(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。

バリデーションルール

以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。

  • email メールアドレス
  • url URL
  • postal 郵便番号
  • phone 電話番号
  • ip IPアドレス

email (メールアドレス)

email(string $check, boolean $deep = false, string $regex = null)
第2引数$deepがtrueの場合、getmxrrもしくはcheckdnsrrもしくはgethostbynamelを使用してドメインの有無まで検証してくれます。第3引数$regexに正規表現を使用してドメインを限定してくれます。

public $validate = array(
    'mailaddress' => array(
        'rule' => array( 'email'),
//      'rule' => array( 'email', true),  // ドメイン有無を検証
//      'rule' => array( 'email', true, '\gmail.com\'),  // gmail.comのみ許可
        'message' => 'メールアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true              // 空白許可
    ),
);

url (URL)

url(string $check, boolean $strict = false)
http(s), ftp(s), file, news, gopherをサポート。第2引数$strict がtrueの場合、http://などプロトコルまで求めます。

public $validate = array(
    'website' => array(
        // プロトコルまで必要なし
        'rule' => array( 'url'),  // kwski.net
        // プロトコルまで必要
//      'rule' => array( 'url', true),  // http://kwski.net
        'message' => 'URLを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

postal (郵便番号)

アメリカ(us)、カナダ(ca)、イギリス(uk)、イタリア(it)、ドイツ(de)、ベルギー(be)の郵便番号のフォーマットが用意されているだけなので、日本版につくってみましょう。正規表現が使用できるcustomルールを使用します。

public $validate = array(
    'postal' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}-[0-9]{4}$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}[\s-]?[0-9]{4}$/'),
        'message' => 'postal error',
        'allowEmpty' => true	
    ),);

CakePHP Localized pluginを参考にさせてもらいました。こちらのプラグインをインストールすれば、日本用の郵便番号のルールが使用できます。

phone (電話番号)

アメリカの電話番号フォーマットを検証 になるので、こちらも日本用にcustomを使用してつくってみましょう。電話番号は、様々なパターンがあると思うので、正規表現内の数字を変えつつ調整してもらったほうがいいと思います。
下の例では、
0xxx-xxxx-yyyy (xの個数は可変)
になります。

public $validate = array(
    'phone' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}-\d{1,4}-\d{4})$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}[\s-]?\d{1,4}[\s-]?\d{4})$/'),
        'message' => 'phone error',
        'allowEmpty' => true
    ),
);

こちらもCakePHP Localized pluginに日本版が用意されています。

ip (IPアドレス)

ip(string $check, string $type = 'both')
第2引数$typeで、両方、IPv4のみ、IPv6のみを制限できます。

public $validate = array(
    'defaulgateway' => array(
        'rule' => array( 'ip', 'both'),  // 両方OK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv4'),  // IPv4のみOK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv6'),  // IPv6のみOK
        'message' => 'IPアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true
    ),
);


Textヘルパー:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑