(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。

バリデーションルール

以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。

  • email メールアドレス
  • url URL
  • postal 郵便番号
  • phone 電話番号
  • ip IPアドレス

email (メールアドレス)

email(string $check, boolean $deep = false, string $regex = null)
第2引数$deepがtrueの場合、getmxrrもしくはcheckdnsrrもしくはgethostbynamelを使用してドメインの有無まで検証してくれます。第3引数$regexに正規表現を使用してドメインを限定してくれます。

public $validate = array(
    'mailaddress' => array(
        'rule' => array( 'email'),
//      'rule' => array( 'email', true),  // ドメイン有無を検証
//      'rule' => array( 'email', true, '\gmail.com\'),  // gmail.comのみ許可
        'message' => 'メールアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true              // 空白許可
    ),
);

url (URL)

url(string $check, boolean $strict = false)
http(s), ftp(s), file, news, gopherをサポート。第2引数$strict がtrueの場合、http://などプロトコルまで求めます。

public $validate = array(
    'website' => array(
        // プロトコルまで必要なし
        'rule' => array( 'url'),  // kwski.net
        // プロトコルまで必要
//      'rule' => array( 'url', true),  // http://kwski.net
        'message' => 'URLを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

postal (郵便番号)

アメリカ(us)、カナダ(ca)、イギリス(uk)、イタリア(it)、ドイツ(de)、ベルギー(be)の郵便番号のフォーマットが用意されているだけなので、日本版につくってみましょう。正規表現が使用できるcustomルールを使用します。

public $validate = array(
    'postal' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}-[0-9]{4}$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}[\s-]?[0-9]{4}$/'),
        'message' => 'postal error',
        'allowEmpty' => true	
    ),);

CakePHP Localized pluginを参考にさせてもらいました。こちらのプラグインをインストールすれば、日本用の郵便番号のルールが使用できます。

phone (電話番号)

アメリカの電話番号フォーマットを検証 になるので、こちらも日本用にcustomを使用してつくってみましょう。電話番号は、様々なパターンがあると思うので、正規表現内の数字を変えつつ調整してもらったほうがいいと思います。
下の例では、
0xxx-xxxx-yyyy (xの個数は可変)
になります。

public $validate = array(
    'phone' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}-\d{1,4}-\d{4})$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}[\s-]?\d{1,4}[\s-]?\d{4})$/'),
        'message' => 'phone error',
        'allowEmpty' => true
    ),
);

こちらもCakePHP Localized pluginに日本版が用意されています。

ip (IPアドレス)

ip(string $check, string $type = 'both')
第2引数$typeで、両方、IPv4のみ、IPv6のみを制限できます。

public $validate = array(
    'defaulgateway' => array(
        'rule' => array( 'ip', 'both'),  // 両方OK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv4'),  // IPv4のみOK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv6'),  // IPv6のみOK
        'message' => 'IPアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true
    ),
);


Textヘルパー:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑