CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。

CakeEmailクラスの読み込み

/app/Config/bootstrap.php(全体的に使用する場合)もしくは各々の(使用する)コントロールに定義します。

App::uses( 'CakeEmail', 'Network/Email');

CakeEmailの設定

database.phpと同様、/app/Config下に設定ファイルが用意されています(email.php.default)ので、email.phpにリネームして下さい。そこに使用するメールサーバの設定を行います。以下はGmailからの送信設定を追加しています。

// /app/Config/email.php
class EmailConfig {
    public $default = array(
        ....
    );
    // Gmailを例
    public $gmail = array(
        'host' => 'ssl://smtp.gmail.com',
        'port' => 465,
        'username' => 'username@gmail.com', // ユーザ名
        'password' => 'password',           // パスワード
        'transport' => 'Smtp',
        'tls' => true
    );
    // さくらインターネットを例
    public $sakura = array(
        'host' => '______.sakura.ne.jp',  // 初期ドメイン
        'port' => 587,
        'username' => 'username@______.sakura.ne.jp', // ユーザ名:
        // 初期ドメインのメールアドレスもしくは、独自ドメインのメールアドレス
        'password' => 'password',           // メールパスワード
        'transport' => 'Smtp',
    );
}

送信処理(メール本文ベタ書き)

newでインスタンス化する際にそこで使用する設定を引数で渡します。('gmail')

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->send( 'メール本文');                             // メール送信

送信処理(メール本文をテンプレート化)

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->emailFormat( 'text');                            // フォーマット
    $email->template( 'templete');                           // テンプレートファイル
    $email->viewVars( compact( 'var1', 'var2'));             // テンプレートに渡す変数

    $email->send();                                          // メール送信
  • emailFormat
    'html'もしくは'text'を選択します。
    また、'both'と設定しtemplateをhtml・textと用意しておくとマルチパートメールを送信することも可能です。
  • template
    使用するテンプレートファイルを指定。emailFormatが
    htmlの場合 => /app/View/Emails/html下
    textの場合 => /app/View/Emails/text下
    に、.ctpで配置
  • viewVars
    テンプレートに渡す変数を必要なだけcompactして、$var1などでアクセス

「This email was sent ~」

テンプレートを使用した際にメール本文末尾に付けられる"This email was sent using the CakePHP Framework, http://cakephp.org"を消すのは、/app/View/Layouts/Emails/text/default.ctp (もしくは、/app/View/Layouts/Emails/html/default.ctp)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑