Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ

head

<?php 
// jQuery
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => 'false'));
// Jsヘルパーが生成するJSを出力させる
echo $this->Js->writeBuffer( array( 'inline' => 'true'));
?>

ビュー (Views)

// App/Views/Ajaxs/js_submit_form.ctp
<?php
echo $this->Form->create( 'Testtable', array( 'type'=>'post'));
echo $this->Form->text( 'data');
echo $this->Js->submit( 'Update', array(
    'before'  => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeIn'),  // => beforeSend (Local Event)
    'success' => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeOut'), // => success (Local Event)
//  'error' =>                       // => error (Local Event)
//  'complete' =>                    // => complete (Local Event)
    'url' => '/js_submit',           // Ajax処理で呼び出すURL(controller/action)
    'update' => '#result-js-submit', // ajax更新の結果を出力する要素
)); 
echo $this->Form->end();
?>
<div id="sending-js-submit">updaing...</div>
<div id="result-js-submit"></div>

beforeSend (Local Event)
AJAXリクエストが送信される前に呼び出されます。必要であれば、XMLHttpRequestオブジェクトを操作して追加のheaderを付与してやるなどの処理が行えます。
success (Local Event)
通信が成功した際に呼び出されます。サーバエラーやデータエラーが発生した場合には呼ばれません。
error (Local Event)
通信が失敗した際に呼び出されます。successとerrorが同じ通信で同時に呼ばれることは、決してありません。
complete (Local Event)
通信が完了した際に、成功/失敗にかかわらず呼び出されるものです。よしんば通信が非同期であっても、この関数は実行されます。
Ajax Events

コントローラ (Controllers)

// App/Controllers/AjaxsController.php
<?php
class AjaxsController extends AppController {
    var $name = 'Ajaxs';
    var $uses = array( 'Testtable');
    var $helpers = array( 'Js');
    var $components = array( 'RequestHandler');

    function js_submit_form(){}

    function js_submit(){
        // Ajax or not
//      if (!$this->RequestHandler->isAjax()){  // 非推奨
        if (!$this->request->is('ajax')){
            $this->redirect( '/js_submit_form');
        }
        // save OK
        if ($this->Testtable->save($this->data)) {
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        // save NG
        } else {
            $this->set('valerror', $this->Testtable->validationErrors);
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        }
    }
}
?>

$this->request->is('ajax')でリクエストがAjaxかどうかを判定します。urlに'js_submit'と手入力してアクセスした場合は、'js_submit_form'へリダイレクトされます。Inspecting the request
** コントローラ内でdataに値を入れたときに"Indirect modification of overloaded property"と怒られた場合は、このへんを参照して下さい。

エレメント (Ajax処理の結果を返す)

// App/Views/Elements/Ajaxs/ajaxupdated.ctp
<?php
if (!empty( $valerror['data'])){
    for($i=0; $i<count( $valerror['data']); $i++){
        echo $valerror['data'][$i];
    }
} else {
    echo h( $this->data['Testtable']['data']);
}
** 1.3では、1つのフィールドに対して[Model]->validationErrorsに格納されるエラーメッセージは、1つのルールだけでしたが、バリデーションエラーになった全てのメッセージを返してくれるようです。配列になっています。
バリデーションエラーメッセージの取得

モデル (Models)

// App/Models/Testtable.php
<?php
class Testtable extends AppModel {
    var $name = 'Testtable';
    var $useTable = 'testtables';
    var $validate = array(
        'data' => array(
            'maxlength' => array( 
                'rule' => array( 'maxlength',255),
                'message' => 'text is too long'
            ),
            'notempty' => array(
                'rule' => array( 'notempty'),
                'message' => 'Enter text'
            ),
        ),
    );
}
?>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

checkボックスを実装

selectボックスに引き続いてcheckボックスの実装方法をおさらいしてみます。 コードは、CakePHP 2と1.3両方で実装可能です。デモ モデルは、こちらも以下 CREATE TA

ハッシュ関数の選択とハッシュ化処理

CakePHPでは、ログイン時にはpasswordを自動的にハッシュ化して認証を行ってくれますが、そのパスワードを登録する際は、明示的にハッシュ化する必要があります。 ハッシュ関数の選択 ハッ

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑