CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。

CakeEmailクラスの読み込み

/app/Config/bootstrap.php(全体的に使用する場合)もしくは各々の(使用する)コントロールに定義します。

App::uses( 'CakeEmail', 'Network/Email');

CakeEmailの設定

database.phpと同様、/app/Config下に設定ファイルが用意されています(email.php.default)ので、email.phpにリネームして下さい。そこに使用するメールサーバの設定を行います。以下はGmailからの送信設定を追加しています。

// /app/Config/email.php
class EmailConfig {
    public $default = array(
        ....
    );
    // Gmailを例
    public $gmail = array(
        'host' => 'ssl://smtp.gmail.com',
        'port' => 465,
        'username' => 'username@gmail.com', // ユーザ名
        'password' => 'password',           // パスワード
        'transport' => 'Smtp',
        'tls' => true
    );
    // さくらインターネットを例
    public $sakura = array(
        'host' => '______.sakura.ne.jp',  // 初期ドメイン
        'port' => 587,
        'username' => 'username@______.sakura.ne.jp', // ユーザ名:
        // 初期ドメインのメールアドレスもしくは、独自ドメインのメールアドレス
        'password' => 'password',           // メールパスワード
        'transport' => 'Smtp',
    );
}

送信処理(メール本文ベタ書き)

newでインスタンス化する際にそこで使用する設定を引数で渡します。('gmail')

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->send( 'メール本文');                             // メール送信

送信処理(メール本文をテンプレート化)

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->emailFormat( 'text');                            // フォーマット
    $email->template( 'templete');                           // テンプレートファイル
    $email->viewVars( compact( 'var1', 'var2'));             // テンプレートに渡す変数

    $email->send();                                          // メール送信
  • emailFormat
    'html'もしくは'text'を選択します。
    また、'both'と設定しtemplateをhtml・textと用意しておくとマルチパートメールを送信することも可能です。
  • template
    使用するテンプレートファイルを指定。emailFormatが
    htmlの場合 => /app/View/Emails/html下
    textの場合 => /app/View/Emails/text下
    に、.ctpで配置
  • viewVars
    テンプレートに渡す変数を必要なだけcompactして、$var1などでアクセス

「This email was sent ~」

テンプレートを使用した際にメール本文末尾に付けられる"This email was sent using the CakePHP Framework, http://cakephp.org"を消すのは、/app/View/Layouts/Emails/text/default.ctp (もしくは、/app/View/Layouts/Emails/html/default.ctp)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑