「タグクラウド」ウィジェット カスタマイズ

タグクラウドは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フィルターフックやプラグインを用いて表示設定や概観の変更を行うことができます。

目次

  • 出力をカスタマイズ
  • 各タグの投稿数を表示できるプラグイン「Configurable Tag Cloud」
  • タグリンクへ「nofollow」を付与
  • タグリンクに付与されるclass属性やtitle属性を除外する
  • その他プラグイン

出力をカスタマイズ

フィルターフックを使用してカスタマイズを行うことができます。パラメータは以下になります。Function Reference/wp tag cloud

// function.php(子テーマ)
add_filter( 'widget_tag_cloud_args', 'my_widget_tag_cloud_args');
function my_widget_tag_cloud_args( $args) {
    $args = array(
        'smallest'  => 10,  // 最小のフォントサイズ:8[デ]
        'largest'   => 15,  // 最大のフォントサイズ:22[デ]
        'unit'      =>      // フォントサイズ単位:'pt'[デ] CSSで使用できる単位pt, px, em, %
        'number'    => 20,  // 表示タグ数の上限:45[デ]
        'format'    =>      // 表示フォーマット:'flat'(横並び)[デ]、'list'(縦並び <li></li>)、'array'(表示されない。他のPHPコード用に使用する場合)
        'separator' =>      // 表示タグ毎の区切り '\n'[デ] (スペース)
        'orderby'   =>      // 並び替項目 'name'[デ](タグ名)、'count'(投稿数)
        'order'     =>      // 並び順 'ASC'(昇順)[デ]、'DESC'(降順)、'RAND'(ランダム)
        'exclude'   =>      // 除外するタグ 除外するタグのIDをカンマ区切りで列挙
        'include'   =>      // 表示するタグ 表示するタグのIDをカンマ区切りで列挙
        'topic_count_text_callback'  =>  //タグリンクにtitle属性を付与する関数 'default_topic_count_text'[デ](標準で"~件のトピック"と付けられます。)
        'link'      =>      // リンク先 'view'[デ](タグアーカイブページ)、'edit'(編集ページ)
        'taxonomy'  =>      // クラウドに表示する項目 'post_tag'[デ](タグ)、'category'(カテゴリー)、'link_category'(リンクカテゴリー)、'any other registered taxonomy'(全て)もしくは配列で複数指定する。
        'echo'      =>      // 表示有無 true(表示)[デ]、false(非表示:変数として使用する場合)
    );
    return $args;
}
タグのIDの確認方法

  • URLから確認:管理画面の「投稿」→「タグ」を開き、そのタグのURLのなかに「tag_ID=」に続く数字がタグのIDになります。
  • DBから確認:(wp_)termsテーブルの中身を確認。「name」で検索し、term_idがそのタグのIDになります。

各タグの投稿数を表示できるプラグイン「Configurable Tag Cloud」

よく使われそうな設定に加えてタグ付けされた投稿の数が表示できます。
#ドロップダウン表示
Configurable Tag Cloud (CTC)

タグリンクへ「nofollow」を付与

タグクラウドの各リンクにnofollowを付与します。

フィルターフックで「nofollow」を付与

function my_wp_tag_cloud( $text) {
    return str_replace( '<a href=', '<a rel="nofollow" href=', $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'my_wp_tag_cloud');

「nofollow」が付与できるプラグイン「Taxonomy List Widget」

よく使われそうな設定に加えてタグリンクにnofollowを付ける設定が可能です。
Taxonomy List Widget

タグリンクに付与されるclass属性やtitle属性を除外する

タグクラウド作成後にpreg_replaceでclass属性とtitle属性を除外します。

// class属性とtitle属性両方除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~class=\'tag-link-(\d+)\' title=\'([^\']+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');


// class属性のみ除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~class=\'tag-link-(\d+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');


// title属性のみ除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~title=\'([^\']+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');

その他プラグイン

SEO Tag Cloud Widget 各タグリンクのTitle属性にタグ名を付与する
3D Tag Cloud WP-Cirrus 3D表示・スタイリングなどができる
Ultimate Tag Cloud Widget

WordPress Plugins » Tag: tag-cloud - Recent Posts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Twelve カスタマイズ

何点かTwentyTwelveのカスタマイズについてご質問をいただきましたのでここでまとめてみます。 目次 子テーマのつくりかた 他記事へのリンク アーカイブタイトル("カテゴリー別アーカ

no image

Google+ プラスワン(+1)ボタンの設置

Google+の+1ボタンの設置はプラグインを使用しなくても容易に実装できるようです。ソーシャルボタン設置のプラグインはこちらにいちおうまとめています。 プラスワン(+1)ボタンの設置コード 公式

ウィジェット関連のカスタマイズ・プラグイン

リンクマネージャー WordPress 3.5バージョンアップ以降にリンクマネージャーを追加するには以下のフィルタを設定もしくはプラグインをインストールして下さい。 プラグイン Link M

RSS/Atomフィード カスタマイズ

RSSフィードのカスタマイズ 標準で出力されるフィード WordPressの各種ページで出力されるフィードは以下になると思います。 投稿:投稿のフィード @全てのページ サイトのコメント:

Twenty Fifteen テーマ用フォント "Noto" / "Inconsolata"の使用を止

TwentyFifteenでは、テーマ用のフォントとして「Noto」と「Inconsolata」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどのようなフォント

no image

ソーシャルボタン設置 プラグイン

各種メジャーなソーシャルメディアボタンを設置できるプラグイン WP Social Bookmarking Light 国産プラグイン。国産ゆえ、はてなボタンの設置も可能 ダウンロード Twe

Twenty Twelve "コメントをどうぞ"を消す

今回は「Twenty Twelve」で標準で投稿タイトル下に出力されるリンク"コメントをどうぞ"|"Leave a reply"を非表示にする方法を。(コメントやピンバックが1件の場合は"1件のフィー

アバターサイズの変更など Twenty Twelve 1.3での変更点

Twenty Twelve 1.3 での変更点 アバターサイズの設定ロジック変更 ヘッダ画像の設定ロジック変更 全ての変更点はこちら Changes from twentytwel

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。 General Settingsで使用する言語を選択する ★使用する言語を選択 管理画面「設定」⇒「Lang

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑