CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。

CakeEmailクラスの読み込み

/app/Config/bootstrap.php(全体的に使用する場合)もしくは各々の(使用する)コントロールに定義します。

App::uses( 'CakeEmail', 'Network/Email');

CakeEmailの設定

database.phpと同様、/app/Config下に設定ファイルが用意されています(email.php.default)ので、email.phpにリネームして下さい。そこに使用するメールサーバの設定を行います。以下はGmailからの送信設定を追加しています。

// /app/Config/email.php
class EmailConfig {
    public $default = array(
        ....
    );
    // Gmailを例
    public $gmail = array(
        'host' => 'ssl://smtp.gmail.com',
        'port' => 465,
        'username' => 'username@gmail.com', // ユーザ名
        'password' => 'password',           // パスワード
        'transport' => 'Smtp',
        'tls' => true
    );
    // さくらインターネットを例
    public $sakura = array(
        'host' => '______.sakura.ne.jp',  // 初期ドメイン
        'port' => 587,
        'username' => 'username@______.sakura.ne.jp', // ユーザ名:
        // 初期ドメインのメールアドレスもしくは、独自ドメインのメールアドレス
        'password' => 'password',           // メールパスワード
        'transport' => 'Smtp',
    );
}

送信処理(メール本文ベタ書き)

newでインスタンス化する際にそこで使用する設定を引数で渡します。('gmail')

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->send( 'メール本文');                             // メール送信

送信処理(メール本文をテンプレート化)

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->emailFormat( 'text');                            // フォーマット
    $email->template( 'templete');                           // テンプレートファイル
    $email->viewVars( compact( 'var1', 'var2'));             // テンプレートに渡す変数

    $email->send();                                          // メール送信
  • emailFormat
    'html'もしくは'text'を選択します。
    また、'both'と設定しtemplateをhtml・textと用意しておくとマルチパートメールを送信することも可能です。
  • template
    使用するテンプレートファイルを指定。emailFormatが
    htmlの場合 => /app/View/Emails/html下
    textの場合 => /app/View/Emails/text下
    に、.ctpで配置
  • viewVars
    テンプレートに渡す変数を必要なだけcompactして、$var1などでアクセス

「This email was sent ~」

テンプレートを使用した際にメール本文末尾に付けられる"This email was sent using the CakePHP Framework, http://cakephp.org"を消すのは、/app/View/Layouts/Emails/text/default.ctp (もしくは、/app/View/Layouts/Emails/html/default.ctp)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑