入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。

文字列長(コア)バリデーション

minLength - 最小文字数以上であること
maxLength - 最大文字数以下であること
between - 最小文字数以上かつ最大文字数以下であること

デモ
mb_strlenが定義されている環境であれば、マルチバイト対応しています。
また、それぞれ、'allowEmpty' => trueを指定した場合は、そちらが優先されます。

minLength

指定文字数以上入力されていることを検証します。
minLength($check, $min)
第2引数に文字数を指定します。"以上"になります。

public $validate = array(
    'password' => array(
        'rule' => array( 'minLength', 8),
        'message' => '8文字以上入力して下さい。',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

maxLength

指定文字数以下入力されていることを検証します。
maxLength($check, $max)
第2引数に文字数を指定します。"以下"になります。

public $validate = array(
    'tweet' => array(
        'rule' => array( 'maxLength', 140),
        'message' => '140字以内で入力して下さい。',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);

between

最大文字数・最小文字数を指定します。minLengthとmaxLengthの組み合わせ
between($check, $min, $max)
第2引数に最小文字数、第3引数に最大文字数を指定します。"以上"、"以下"になります。

public $validate = array(
    'bio' => array(
        'rule' => array( 'between', 50, 300),
        'message' => '50文字以上、300文字以下で入力して下さい。',
//      'allowEmpty' => true
    ),
);


Textヘルパー:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑