ名もしくはパスワードが違います');
        }
    }
}

また、2.0では、$this->Auth->loginErrorは廃止されましたので独自で設定する必要があります。
Authコンポーネントは、2.xでリファクタリングが行われ、ガラッと変わっているみたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑