FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがあるそうです。

「フィールド名」から

テキストボックスである特定のフィールド名が指定された場合にtype属性が付与されます。これらの属性がつくことでHTML5対応のブラウザバージョンでクライントサイドのバリデーション処理が行われるようになります。

// type="password"
// フィールド名が'password’,'passwd'もしくは'psword'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'password');
	echo $this->Form->input( 'passwd');
	echo $this->Form->input( 'psword');
// type="email"
// フィールド名が'email’のテキストボックス	
	echo $this->Form->input( 'email');
// type="tel"
// フィールド名が'tel’,'telephone'もしくは'phone'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'tel');
	echo $this->Form->input( 'telephone');
	echo $this->Form->input( 'phone');

「Formヘルパーに指定されたoptions」から

Form::inputのオプションを指定する第二引数に特定のoptionsが指定された場合は、強制的に対応するtype属性が指定されます。'options'が指定された場合は'type' => 'select' (参考)が、'cheched'が指定された場合は、'type' => 'checkbox' (参考)が設定されます。

「テーブルカラムのデータ型」から

カラムのデータ型によりフォームの要素を決定してくれます。

(この例では、認識しやすいようにフォームのフィールド名を「カラム型」名と一致させています。特別このフィールド名でないといけないというわけではありません。)

// type="text"
    echo $this->Form->input( 'char');       // テキストボックス
    echo $this->Form->input( 'varchar');    // テキストボックス
// textarea
    echo $this->Form->input( 'text');       // テキストエリア
// type="checkbox"
    echo $this->Form->input( 'boolean');    // チェックボックス
    echo $this->Form->input( 'tinyint');    // チェックボックス

    echo $this->Form->input( 'date');       // month-day-year
    echo $this->Form->input( 'datetime');   // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'timestamp');  // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'time');       // hour-min-meridian
// type="file"
    echo $this->Form->input( 'binary');     // ファイルアップロードフォーム 2.5~
// type="hidden"
    echo $this->Form->input( 'id');         // プライマリキーのカラム 例:id
// type="number" 数値入力ボックス
    echo $this->Form->input( 'integer');    // 
    echo $this->Form->input( 'decimal');    // 小数点最下位ごとにステップ
    echo $this->Form->input( 'float');      // step="any"

モデルの「バリデーション設定」から

各ルールでは、'allowEmpty'を指定しない場合、デフォルトでは「'allowEmpty' => false」で必須となりrequired属性(required="required")が付与されます。

createやendに以下のように指定すると、この必須属性が自動で追加されるのを無効にすることができます。

    echo $this->Form->create( 'Model', array( 'novalidate' => true));
もしくは
    echo $this->Form->end( 'save', array( 'formnovalidate' => true));
Formヘルパー:/lib/Cake/View/Helper/FormHelper.php
Views > Helpers > FormHelper > input
デモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑