CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。

導入

  1. ダウンロード・解凍して、「Minify」にリネームしてapp/Plugin下に配置

    app/Plugin/Minify
  2. プラグインをロード

    // app/Config/bootstrap.php
    CakePlugin::load( array( 'Minify' => array( 'routes' => true)));
    
  3. 設定

    // app/Config/core.php
    Configure::write( 'MinifyAsset', true);
    
  4. 使用するコントローラにヘルパーを指定 (全てのコントローラで使用する場合は、AppControllerで指定)

    // app/Contoller/AppController.php
    class AppController extends Controller {
        var $helpers = array( 'Minify.Minify');
    }
    
  5. ビューに読み込むCSSやJSを指定する。ひとまとめにしたいCSS(JS)を配列で指定していきます。

    // CSS
    // 例:css/bootstrap.cssとcss/bootstrap-responsive.cssをひとまとめにする
    echo $this->Minify->css( array( 'bootstrap', 'bootstrap-responsive'));
    // JS
    // 例:js/jquery.jsとjs/jquery-ui.jsをひとまとめにする
    echo $this->Minify->script( array( 'jquery', 'jquery-ui'));
    
  6. app/tmp/cache下にminifyディレクトリを作成
    minifyディレクトリのパーミッションを読み込み・書き込み可能にする必要があります。

    app/tmp/cache/minify
    

400 Bad requestへの対処

と、ここまではほとんどチュートリアルのコピペなんですが、

とエラーになってしまいます。

Cakephp -Minify 400 Bad request
を参考に以下のファイルを編集すると動作するようになります。

// app/Plugin/Minify/View/Helper/MinifyHelper.php    (77行目)
//          array_push($files, substr($this->assetUrl($asset, $options), 1));
            array_push($files, mb_substr($this->assetUrl($asset, $options), mb_strlen($this->request->webroot)));

さらに調査

サブディレクトリ構成の場合、CSSで画像パスの指定がうまくいかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

ログインに追加の条件を付与する「scope」

ユーザ登録では、仮登録処理(status=1)から送付したメール内のリンクをクリックしてもらい本登録(status=0)を行ってもらう実装をしました。仮登録の状態ではログインできないように実装するには

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

Jsヘルパーを使用してAjax更新

更新処理でページ遷移を伴う場合、ページ全体をレスポンスするのに対して、Ajax処理ではページの一部のレスポンスが可能となるためサーバからの通信量を抑えることが可能となります。デモ head

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑