SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。
別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処理もどちらが先に実行されたのかなどわかりやすくなるので、いいかなと個人的に思っています。

明示的に実行SQLをデバッグする

モデル操作(find, save, deleteなど)の後に以下のコードを挿入すると実行SQLを(デバッグ)ログに出力させることができます。

$this->log( $this->[Model]->getDataSource()->getLog(), LOG_DEBUG);

出力先は自由に設定して下さい。

暗黙的に実行SQLをデバッグする

DataSourcesをオーバーライドさせます。

MySQLの場合

1. MysqlLog.phpを作成(名前は自由に)

// \app\Model\Datasource\Database\MysqlLog.php
<?php
App::uses( 'Mysql', 'Model/Datasource/Database');
class MysqlLog extends Mysql {
    function logQuery( $sql, $params = array()) {
        parent::logQuery( $sql);
        if (Configure::read('Cake.logQuery')) {
            $this->log( $this->_queriesLog, LOG_DEBUG);  // SQLの実行詳細
//          $this->log( $sql, LOG_DEBUG);                // SQLクエリーのみ
        }
    }
}
?>

2. datasourceを変更

//  \app\Config\database.php
//      'datasource' => 'Database/Mysql',
        'datasource' => 'Database/MysqlLog',

3. 出力するフラグを設定
出力させるさせないを設定します。以下を追加すると出力されるようになります。

//  \app\Config\core.php
Configure::write( 'Cake.logQuery', 1);

上記を削除すれば、出力させなくできます。

参考

Vladimir Bilyov - Logging sql queries into file in CakePHP 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

FullCalendarを使用してカレンダーアプリケーション

カレンダーアプリケーションを作成するため、カレンダー表示できるプラグインを探索して出会ったFullcalendarを試してみました。シンプルに使用できる上に、オプションがかなり豊富です。ダウンロード

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑