画像ギャラリーを実装できる「Galleria」

Galleriaは、わずか数行で画像ギャラリーが作成できるjQueryプラグインです。Airbnbのページで使用されていて、コレいいな~と思い試してみました。

ダウンロードはこちらから(バージョン:1.4.2)
CDNを使用する場合はこちらから使用できます。(cdnjs)

スクリプト

<script type="text/javascript" src="jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="galleria-1.4.2.min.js"></script>

実装

画像表示は通常通りでid('#gallery')を付与する

<div id="gallery">
    <img alt="海員閣" src="5080/6914709574_defcfa39d1_n.jpg">
    <img alt="中華街" src="5467/7060789027_8e000d5a12_n.jpg">
    <img alt="高徳院" src="5272/6914696188_79dc0d4387_n.jpg">
</div>

ギャラリー作成

<script type="text/javascript">
// テーマをロード
Galleria.loadTheme( 'themes/classic/galleria.classic.min.js');

// オプション
option = {
    width:  700,              // 幅
    height: 467,              // 高さ
    imageCrop: true,          // 画像のクロップ有無
    // true:width/heightにフィットさせるように画像を切り取って表示
    // false:画像を全体表示させるように縮小
    transition: 'fade',       // 画像の遷移イフェクト
    _toggleInfo: false,       // imgのalt属性を取得してキャプションとして表示
    // true:キャプションの非表示 
    // false:キャプションの表示
}

// ギャラリー作成
Galleria.run( '#gallery', option);
</script>
  • Galleria.loadTheme
    ギャラリーのテーマ(galleria.classic.min.js)を読み込みます。**スクリプトのパスは適宜置き換えて下さい。テーマは色々と用意されているみたいです。(classic以外は有料)
  • option
    オプションを指定します。ギャラリーのサイズとなるwidthとheightは最低限指定して下さい。
  • Galleria.run('#div', option);
    おまじないです

デモ

こちら
IE7+, FF3+, Opera 11+, Chrome 9+, Safar 4+ and Mobile Safari

また、"Fatal error: Could not extract a stage height from the CSS. Traced height: 0px." というエラーがでていたのですが、いつの間にかでなくなりました。どんなときにでるのだろうか。。。

オプション・カスタマイズ

レスポンシブ化

Galleriaはデフォルトでレスポンシブ対応していて、設定は必要ありません。ギャラリーの幅を指定する場合は、divのstyleにwidthをパーセンテージで指定して下さい。デモ

option = {
    height: 0.5,        // ギャラリー全体の縦横比 (横1に対して縦の比率を設定)
    maxScaleRatio: 1,   // 画像のスケールアップ度を設定(1に設定するとオリジナルより伸張させない)
    _toggleInfo: false, // キャプションの表示(false:表示)
}

画像とサムネイルの間にキャプションを表示

デモ (+コード)
JSの変更部分は、実際にギャラリー内の各骨組み部分を生成する部分で、キャプションの部分である'info'(.galleria-info)を'thumbnails-container'(.galleria-thumbnails-container)内に入れ込みます。Galleria DOM Structureを参照

CSSの変更部分は、.galleria-stage(画像表示部分)のbottomをキャプション挿入(.galleria-info)分上げます。その分、.galleria-thumbnails-containerの高さを上げます。そして、.galleria-infoのpositionのabsoluteをはずしてください。

画像のインラインにキャプションを表示

デモ (+コード)
キャプションの各要素であるgalleria-info-text, galleria-info-text, galleria-info-descriptionなど、色々ずらしていってもできます。

強引にやってみましたが、いい方法をご存知の方がいらっしゃればご教授いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

テキストに装飾効果を付けるプラグイン

Burn #テキストに炎のような効果 Burn サイト デモ スクリプト 実装 AAA $(function () { $('#defa

ナビゲーションメニューを画面サイズによってドロップダウンにしてくれる「TinyNav.js」

「TinyNav.js」はナビゲーションメニューを画面サイズがある以下になるとドロップダウンにしてくれるjQueryプラグインです。 スクリプト 実装 スタイルシート

ページの画像を非同期で読み込んでくれる「Lazy Load」

「LazyLoad Plugin」は、画像をページのロード時ではなく非同期に読み込んでくれるjQueryプラグインです。設定によりスクロールした際に画像をロードしたりしてくれます。 ダウンロード |

no image

シンプルな画像スライダー/ギャラリー用プラグイン

スライダーやギャラリーを実装できるjQueryプラグインのうちシンプルなものを集めてみました。ベースはシンプルですが、オプションなどを使用してカスタマイズが豊富なものもたくさんありますね。 シン

no image

クリックするとテキストボックスにかわるラベルを実装

Flickrなどでは、写真の編集画面でキャプションをラベルとして表示しておきクリックするとテキストボックスやテキストエリアに変換してくれて編集させるようなインターフェイスを実装しています。結構いいです

表示パターン豊富なスライダー「flexslider 2」

「flexslider 2」は、シンプルに実装でき、かつカスタマイズ機能が豊富なスライダー用プラグインです。 flexslider 2 オプションや機能 サムネイルナビゲーション 複数表示

タブを画面サイズによってアコーディオンにしてくれる「Easy Responsive Tabs to Accordion」

「Easy Responsive Tabs to Accordion」はタブ表示を画面サイズによって折りたたみのアコーディオン形式に変換してくれるjQueryプラグインです。 デフォルトでは、768

no image

[続きを読む]でテキストを省略、開閉できる「jTruncate」「jTruncSubstr」

「jTruncate」は、長くなってスペースをとってしまう文章をなどであらかじめ指定した文字数で省略して表示してくれるjQueryプラグインです。 ダウンロードはこちら デモ スクリプト

シンプルでカスタマイズ豊富なスライダー用プラグイン「bxSlider」

「bxSlider」はシンプルに設置でき、かついろいろとオプションが設定可能なスライダー用プラグインです。サイト CDN 標準でもしくはオプションで実現できそうなこと スワイプ キャプション

数値入力スライダー「jQuery Simple Slider」

「jQuery Simple Slider」はスライダーを使用して数値設定が行えるようにしてくれるjQueryプラグインです。"Unobtrusive Numerical Slider"とあるように余

Comment

    • コメントありがとうございます。
      ご質問の内容ですが、
      画像をクリックすると別ウィンドウを開きその中で画像ギャラリーを展開する という部分でよろしいでしょうか?

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑