radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。
個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。
今回は、その実装方法 デモ

モデルは、今回も以下

CREATE  TABLE IF NOT EXISTS `prefectures` (
  `id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT,  -- id
  `prefecture` VARCHAR(8) NOT NULL,  -- 都道府県
  `area` VARCHAR(8) NOT NULL,        -- 地方
  PRIMARY KEY (`id`) )

実装方法

find('list')でfieldsに対して2項目設定します。1つ目がvalue、2つ目が実際に画面に表示される値が設定されます。規定値(初期値)を指定する場合は、単一の値でvalueを指定します。

// コントローラ
$this->set( 'list', $this->Prefecture->find( 'list', array( 
    'fields' => array( 'id', 'prefecture')
)));

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'radio', 
    'options' => $list,
    'value' => $value,        // 規定値(初期値)をvalueで指定
//  'between' => '<hr>',    // fieldsetのlegend要素と先頭のラジオボタンの間に入れる要素
//  'separator' => '<br />',  // 各ラジオボタンの間に挿入する要素
//  'legend' => false         // falseに設定するとfieldset要素を除去します
));

ラジオボタン横並び

// ビュー
echo $this->Form->input( 'prefecture', array( 
    'type' => 'radio', 
    'options' => $list,
    'value' => $value,            // 規定値(初期値)をvalueで指定
    'div' => 'radio-horizontal',  // divにclassを付与
    'style' => 'float:none;',     // input要素にfloat:none
));

ラジオボタンの親要素(div)にclassを付与して(ここではradio-horizontal)
あとは、labelにdisplay: inline-blockをつけるだけです。

input[type=radio] {
    margin:0px;
    width:20px;
}
.radio-horizontal label{
    display: inline-block;
}

ヘルパー内でlabelにclassやstyleを追加できると思ったんですが、どうもダメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑