Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ

head

<?php 
// jQuery
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => 'false'));
// Jsヘルパーが生成するJSを出力させる
echo $this->Js->writeBuffer( array( 'inline' => 'true'));
?>

ビュー (Views)

// App/Views/Ajaxs/js_submit_form.ctp
<?php
echo $this->Form->create( 'Testtable', array( 'type'=>'post'));
echo $this->Form->text( 'data');
echo $this->Js->submit( 'Update', array(
    'before'  => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeIn'),  // => beforeSend (Local Event)
    'success' => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeOut'), // => success (Local Event)
//  'error' =>                       // => error (Local Event)
//  'complete' =>                    // => complete (Local Event)
    'url' => '/js_submit',           // Ajax処理で呼び出すURL(controller/action)
    'update' => '#result-js-submit', // ajax更新の結果を出力する要素
)); 
echo $this->Form->end();
?>
<div id="sending-js-submit">updaing...</div>
<div id="result-js-submit"></div>

beforeSend (Local Event)
AJAXリクエストが送信される前に呼び出されます。必要であれば、XMLHttpRequestオブジェクトを操作して追加のheaderを付与してやるなどの処理が行えます。
success (Local Event)
通信が成功した際に呼び出されます。サーバエラーやデータエラーが発生した場合には呼ばれません。
error (Local Event)
通信が失敗した際に呼び出されます。successとerrorが同じ通信で同時に呼ばれることは、決してありません。
complete (Local Event)
通信が完了した際に、成功/失敗にかかわらず呼び出されるものです。よしんば通信が非同期であっても、この関数は実行されます。
Ajax Events

コントローラ (Controllers)

// App/Controllers/AjaxsController.php
<?php
class AjaxsController extends AppController {
    var $name = 'Ajaxs';
    var $uses = array( 'Testtable');
    var $helpers = array( 'Js');
    var $components = array( 'RequestHandler');

    function js_submit_form(){}

    function js_submit(){
        // Ajax or not
//      if (!$this->RequestHandler->isAjax()){  // 非推奨
        if (!$this->request->is('ajax')){
            $this->redirect( '/js_submit_form');
        }
        // save OK
        if ($this->Testtable->save($this->data)) {
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        // save NG
        } else {
            $this->set('valerror', $this->Testtable->validationErrors);
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        }
    }
}
?>

$this->request->is('ajax')でリクエストがAjaxかどうかを判定します。urlに'js_submit'と手入力してアクセスした場合は、'js_submit_form'へリダイレクトされます。Inspecting the request
** コントローラ内でdataに値を入れたときに"Indirect modification of overloaded property"と怒られた場合は、このへんを参照して下さい。

エレメント (Ajax処理の結果を返す)

// App/Views/Elements/Ajaxs/ajaxupdated.ctp
<?php
if (!empty( $valerror['data'])){
    for($i=0; $i<count( $valerror['data']); $i++){
        echo $valerror['data'][$i];
    }
} else {
    echo h( $this->data['Testtable']['data']);
}
** 1.3では、1つのフィールドに対して[Model]->validationErrorsに格納されるエラーメッセージは、1つのルールだけでしたが、バリデーションエラーになった全てのメッセージを返してくれるようです。配列になっています。
バリデーションエラーメッセージの取得

モデル (Models)

// App/Models/Testtable.php
<?php
class Testtable extends AppModel {
    var $name = 'Testtable';
    var $useTable = 'testtables';
    var $validate = array(
        'data' => array(
            'maxlength' => array( 
                'rule' => array( 'maxlength',255),
                'message' => 'text is too long'
            ),
            'notempty' => array(
                'rule' => array( 'notempty'),
                'message' => 'Enter text'
            ),
        ),
    );
}
?>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑