FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがあるそうです。

「フィールド名」から

テキストボックスである特定のフィールド名が指定された場合にtype属性が付与されます。これらの属性がつくことでHTML5対応のブラウザバージョンでクライントサイドのバリデーション処理が行われるようになります。

// type="password"
// フィールド名が'password’,'passwd'もしくは'psword'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'password');
	echo $this->Form->input( 'passwd');
	echo $this->Form->input( 'psword');
// type="email"
// フィールド名が'email’のテキストボックス	
	echo $this->Form->input( 'email');
// type="tel"
// フィールド名が'tel’,'telephone'もしくは'phone'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'tel');
	echo $this->Form->input( 'telephone');
	echo $this->Form->input( 'phone');

「Formヘルパーに指定されたoptions」から

Form::inputのオプションを指定する第二引数に特定のoptionsが指定された場合は、強制的に対応するtype属性が指定されます。'options'が指定された場合は'type' => 'select' (参考)が、'cheched'が指定された場合は、'type' => 'checkbox' (参考)が設定されます。

「テーブルカラムのデータ型」から

カラムのデータ型によりフォームの要素を決定してくれます。

(この例では、認識しやすいようにフォームのフィールド名を「カラム型」名と一致させています。特別このフィールド名でないといけないというわけではありません。)

// type="text"
    echo $this->Form->input( 'char');       // テキストボックス
    echo $this->Form->input( 'varchar');    // テキストボックス
// textarea
    echo $this->Form->input( 'text');       // テキストエリア
// type="checkbox"
    echo $this->Form->input( 'boolean');    // チェックボックス
    echo $this->Form->input( 'tinyint');    // チェックボックス

    echo $this->Form->input( 'date');       // month-day-year
    echo $this->Form->input( 'datetime');   // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'timestamp');  // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'time');       // hour-min-meridian
// type="file"
    echo $this->Form->input( 'binary');     // ファイルアップロードフォーム 2.5~
// type="hidden"
    echo $this->Form->input( 'id');         // プライマリキーのカラム 例:id
// type="number" 数値入力ボックス
    echo $this->Form->input( 'integer');    // 
    echo $this->Form->input( 'decimal');    // 小数点最下位ごとにステップ
    echo $this->Form->input( 'float');      // step="any"

モデルの「バリデーション設定」から

各ルールでは、'allowEmpty'を指定しない場合、デフォルトでは「'allowEmpty' => false」で必須となりrequired属性(required="required")が付与されます。

createやendに以下のように指定すると、この必須属性が自動で追加されるのを無効にすることができます。

    echo $this->Form->create( 'Model', array( 'novalidate' => true));
もしくは
    echo $this->Form->end( 'save', array( 'formnovalidate' => true));
Formヘルパー:/lib/Cake/View/Helper/FormHelper.php
Views > Helpers > FormHelper > input
デモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。 CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Sy

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

FullCalendarを使用してカレンダーアプリケーション

カレンダーアプリケーションを作成するため、カレンダー表示できるプラグインを探索して出会ったFullcalendarを試してみました。シンプルに使用できる上に、オプションがかなり豊富です。ダウンロード

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑