(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。

バリデーションルール

以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。

  • email メールアドレス
  • url URL
  • postal 郵便番号
  • phone 電話番号
  • ip IPアドレス

email (メールアドレス)

email(string $check, boolean $deep = false, string $regex = null)
第2引数$deepがtrueの場合、getmxrrもしくはcheckdnsrrもしくはgethostbynamelを使用してドメインの有無まで検証してくれます。第3引数$regexに正規表現を使用してドメインを限定してくれます。

public $validate = array(
    'mailaddress' => array(
        'rule' => array( 'email'),
//      'rule' => array( 'email', true),  // ドメイン有無を検証
//      'rule' => array( 'email', true, '\gmail.com\'),  // gmail.comのみ許可
        'message' => 'メールアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true              // 空白許可
    ),
);

url (URL)

url(string $check, boolean $strict = false)
http(s), ftp(s), file, news, gopherをサポート。第2引数$strict がtrueの場合、http://などプロトコルまで求めます。

public $validate = array(
    'website' => array(
        // プロトコルまで必要なし
        'rule' => array( 'url'),  // kwski.net
        // プロトコルまで必要
//      'rule' => array( 'url', true),  // http://kwski.net
        'message' => 'URLを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

postal (郵便番号)

アメリカ(us)、カナダ(ca)、イギリス(uk)、イタリア(it)、ドイツ(de)、ベルギー(be)の郵便番号のフォーマットが用意されているだけなので、日本版につくってみましょう。正規表現が使用できるcustomルールを使用します。

public $validate = array(
    'postal' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}-[0-9]{4}$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}[\s-]?[0-9]{4}$/'),
        'message' => 'postal error',
        'allowEmpty' => true	
    ),);

CakePHP Localized pluginを参考にさせてもらいました。こちらのプラグインをインストールすれば、日本用の郵便番号のルールが使用できます。

phone (電話番号)

アメリカの電話番号フォーマットを検証 になるので、こちらも日本用にcustomを使用してつくってみましょう。電話番号は、様々なパターンがあると思うので、正規表現内の数字を変えつつ調整してもらったほうがいいと思います。
下の例では、
0xxx-xxxx-yyyy (xの個数は可変)
になります。

public $validate = array(
    'phone' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}-\d{1,4}-\d{4})$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}[\s-]?\d{1,4}[\s-]?\d{4})$/'),
        'message' => 'phone error',
        'allowEmpty' => true
    ),
);

こちらもCakePHP Localized pluginに日本版が用意されています。

ip (IPアドレス)

ip(string $check, string $type = 'both')
第2引数$typeで、両方、IPv4のみ、IPv6のみを制限できます。

public $validate = array(
    'defaulgateway' => array(
        'rule' => array( 'ip', 'both'),  // 両方OK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv4'),  // IPv4のみOK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv6'),  // IPv6のみOK
        'message' => 'IPアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true
    ),
);


Textヘルパー:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑