(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。

バリデーションルール

以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。

  • email メールアドレス
  • url URL
  • postal 郵便番号
  • phone 電話番号
  • ip IPアドレス

email (メールアドレス)

email(string $check, boolean $deep = false, string $regex = null)
第2引数$deepがtrueの場合、getmxrrもしくはcheckdnsrrもしくはgethostbynamelを使用してドメインの有無まで検証してくれます。第3引数$regexに正規表現を使用してドメインを限定してくれます。

public $validate = array(
    'mailaddress' => array(
        'rule' => array( 'email'),
//      'rule' => array( 'email', true),  // ドメイン有無を検証
//      'rule' => array( 'email', true, '\gmail.com\'),  // gmail.comのみ許可
        'message' => 'メールアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true              // 空白許可
    ),
);

url (URL)

url(string $check, boolean $strict = false)
http(s), ftp(s), file, news, gopherをサポート。第2引数$strict がtrueの場合、http://などプロトコルまで求めます。

public $validate = array(
    'website' => array(
        // プロトコルまで必要なし
        'rule' => array( 'url'),  // kwski.net
        // プロトコルまで必要
//      'rule' => array( 'url', true),  // http://kwski.net
        'message' => 'URLを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true	
    ),
);

postal (郵便番号)

アメリカ(us)、カナダ(ca)、イギリス(uk)、イタリア(it)、ドイツ(de)、ベルギー(be)の郵便番号のフォーマットが用意されているだけなので、日本版につくってみましょう。正規表現が使用できるcustomルールを使用します。

public $validate = array(
    'postal' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}-[0-9]{4}$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^[0-9]{3}[\s-]?[0-9]{4}$/'),
        'message' => 'postal error',
        'allowEmpty' => true	
    ),);

CakePHP Localized pluginを参考にさせてもらいました。こちらのプラグインをインストールすれば、日本用の郵便番号のルールが使用できます。

phone (電話番号)

アメリカの電話番号フォーマットを検証 になるので、こちらも日本用にcustomを使用してつくってみましょう。電話番号は、様々なパターンがあると思うので、正規表現内の数字を変えつつ調整してもらったほうがいいと思います。
下の例では、
0xxx-xxxx-yyyy (xの個数は可変)
になります。

public $validate = array(
    'phone' => array(
        // ハイフン必須
        'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}-\d{1,4}-\d{4})$/'),
        // ハイフンがあってもなくてもいい
//      'rule' => array( 'custom', '/^(0\d{1,4}[\s-]?\d{1,4}[\s-]?\d{4})$/'),
        'message' => 'phone error',
        'allowEmpty' => true
    ),
);

こちらもCakePHP Localized pluginに日本版が用意されています。

ip (IPアドレス)

ip(string $check, string $type = 'both')
第2引数$typeで、両方、IPv4のみ、IPv6のみを制限できます。

public $validate = array(
    'defaulgateway' => array(
        'rule' => array( 'ip', 'both'),  // 両方OK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv4'),  // IPv4のみOK
//      'rule' => array( 'ip', 'IPv6'),  // IPv6のみOK
        'message' => 'IPアドレスを入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true
    ),
);


Textヘルパー:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
2.1 / 2.2 / 2.3 / 2.4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑