FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがあるそうです。

「フィールド名」から

テキストボックスである特定のフィールド名が指定された場合にtype属性が付与されます。これらの属性がつくことでHTML5対応のブラウザバージョンでクライントサイドのバリデーション処理が行われるようになります。

// type="password"
// フィールド名が'password’,'passwd'もしくは'psword'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'password');
	echo $this->Form->input( 'passwd');
	echo $this->Form->input( 'psword');
// type="email"
// フィールド名が'email’のテキストボックス	
	echo $this->Form->input( 'email');
// type="tel"
// フィールド名が'tel’,'telephone'もしくは'phone'のテキストボックス
	echo $this->Form->input( 'tel');
	echo $this->Form->input( 'telephone');
	echo $this->Form->input( 'phone');

「Formヘルパーに指定されたoptions」から

Form::inputのオプションを指定する第二引数に特定のoptionsが指定された場合は、強制的に対応するtype属性が指定されます。'options'が指定された場合は'type' => 'select' (参考)が、'cheched'が指定された場合は、'type' => 'checkbox' (参考)が設定されます。

「テーブルカラムのデータ型」から

カラムのデータ型によりフォームの要素を決定してくれます。

(この例では、認識しやすいようにフォームのフィールド名を「カラム型」名と一致させています。特別このフィールド名でないといけないというわけではありません。)

// type="text"
    echo $this->Form->input( 'char');       // テキストボックス
    echo $this->Form->input( 'varchar');    // テキストボックス
// textarea
    echo $this->Form->input( 'text');       // テキストエリア
// type="checkbox"
    echo $this->Form->input( 'boolean');    // チェックボックス
    echo $this->Form->input( 'tinyint');    // チェックボックス

    echo $this->Form->input( 'date');       // month-day-year
    echo $this->Form->input( 'datetime');   // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'timestamp');  // month-day-year-hour-min-meridian
    echo $this->Form->input( 'time');       // hour-min-meridian
// type="file"
    echo $this->Form->input( 'binary');     // ファイルアップロードフォーム 2.5~
// type="hidden"
    echo $this->Form->input( 'id');         // プライマリキーのカラム 例:id
// type="number" 数値入力ボックス
    echo $this->Form->input( 'integer');    // 
    echo $this->Form->input( 'decimal');    // 小数点最下位ごとにステップ
    echo $this->Form->input( 'float');      // step="any"

モデルの「バリデーション設定」から

各ルールでは、'allowEmpty'を指定しない場合、デフォルトでは「'allowEmpty' => false」で必須となりrequired属性(required="required")が付与されます。

createやendに以下のように指定すると、この必須属性が自動で追加されるのを無効にすることができます。

    echo $this->Form->create( 'Model', array( 'novalidate' => true));
もしくは
    echo $this->Form->end( 'save', array( 'formnovalidate' => true));
Formヘルパー:/lib/Cake/View/Helper/FormHelper.php
Views > Helpers > FormHelper > input
デモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

ネストしたリストを出力「nestedList」

DBやJSONからデータを取得して、そのデータをもとにメニュー表示などネストしたリストを出力させたい場合に「nestedList」が便利です。 ヘルパーに渡すデータは連想配列である必要があります。(

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

バリデーション前後に処理を追加できる「beforeValidate」「afterValidate」

CakePHPでは、「beforeValidate」「afterValidate」というバリデーション処理の前後で追加の処理を実装できるコールバック関数が用意されています。 beforeVali

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑