CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。

CakeEmailクラスの読み込み

/app/Config/bootstrap.php(全体的に使用する場合)もしくは各々の(使用する)コントロールに定義します。

App::uses( 'CakeEmail', 'Network/Email');

CakeEmailの設定

database.phpと同様、/app/Config下に設定ファイルが用意されています(email.php.default)ので、email.phpにリネームして下さい。そこに使用するメールサーバの設定を行います。以下はGmailからの送信設定を追加しています。

// /app/Config/email.php
class EmailConfig {
    public $default = array(
        ....
    );
    // Gmailを例
    public $gmail = array(
        'host' => 'ssl://smtp.gmail.com',
        'port' => 465,
        'username' => 'username@gmail.com', // ユーザ名
        'password' => 'password',           // パスワード
        'transport' => 'Smtp',
        'tls' => true
    );
    // さくらインターネットを例
    public $sakura = array(
        'host' => '______.sakura.ne.jp',  // 初期ドメイン
        'port' => 587,
        'username' => 'username@______.sakura.ne.jp', // ユーザ名:
        // 初期ドメインのメールアドレスもしくは、独自ドメインのメールアドレス
        'password' => 'password',           // メールパスワード
        'transport' => 'Smtp',
    );
}

送信処理(メール本文ベタ書き)

newでインスタンス化する際にそこで使用する設定を引数で渡します。('gmail')

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->send( 'メール本文');                             // メール送信

送信処理(メール本文をテンプレート化)

    $email = new CakeEmail( 'gmail');                        // インスタンス化
    $email->from( array( 'sender@domain.com' => 'Sender'));  // 送信元
    $email->to( 'reciever@domain.com');                      // 送信先
    $email->subject( 'メールタイトル');                      // メールタイトル

    $email->emailFormat( 'text');                            // フォーマット
    $email->template( 'templete');                           // テンプレートファイル
    $email->viewVars( compact( 'var1', 'var2'));             // テンプレートに渡す変数

    $email->send();                                          // メール送信
  • emailFormat
    'html'もしくは'text'を選択します。
    また、'both'と設定しtemplateをhtml・textと用意しておくとマルチパートメールを送信することも可能です。
  • template
    使用するテンプレートファイルを指定。emailFormatが
    htmlの場合 => /app/View/Emails/html下
    textの場合 => /app/View/Emails/text下
    に、.ctpで配置
  • viewVars
    テンプレートに渡す変数を必要なだけcompactして、$var1などでアクセス

「This email was sent ~」

テンプレートを使用した際にメール本文末尾に付けられる"This email was sent using the CakePHP Framework, http://cakephp.org"を消すのは、/app/View/Layouts/Emails/text/default.ctp (もしくは、/app/View/Layouts/Emails/html/default.ctp)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

複数ファイルアップロードフォーム

CakePHP 2.0からはHTML5が標準でサポートとなり、複数ファイルアップロードのためのフォーム記述が容易になりました。 View (ビュー) 配列 Array (

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑