数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。

数値用 (コア)バリデーション

  • decimal - 十進数であること
  • numeric - 数値であること
  • naturalNumber - 自然数(正の整数)であること
  • range - 数値の範囲(超え・未満)であること
  • comparison - 大・小・一致・不一致の比較に合致すること

5つともnotEmptyとなるので、必須としない場合は'allowEmpty' => trueを追加する必要があります。

decimal

十進数であることであることを検証します。

decimal(integer $check, integer $places = null, string $regex = null)
小数点以下の桁数を限定する場合は第2引数($places)で指定します。
第3引数で正規表現を指定した場合は、優先してそれを使用してバリデーションが行われます。

public $validate = array(
    'height' => array(
        'rule' => array( 'decimal', 2),  // 小数点以下桁数を限定
        'message' => '小数点以下2桁まで入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
);

2.4.6 以降 localeconvから各国の「桁区切り文字」・「小数点(文字)」を取得し、それぞれ"空文字"、"カンマ"へ置換してバリデーションを行うようになりました。

numeric

数値であることを検証します。

numeric(string $check)
is_numericを使用して数値であることを検証します。なので、数値だけでなく16進数なども通ります。

public $validate = array(
    'cars' => array(
        'rule'    => 'numeric',
        'message' => 'Please supply the number of cars.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    )
);

naturalNumber

自然数(正の整数)であることを検証します。 (2.2 以降)

naturalNumber(mixed $check, boolean $allowZero = false)
第2引数($allowZero)で0(ゼロ)を許可(true)するか否か(false)を設定できます。

public $validate = array(
    'wheels' => array(
        'rule'    => 'naturalNumber',
        'message' => 'Please supply the number of wheels.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
    'airbags' => array(
        'rule'    => array( 'naturalNumber', true),  // 0(ゼロ)を許可
        'message' => 'Please supply the number of airbags.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
);

range

数値が設定された範囲内であることを検証します。

range(string $check, integer $lower = null, integer $upper = null)
第2引数($lower)に最小値、第3引数($upper)に最大値を設定して下さい。
バリデーションは、$lower超え、$upper未満となり、$lower・$upperの場合はエラーとなります。

public $validate = array(
    'number' => array(
        'rule'    => array( 'range', -1, 11),  // マイナス1より大きく11より小さい
        'message' => 'Please enter a number between 0 and 10',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    )
);

comparison

数値の大小の比較を行い検証を行います。
comparison(mixed $check1, string $operator = null, integer $check2 = null)
第2引数($operator)に比較方法を指定います。
'is greater' (~より大きい)、'is less' (~より小さい)、'greater or equal' (~以上)、'less or equal' (~以下)、'equal to' (~と等しい)、'not equal' (~と等しくない)


Validationユーティリティ:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑