SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。
別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処理もどちらが先に実行されたのかなどわかりやすくなるので、いいかなと個人的に思っています。

明示的に実行SQLをデバッグする

モデル操作(find, save, deleteなど)の後に以下のコードを挿入すると実行SQLを(デバッグ)ログに出力させることができます。

$this->log( $this->[Model]->getDataSource()->getLog(), LOG_DEBUG);

出力先は自由に設定して下さい。

暗黙的に実行SQLをデバッグする

DataSourcesをオーバーライドさせます。

MySQLの場合

1. MysqlLog.phpを作成(名前は自由に)

// \app\Model\Datasource\Database\MysqlLog.php
<?php
App::uses( 'Mysql', 'Model/Datasource/Database');
class MysqlLog extends Mysql {
    function logQuery( $sql, $params = array()) {
        parent::logQuery( $sql);
        if (Configure::read('Cake.logQuery')) {
            $this->log( $this->_queriesLog, LOG_DEBUG);  // SQLの実行詳細
//          $this->log( $sql, LOG_DEBUG);                // SQLクエリーのみ
        }
    }
}
?>

2. datasourceを変更

//  \app\Config\database.php
//      'datasource' => 'Database/Mysql',
        'datasource' => 'Database/MysqlLog',

3. 出力するフラグを設定
出力させるさせないを設定します。以下を追加すると出力されるようになります。

//  \app\Config\core.php
Configure::write( 'Cake.logQuery', 1);

上記を削除すれば、出力させなくできます。

参考

Vladimir Bilyov - Logging sql queries into file in CakePHP 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑