Lightboxなどが実装できるプラグイン「Magnific Popup」

「Magnific Popup」はlightboxを実装できるjQueryプラグインです。
この手のものは、商用利用に制限がかかっているものが多いですがこのプラグインはMITライセンスで提供されています。モーダルウィンドウやポップアップウィンドウとしても使えるのでこれひとつで幅広くカバーできそうです。
ダウンロードはこちら

ライセンスはこのような感じです。

Script is available under MIT license and will always be kept this way.
But please do me a favor and do not create a public WordPress plugin based on it, because I will make it soon and it will be open souce too (want to get notified?).

WordPressプラグインは鋭意制作中なので公開しないで下さい。できたら知らせますとのこと(ここから登録)
他のWordPress Lightnox プラグインはこちら

オプションの解説ページ / デモ / 本家デモ

スクリプト

<link href="magnific-popup.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<script src="jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="jquery.magnific-popup.js" type="text/javascript"></script>

単体のlightbox

<div class="div-1105-single">
    <a href="lightboxで開く画像" alt="キャプション"><img src="サムネイルもしくはテキスト"></a>
    <a href="lightboxで開く画像" alt="キャプション"><img src="サムネイルもしくはテキスト"></a>
    .....
</div>

<script tye="javascript/text">
$(document).ready(function() {
    $('.div-1105-single').magnificPopup({
        delegate: 'a', // ポップアップを開く子要素
        type: 'image',
        image: {
            titleSrc: 'alt'  // キャプションとして表示する属性を指定(titleなど)
        }
    });
});
</script>

lightboxギャラリー

ギャラリーとして開くのは、オプションにgallery.enabled: trueを追加するだけです。

<div class="div-1105-gallery">
    <a href="lightboxで開く画像" alt="キャプション"><img src="サムネイルもしくはテキスト"></a>
    <a href="lightboxで開く画像" alt="キャプション"><img src="サムネイルもしくはテキスト"></a>
    .....
</div>

<script tye="javascript/text">
$(document).ready(function() {
    $('.div-1105-gallery').magnificPopup({
        delegate: 'a', // ポップアップを開く子要素
        type: 'image',
        gallery: {
            enabled: true,
            navigateByImgClick: true,
            preload: [0,1]
        }, 
    });
});
</script>

ギャラリーのオプション

  • preload : (数値をカンマ区切りで指定) ギャラリー内のどの画像をプリロードするかを指定します。0の場合はひとつ前の画像を、1の場合はひとつ後の画像をプリロードします。n(任意の数値)を指定するとギャラリー内のnつ後の画像までプリロードします。
  • navigateByImgClick:画像クリックすると次の画像へ移動する

モーダルウィンドウ

画像以外を開くモーダルウィンドウとして使用するには type: 'inline'を指定します。

<a id="openmodal" href="#">open modal</a>
<div id="modal1105" class="white-popup mfp-hide">モーダルウィンドウに表示する内容</div>

<script tye="javascript/text">
$(document).ready(function() {
    $('#openmodal').magnificPopup({
        items: {
            type: 'inline',           // inlineを指定
            src: '#modal1105',        // 表示する要素の#id
            closeBtnInside: true      
        },
        alignTop: true,               // モーダルウィンドウの位置をtopにする
                                      // 指定しない場合はセンタに表示される
    });
});
</script>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

数値入力に便利なステッパーを実装「Numeric Stepper」

「Numeric Stepper」は、数値用のステッパーを実装できるjQueryプラグインです。ダウンロード | デモ スクリプト 実装 既存のテキストボックスにclas

実装方法が選べるツールチップ用プラグイン「Smallipop」

Smallipopは、ツールチップの実装をマークアップベース(HTMLに書き出し)とJavascriptベース両方で行えるjQueryプラグインです。世の中この手のツールは結構片方でのみだったりします

開閉できるツリー構造を表現できる「jsTree」

「jsTree」は、Webサイト上にツリー構造を表示してくれるJQueryラグインです。実際、使うかというのは謎ですが、ブログ内に設置する機会があり使用してみましたので参考まで。 ダウンロードはこち

入力テキストの文字数をカウントしてくれる「Textchange」

Twitterのようにinputやtextareaに入力した際に、文字数をカウント(ダウン)してくれるとユーザの利便性が上がります。今回使用したTextChangeは、それ以外にも入力のイベントに対し

カルーセル プラグイン

「カルーセル(Carousel)」とは"回転木馬"という意味らしいのですが、jQuery(Javascript)では画像やコンテンツをスライド表示させるもののようです。が、スライダーとの違いはよく分り

Bootstrap Modal + 拡張機能が実装できるプラグイン

Twitter Bootstrap Modalは、標準のモーダルウィンドウに様々な機能を追加することができます。 2014/06/16 Bootstrap3対応版に書き換えをしました。

テキストボックスの入力値を数値限定にしてくれる「jQuery - numeric」

「jQuery - numeric」は、テキストボックスへの入力を数字のみに制限してくれるjQueryプラグインです。正/負、整数/小数点 チェックまで限定してくれます。ダウンロード スクリプト

no image

スワイプ対応の画像スライダー・ギャラリー用プラグイン

画像スライダー(ギャラリー)を作成してくれるjQueryプラグインの中からスワイプ操作で画像をスライドできるものをいくつか集めてみました。 シンプルでカスタマイズ豊富なスライダー用プラグイン「b

no image

ローソク足チャート「jqPlot」

「ローソク足チャート」は株価の4本値を表示するグラフでよく使われるグラフです。 一つのプロットでOHLC(Open, High, Low, Close) それぞれ、Openは始値、Highは高値、

レスポンシブに対応した画像ギャラリーが実装できる「Responsive Image Gallery」

「Responsive Image Gallery with Thumbnail Carousel」はレスポンシブにも対応した画像ギャラリーが実装できるjQueryプラグインです。Twitterの「最

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑