数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。

数値用 (コア)バリデーション

  • decimal - 十進数であること
  • numeric - 数値であること
  • naturalNumber - 自然数(正の整数)であること
  • range - 数値の範囲(超え・未満)であること
  • comparison - 大・小・一致・不一致の比較に合致すること

5つともnotEmptyとなるので、必須としない場合は'allowEmpty' => trueを追加する必要があります。

decimal

十進数であることであることを検証します。

decimal(integer $check, integer $places = null, string $regex = null)
小数点以下の桁数を限定する場合は第2引数($places)で指定します。
第3引数で正規表現を指定した場合は、優先してそれを使用してバリデーションが行われます。

public $validate = array(
    'height' => array(
        'rule' => array( 'decimal', 2),  // 小数点以下桁数を限定
        'message' => '小数点以下2桁まで入力して下さい。',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
);

2.4.6 以降 localeconvから各国の「桁区切り文字」・「小数点(文字)」を取得し、それぞれ"空文字"、"カンマ"へ置換してバリデーションを行うようになりました。

numeric

数値であることを検証します。

numeric(string $check)
is_numericを使用して数値であることを検証します。なので、数値だけでなく16進数なども通ります。

public $validate = array(
    'cars' => array(
        'rule'    => 'numeric',
        'message' => 'Please supply the number of cars.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    )
);

naturalNumber

自然数(正の整数)であることを検証します。 (2.2 以降)

naturalNumber(mixed $check, boolean $allowZero = false)
第2引数($allowZero)で0(ゼロ)を許可(true)するか否か(false)を設定できます。

public $validate = array(
    'wheels' => array(
        'rule'    => 'naturalNumber',
        'message' => 'Please supply the number of wheels.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
    'airbags' => array(
        'rule'    => array( 'naturalNumber', true),  // 0(ゼロ)を許可
        'message' => 'Please supply the number of airbags.',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    ),
);

range

数値が設定された範囲内であることを検証します。

range(string $check, integer $lower = null, integer $upper = null)
第2引数($lower)に最小値、第3引数($upper)に最大値を設定して下さい。
バリデーションは、$lower超え、$upper未満となり、$lower・$upperの場合はエラーとなります。

public $validate = array(
    'number' => array(
        'rule'    => array( 'range', -1, 11),  // マイナス1より大きく11より小さい
        'message' => 'Please enter a number between 0 and 10',
        'allowEmpty' => true             // 空白許可
    )
);

comparison

数値の大小の比較を行い検証を行います。
comparison(mixed $check1, string $operator = null, integer $check2 = null)
第2引数($operator)に比較方法を指定います。
'is greater' (~より大きい)、'is less' (~より小さい)、'greater or equal' (~以上)、'less or equal' (~以下)、'equal to' (~と等しい)、'not equal' (~と等しくない)


Validationユーティリティ:/lib/Cake/Utility/Validation.php
Models > Data Validation
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑