条件を付けて訪問時に開くポップアップを実装できる「WordPress Popup」

n__1106

「WordPress Popup」は、ユーザの訪問時にポップアップを開くように実装できるプラグインです。それぞれ条件によって開くかどうかを設定することができます。
ダウンロード / サンプル

インストール・有効化すると、管理画面の左サイドバーに"Pop Overs"というアイテムが出現しますのでこちらからポップアップを登録することができます。

ポップアップの設定

  • Popover title:ポップアップのタイトル
  • Popover content:ポップアップ内に表示させるコンテンツ

Active conditions

ポップアップを開く条件を指定します。右サイドバーにある条件を"Active conditions"にドラッグ&ドロップして条件を追加して下さい。

  • Visitor is logged in:ログインしているユーザ向けに開く
  • Visitor is not logged in:ログインしていないユーザ向けに開く
  • Visitor has never commented:コメントしていないユーザ向けに開く
  • Visit via a search engine:サーチエンジン経由の場合に開く
  • Visit not via an Internal link:内部リンク経由以外の場合に開く
  • Visit via specific referer:特定のリファラー経由の場合に開く
  • Popover shown less than:特定回数表示していないユーザ向けに開く (回数を入力)
  • On specific URL:特定のURLで開く (表示するURLを改行ごとに入力)
  • Not on specific URL:特定のURL以外で開く (除外するURLを改行ごとに入力)

Appearance settings

  • Pop Up Size:ポップアップのサイズ
  • Pop Up Position:ポップアップ表示位置
  • Pop Up Margins:ポップアップのmargin
  • Background Color:ポップアップの背景色
  • Font Color:フォント色

Pop Up Style

  • Use Style

Remove Hide Forever Link

  • Remove the "Never see this message again" link:"Never see this message again"(再度開かないようにするため)のリンク要素を付与する。

Pop over appearance delays

  • Show Pop Up:ポップアップを表示するまでの時間
その他
Uji Popup Simple PopUp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

n__twentyfifteen

Twenty Fifteen テーマ用フォント "Noto" / "Inconsolata"の使用を止

TwentyFifteenでは、テーマ用のフォントとして「Noto」と「Inconsolata」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどのようなフォント

wp-dark-lo-1024x768

管理画面のCSSをカスタマイズ

管理画面のスタイルを変更したくなったので、カスタマイズしてみました。一例として以下を取り上げてみます。 「投稿一覧」の画面でカスタムフィールドが追加されていくと、そんなに幅が必要のないところが長くな

n__1092

ツールチップ実装プラグイン「WordPress Tooltip」

「WordPress Tooltip」は、WordPressにツールチップを実装できるプラグインです。jQueryプラグイン「TipTip」を組み込んでいます。プラグインページの対応バージョンは古めで

n__twenty-twelve

ie.cssの子テーマ化など Twenty Twelve 1.1での変更点

TwentyTwelveが1.0から1.1にアップデートされたので、勉強もかねていくつか変更点を洗ってみました。 ie.cssを外出し pubdateの削除 rel="generator"

TwentyFourteen

Twenty Fourteen 「投稿日」や"先頭固定表示"を非表示

日付を表示する部分は、全てtwentyfourteen_posted_onに集約されています。該当部分をコメントアウトしたかたちで子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。 「投稿日

no image

「編集(Edit)」リンクの非表示方法

ログインした状態で投稿ページを開くと投稿内や各コメントに各編集ページへリンクしてくれる「編集」リンクが表示されます。(繰り返し言いますが、自サイトにログインしているユーザにしか見えません。) こ

wp-dark-lo-1024x768

画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。 今回

no__1089

ウィジェット関連のカスタマイズ・プラグイン

リンクマネージャー WordPress 3.5バージョンアップ以降にリンクマネージャーを追加するには以下のフィルタを設定もしくはプラグインをインストールして下さい。 プラグイン Link M

n__1102

RSS/Atomフィード カスタマイズ

RSSフィードのカスタマイズ 標準で出力されるフィード WordPressの各種ページで出力されるフィードは以下になると思います。 投稿:投稿のフィード @全てのページ サイトのコメント:

n__twenty-twelve

Twenty Twelve 投稿日・投稿者を非表示に

TwentyTwelveのちょっとした部分をカスタマイズする方法を紹介していきます。 また、子テーマで出力部分を変更する際に、翻訳が必要な部分//_()の部分がでてきますので、以下の投稿も参考に

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑