「タグクラウド」ウィジェット カスタマイズ

タグクラウドは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フィルターフックやプラグインを用いて表示設定や概観の変更を行うことができます。

目次

  • 出力をカスタマイズ
  • 各タグの投稿数を表示できるプラグイン「Configurable Tag Cloud」
  • タグリンクへ「nofollow」を付与
  • タグリンクに付与されるclass属性やtitle属性を除外する
  • その他プラグイン

出力をカスタマイズ

フィルターフックを使用してカスタマイズを行うことができます。パラメータは以下になります。Function Reference/wp tag cloud

// function.php(子テーマ)
add_filter( 'widget_tag_cloud_args', 'my_widget_tag_cloud_args');
function my_widget_tag_cloud_args( $args) {
    $args = array(
        'smallest'  => 10,  // 最小のフォントサイズ:8[デ]
        'largest'   => 15,  // 最大のフォントサイズ:22[デ]
        'unit'      =>      // フォントサイズ単位:'pt'[デ] CSSで使用できる単位pt, px, em, %
        'number'    => 20,  // 表示タグ数の上限:45[デ]
        'format'    =>      // 表示フォーマット:'flat'(横並び)[デ]、'list'(縦並び <li></li>)、'array'(表示されない。他のPHPコード用に使用する場合)
        'separator' =>      // 表示タグ毎の区切り '\n'[デ] (スペース)
        'orderby'   =>      // 並び替項目 'name'[デ](タグ名)、'count'(投稿数)
        'order'     =>      // 並び順 'ASC'(昇順)[デ]、'DESC'(降順)、'RAND'(ランダム)
        'exclude'   =>      // 除外するタグ 除外するタグのIDをカンマ区切りで列挙
        'include'   =>      // 表示するタグ 表示するタグのIDをカンマ区切りで列挙
        'topic_count_text_callback'  =>  //タグリンクにtitle属性を付与する関数 'default_topic_count_text'[デ](標準で"~件のトピック"と付けられます。)
        'link'      =>      // リンク先 'view'[デ](タグアーカイブページ)、'edit'(編集ページ)
        'taxonomy'  =>      // クラウドに表示する項目 'post_tag'[デ](タグ)、'category'(カテゴリー)、'link_category'(リンクカテゴリー)、'any other registered taxonomy'(全て)もしくは配列で複数指定する。
        'echo'      =>      // 表示有無 true(表示)[デ]、false(非表示:変数として使用する場合)
    );
    return $args;
}
タグのIDの確認方法

  • URLから確認:管理画面の「投稿」→「タグ」を開き、そのタグのURLのなかに「tag_ID=」に続く数字がタグのIDになります。
  • DBから確認:(wp_)termsテーブルの中身を確認。「name」で検索し、term_idがそのタグのIDになります。

各タグの投稿数を表示できるプラグイン「Configurable Tag Cloud」

よく使われそうな設定に加えてタグ付けされた投稿の数が表示できます。
#ドロップダウン表示
Configurable Tag Cloud (CTC)

タグリンクへ「nofollow」を付与

タグクラウドの各リンクにnofollowを付与します。

フィルターフックで「nofollow」を付与

function my_wp_tag_cloud( $text) {
    return str_replace( '<a href=', '<a rel="nofollow" href=', $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'my_wp_tag_cloud');

「nofollow」が付与できるプラグイン「Taxonomy List Widget」

よく使われそうな設定に加えてタグリンクにnofollowを付ける設定が可能です。
Taxonomy List Widget

タグリンクに付与されるclass属性やtitle属性を除外する

タグクラウド作成後にpreg_replaceでclass属性とtitle属性を除外します。

// class属性とtitle属性両方除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~class=\'tag-link-(\d+)\' title=\'([^\']+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');


// class属性のみ除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~class=\'tag-link-(\d+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');


// title属性のみ除外する
function remove_title_wp_tag_cloud( $text) {
    return preg_replace( '~title=\'([^\']+)\'~m', '',  $text);
}
add_filter( 'wp_tag_cloud', 'remove_title_wp_tag_cloud');

その他プラグイン

SEO Tag Cloud Widget 各タグリンクのTitle属性にタグ名を付与する
3D Tag Cloud WP-Cirrus 3D表示・スタイリングなどができる
Ultimate Tag Cloud Widget

WordPress Plugins » Tag: tag-cloud - Recent Posts

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

投稿タイトルのtitle属性を削除など Twenty Twelve 1.2での変更点

TwentyTwelveが1.1から1.2にアップデートされたので、いくつか変更点を洗ってみました。 (*全てを網羅しているわけではありません) 全ての変更部分は、こちらに記載されています。

no image

テーマ ブックマーク 2014

有料 技術系・ガジェットサイトテーマ 30 Blog & Magazine Style WordPress Themes for Tech & Gadget Sites

ポップアップが実装できるプラグイン「Anything popup」「Easy Modal」

ポップアップ 「Anything Popup」 「Anything popup」は、ページにポップアップが実装できるWordPressプラグインです。ポップアップ要素を投稿ページと同様に作成できるた

no image

「最近の投稿」ウィジェット カスタマイズ

目次 ウィジェットを削除 標準の設定 特定のカテゴリーに属する投稿を除外 カスタマイズ プラグイン 「最近の投稿」ウィジェットを削除 「最近の投稿」ウィジェット

「Google Analytics for WordPress」投稿URLにやたら長いパラメータがついてしまう

Google 検索結果をみていたら、Wordpressの投稿のURLが実際のものより異様に長くなっているので何かなと思って調査してみました。 このような感じで http://kwski.net

Twenty Fourteen クレジットを非表示・変更方法

Twenty Fourteenにも最下部に「Proudly powered by WordPress」というコピーライトが表示されます。それを削除もしくは変更するには、footer.phpを編集して行

Twenty Twelve サイトタイトルをテキストから画像に置き換え

ページトップに表示されるサイトタイトルをデフォルトのテキストから画像に変更します。 あらかじめ、管理画面のメディアライブラリから画像をアップロードしているもしくは別の場所に保存しているそのファイルの

サイトのキャプチャをショートコードで生成してくれる「Browser Shots」

外部のサイトを紹介する際にそのサイトのキャプチャが添えられているとイメージがつかみやすくなりクリックのモチベーションが上がるような気がします。 今回は、ショートコード一行でサイトのスクリーンショット

Twenty Thirteen テーマ用フォント "Source Sans Pro" / "Bitter"の使用を止

TwentyThirteenでは、テーマ用のフォントとして「Source Sans Pro」と「Bitter」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどの

Twenty Twelve 投稿者情報を表示/非表示に

TwentyTwelveでは、投稿ページごとに投稿者の情報を掲載することができます。他のテーマでも同様だと思います。こんな感じです。ここでは、掲載と削除の方法について記載します。 表示方法 「

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑