DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。
2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりました。CakePHP 2.x インストール

DebugKit is not installed. It will help you inspect and debug different aspects of your application.
You can install it from GitHub

2.x版はここからダウンロードできます。(CakePHP 2.2.0以降)

CakePHP 2.x版 インストール

導入手順

  1. 解凍してディレクトリ名を「DebugKit」に変更し、app/Plugin下へ配置(=>app/Plugin/DebugKit)

    **ディレクトリ名が異なる場合は以下のように言われます。

    Error: The application is trying to load a file from the DebugKit plugin
    
    Error: Make sure your plugin DebugKit is in the app/Plugin directory and was loaded
    
  2. app/Config/bootstrap.phpへ追加します
    CakePlugin::load( 'DebugKit');
  3. app/Controller/AppController.phpでコンポーネントを追加します。
    var $components = array( 'DebugKit.Toolbar');
    
  4. デバッグレベルを1以上へ設定
    Configure::write('debug', 1);
    

"Sql log"パネルにSQLが表示されない場合は、どこかに以下が入り込んでいないか確認して下さい。特にデフォルトで設置されるapp/View/Layouts/default.ctp内など。

<?php echo $this->element('sql_dump'); ?>

PHPのバージョン

Parse error: syntax error, unexpected T_FUNCTION in ~app/Plugin/DebugKit/Controller/Component/ToolbarComponent.php on line 174

と怒られた場合は、PHPのバージョンを確認してみて下さい。PHP 5.3.0以降でないと こうはじかれるようです。


1.3での導入方法

ダウンロードはそれぞれ以下から
CakePHP 1.3ブランチ (CakePHP 1.2ブランチ)

  1. 解凍してフォルダ名を「debug_kit」に変更し、app/plugins下へ配置(=>app/plugins/debug_kit)
    こうやって怒られる場合があるので、全て小文字にして下さい

    Error: The component file was not found.
    Error: Create the class ToolbarComponent in file: app/controllers/components/toolbar.php
    
  2. app/app_controller.phpでコンポーネントを追加します。
    var $components = array('DebugKit.Toolbar');

CakePHP 1.3 - DebugKitを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑