CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。

導入

  1. ダウンロード・解凍して、「Minify」にリネームしてapp/Plugin下に配置

    app/Plugin/Minify
  2. プラグインをロード

    // app/Config/bootstrap.php
    CakePlugin::load( array( 'Minify' => array( 'routes' => true)));
    
  3. 設定

    // app/Config/core.php
    Configure::write( 'MinifyAsset', true);
    
  4. 使用するコントローラにヘルパーを指定 (全てのコントローラで使用する場合は、AppControllerで指定)

    // app/Contoller/AppController.php
    class AppController extends Controller {
        var $helpers = array( 'Minify.Minify');
    }
    
  5. ビューに読み込むCSSやJSを指定する。ひとまとめにしたいCSS(JS)を配列で指定していきます。

    // CSS
    // 例:css/bootstrap.cssとcss/bootstrap-responsive.cssをひとまとめにする
    echo $this->Minify->css( array( 'bootstrap', 'bootstrap-responsive'));
    // JS
    // 例:js/jquery.jsとjs/jquery-ui.jsをひとまとめにする
    echo $this->Minify->script( array( 'jquery', 'jquery-ui'));
    
  6. app/tmp/cache下にminifyディレクトリを作成
    minifyディレクトリのパーミッションを読み込み・書き込み可能にする必要があります。

    app/tmp/cache/minify
    

400 Bad requestへの対処

と、ここまではほとんどチュートリアルのコピペなんですが、

とエラーになってしまいます。

Cakephp -Minify 400 Bad request
を参考に以下のファイルを編集すると動作するようになります。

// app/Plugin/Minify/View/Helper/MinifyHelper.php    (77行目)
//          array_push($files, substr($this->assetUrl($asset, $options), 1));
            array_push($files, mb_substr($this->assetUrl($asset, $options), mb_strlen($this->request->webroot)));

さらに調査

サブディレクトリ構成の場合、CSSで画像パスの指定がうまくいかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

多言語サイト向けに翻訳ファイルを使って翻訳を行う

CakePHPには、翻訳をビヘイビアを使用する方法と翻訳ファイルを使用する方法の2つがあるそうです。(他にもあるのかな?) 今回は、翻訳ファイルを使用して言語の切り替えを行い、その言語設定をCook

RSSフィードの取得

コンロトーラ public function getrssfeed() { try { $newsItems = $this->Rss->read( 'http://

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

CakeEmailでメール送信(@gmail)

CakePHP 2になって追加されたクラスCakeEmailがシンプルに使えます。これを使用してメール送信を行う処理を実装してみました。 CakeEmailクラスの読み込み /app/Config

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑