Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ

head

<?php 
// jQuery
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => 'false'));
// Jsヘルパーが生成するJSを出力させる
echo $this->Js->writeBuffer( array( 'inline' => 'true'));
?>

ビュー (Views)

// App/Views/Ajaxs/js_submit_form.ctp
<?php
echo $this->Form->create( 'Testtable', array( 'type'=>'post'));
echo $this->Form->text( 'data');
echo $this->Js->submit( 'Update', array(
    'before'  => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeIn'),  // => beforeSend (Local Event)
    'success' => $this->Js->get( '#sending-js-submit')->effect( 'fadeOut'), // => success (Local Event)
//  'error' =>                       // => error (Local Event)
//  'complete' =>                    // => complete (Local Event)
    'url' => '/js_submit',           // Ajax処理で呼び出すURL(controller/action)
    'update' => '#result-js-submit', // ajax更新の結果を出力する要素
)); 
echo $this->Form->end();
?>
<div id="sending-js-submit">updaing...</div>
<div id="result-js-submit"></div>

beforeSend (Local Event)
AJAXリクエストが送信される前に呼び出されます。必要であれば、XMLHttpRequestオブジェクトを操作して追加のheaderを付与してやるなどの処理が行えます。
success (Local Event)
通信が成功した際に呼び出されます。サーバエラーやデータエラーが発生した場合には呼ばれません。
error (Local Event)
通信が失敗した際に呼び出されます。successとerrorが同じ通信で同時に呼ばれることは、決してありません。
complete (Local Event)
通信が完了した際に、成功/失敗にかかわらず呼び出されるものです。よしんば通信が非同期であっても、この関数は実行されます。
Ajax Events

コントローラ (Controllers)

// App/Controllers/AjaxsController.php
<?php
class AjaxsController extends AppController {
    var $name = 'Ajaxs';
    var $uses = array( 'Testtable');
    var $helpers = array( 'Js');
    var $components = array( 'RequestHandler');

    function js_submit_form(){}

    function js_submit(){
        // Ajax or not
//      if (!$this->RequestHandler->isAjax()){  // 非推奨
        if (!$this->request->is('ajax')){
            $this->redirect( '/js_submit_form');
        }
        // save OK
        if ($this->Testtable->save($this->data)) {
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        // save NG
        } else {
            $this->set('valerror', $this->Testtable->validationErrors);
            $this->render( '/Elements/Ajaxs/ajaxupdated','ajax');
        }
    }
}
?>

$this->request->is('ajax')でリクエストがAjaxかどうかを判定します。urlに'js_submit'と手入力してアクセスした場合は、'js_submit_form'へリダイレクトされます。Inspecting the request
** コントローラ内でdataに値を入れたときに"Indirect modification of overloaded property"と怒られた場合は、このへんを参照して下さい。

エレメント (Ajax処理の結果を返す)

// App/Views/Elements/Ajaxs/ajaxupdated.ctp
<?php
if (!empty( $valerror['data'])){
    for($i=0; $i<count( $valerror['data']); $i++){
        echo $valerror['data'][$i];
    }
} else {
    echo h( $this->data['Testtable']['data']);
}
** 1.3では、1つのフィールドに対して[Model]->validationErrorsに格納されるエラーメッセージは、1つのルールだけでしたが、バリデーションエラーになった全てのメッセージを返してくれるようです。配列になっています。
バリデーションエラーメッセージの取得

モデル (Models)

// App/Models/Testtable.php
<?php
class Testtable extends AppModel {
    var $name = 'Testtable';
    var $useTable = 'testtables';
    var $validate = array(
        'data' => array(
            'maxlength' => array( 
                'rule' => array( 'maxlength',255),
                'message' => 'text is too long'
            ),
            'notempty' => array(
                'rule' => array( 'notempty'),
                'message' => 'Enter text'
            ),
        ),
    );
}
?>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

FullCalendarを使用してカレンダーアプリケーション

カレンダーアプリケーションを作成するため、カレンダー表示できるプラグインを探索して出会ったFullcalendarを試してみました。シンプルに使用できる上に、オプションがかなり豊富です。ダウンロード

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

Cookieログイン

今回は、ログイン画面でよくみかけるクッキーログインの機能を使ってみます。 CakePHPには、Cookieコンポーネントがあります。(PHPのsetcookieメソッドのラッパー)メソッドはwr

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。 また、インライン

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑