SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。
別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処理もどちらが先に実行されたのかなどわかりやすくなるので、いいかなと個人的に思っています。

明示的に実行SQLをデバッグする

モデル操作(find, save, deleteなど)の後に以下のコードを挿入すると実行SQLを(デバッグ)ログに出力させることができます。

$this->log( $this->[Model]->getDataSource()->getLog(), LOG_DEBUG);

出力先は自由に設定して下さい。

暗黙的に実行SQLをデバッグする

DataSourcesをオーバーライドさせます。

MySQLの場合

1. MysqlLog.phpを作成(名前は自由に)

// \app\Model\Datasource\Database\MysqlLog.php
<?php
App::uses( 'Mysql', 'Model/Datasource/Database');
class MysqlLog extends Mysql {
    function logQuery( $sql, $params = array()) {
        parent::logQuery( $sql);
        if (Configure::read('Cake.logQuery')) {
            $this->log( $this->_queriesLog, LOG_DEBUG);  // SQLの実行詳細
//          $this->log( $sql, LOG_DEBUG);                // SQLクエリーのみ
        }
    }
}
?>

2. datasourceを変更

//  \app\Config\database.php
//      'datasource' => 'Database/Mysql',
        'datasource' => 'Database/MysqlLog',

3. 出力するフラグを設定
出力させるさせないを設定します。以下を追加すると出力されるようになります。

//  \app\Config\core.php
Configure::write( 'Cake.logQuery', 1);

上記を削除すれば、出力させなくできます。

参考

Vladimir Bilyov - Logging sql queries into file in CakePHP 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑