Twenty Fourteen 「投稿日」や"先頭固定表示"を非表示

日付を表示する部分は、全てtwentyfourteen_posted_onに集約されています。該当部分をコメントアウトしたかたちで子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。

「投稿日」が表示される場所

「投稿日」は、投稿ページと短冊ウィジェット内に表示されます。

// twentyfourteen_posted_on
#: content-aside.php content-audio.php content-gallery.php 
#: content-image.php content-link.php content-quote.php
#: content-video.php content.php
// 短冊ウィジェット
#: inc/widgets.php

「投稿日」を非表示・消す方法

スタイルシートで非表示に

非表示にする対象を選んで小テーマのstyle.cssに適用して下さい。
HTML自体は出力されますが、スタイルシートで非表示にすることも可能です。

// 投稿ページ内の「投稿日」のみ
.main-content .entry-date {    display: none;}
// 短冊ウィジェット内の「投稿日」のみ
.widget_twentyfourteen_ephemera .entry-date {    display: none;}
// 両方の「投稿日」
.entry-date {    display: none;}

テンプレートを編集して削除する

投稿ページの「投稿日」はtwentyfourteen_posted_onに集約されています。

// オリジナル twentyfourteen_posted_on in /inc/template-tags.php
// functions.php(子テーマ)に追加
function twentyfourteen_posted_on() {
    // "先頭固定表示"部分
    if ( is_sticky() && is_home() && ! is_paged() ) {
        echo '<span class="featured-post">' . __( 'Sticky', 'twentyfourteen' ) . '</span>';
    }
    // Set up and print post meta information.
    // 「投稿日」部分
    printf( '<span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%1$s" rel="author">%2$s</a></span></span>',
//      esc_url( get_permalink() ),
//      esc_attr( get_the_date( 'c' ) ),
//      esc_html( get_the_date() )
        esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) ),
        get_the_author()
    );
}

「投稿者」と同様、この方法では短冊ウィジェットの「投稿日」は削除できません。
inc/widgets.phpに記述されていますが、直書きされていますのでスタイルシートを使用した方法で非表示するのが楽だと思います。

"先頭固定表示"を非表示に

TwentyFourteenでは、投稿の「公開状態」を"この投稿を先頭に固定表示"で公開すると、メタ情報に"先頭固定表示"というタグが表示されます。
twentyfourteen-featured-post

テンプレートを修正して削除するのは、上記コード内の"先頭固定表示"部分をコメントアウトして下さい。
同様にスタイルシートで非表示にすることもできます。

// style.css(子テーマ)に追加
.featured-post {
    display: none;
}
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Twelve 投稿日・投稿者を非表示に

TwentyTwelveのちょっとした部分をカスタマイズする方法を紹介していきます。 また、子テーマで出力部分を変更する際に、翻訳が必要な部分//_()の部分がでてきますので、以下の投稿も参考に

JSやCSSに自動で付与されるバージョン番号を非表示に

Wordpressでは、JSやCSSがロードされる際にlinkタグやscriptタグ内にWordpressやプラグインもしくはスクリプトそのもののバージョン番号が付与されます。「?ver=」で検索して

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

"コメントを残す" 削除・文言を変更する方法

コメントフォームに表示される「コメントを残す」はWordPress標準で翻訳される要素です。テーマ側でカスタマイズしていない限り表示されます。 ここでは、この要素を削除したり、文言を変更する方法を紹

折りたたみ要素やタブなどをショートコードで実装できるプラグイン「Arconix Shortcodes」

「Arconix Shortcodes」は、投稿内にショートコードでいろいろな要素を実装できるプラグインです。ダウンロードはこちらからできます。ダウンロード・解凍してpluginsディレクトリにアップ

「Google Analytics for WordPress」投稿URLにやたら長いパラメータがついてしまう

Google 検索結果をみていたら、Wordpressの投稿のURLが実際のものより異様に長くなっているので何かなと思って調査してみました。 このような感じで http://kwski.net

no image

ソーシャルボタン設置 プラグイン

各種メジャーなソーシャルメディアボタンを設置できるプラグイン WP Social Bookmarking Light 国産プラグイン。国産ゆえ、はてなボタンの設置も可能 ダウンロード Twe

Google Code Prettifyを使用してソースコードを表示をしてくれる「Prettify Code Syntax」

Prettify Code Syntaxは、WordPressでGoogle Code Prettifyを使用してソースコードを表示してくれるプラグインです。 プラグインダウンロード Google

ナビゲーションメニューに検索フォームを追加

メニュー内に検索フォームを追加したいという問い合わせをいただいたので試してみました。 メニューのつくられかた まずは、WordPressでメニューがつくられる手順を説明します。 箱をつく

テーマ ブックマーク 2013

2012 フリーテーマ トップ 20 Top 20 Free WordPress Themes of 2012 http://ow.ly/wMGjZ ハイクオリティフリーテーマ 3月 20 Top

Comment

  1. twenty fourteenでカスタマイズ投稿テンプレートを作成して複数ブログを設置しているのですが、なぜか日付や投稿者などの投稿メタ情報が表示されず、あれこれ調べていたらこちらのサイトに行きつきました。
    投稿メタ情報が「twentyfourteen_posted_on」で制御されているとは盲点でした。
    この情報を参考に投稿フォーマットタイプを指定したところ無事にメタ情報が表示されました。
    ただし、なぜか投稿フォーマットタイプが「通常」の場合だけは投稿メタ情報が表示されないのですが、content-[カスタム].phpのentry-metaの中に[get_post_format_link( 'content' )」を無理やり追記したところ「通常」フォーマットタイプでも投稿メタ情報が表示されました。
    今回は非表示ではなく表示したかったのですが、こちらの情報がなければ可決できませんでした。
    的確な情報をくださり本当にありがとうございます、これからも参考にさせていただきます。

投稿・固定ページのタイトルを非表示 – 大豊@商工会テスト にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑