ページ内のフォントサイズを変更してくれる「Text Resizer」

jQuery Text Resizer Pluginは、ページ内のフォントサイズを変更してくれるjQueryプラグインです。要素を限定してリサイズすることも可能です。jquery.cookie.jsを使用して設定はCookieに保持され、次回訪問時にも設定が引き継がれて表示してくれます。デモ

スクリプト

<script src="jquery.js" type="text/javascript"></script>
<script src="jquery.cookie.js" type="text/javascript"></script>
<script src="jquery.textresizer.js" type="text/javascript"></script>

実装

// リサイズ用リンクボタン
<div id="textsizer">
    <p>文字サイズ:<p>
    <ul class="textresizer">
        <li><a href="#">S</a></li>
        <li><a href="#">M</a></li>
        <li><a href="#">L</a></li>
        <li><a href="#">XL</a></li>
    </ul>
</div>

// 対象要素
<div id="div815">
テキスト
</div>

<script type="text/javascript">
jQuery(document).ready( function() {
    jQuery( "#textsizer a" ).textresizer({
        target: "#div815",                       // 対象要素
        type: "fontSize",                        // サイズ指定方法
        sizes: [ "11px", "13px", "15px", "17px"],// フォントサイズ
        selectedIndex: 1                         // 初期表示
    });
});
</script>

リサイズ用のボタンのスタイルは本家サイトのものそのままです。

<style>
ul.textresizer {
	list-style: none;	display: inline;	margin: 0px;	padding: 0px;
}
ul.textresizer li {
	display: inline;	margin: 0px;	margin-right: 5px;	padding: 0px;
}
ul.textresizer a {
	border: solid 1px #999;	padding: 2px 3px;	font-weight: bold;	text-decoration: none;
}
ul.textresizer a:hover {
	background: #e5e5e5;	border: solid 1px #cccccc;
}
ul.textresizer .small-text {
	font-size: 11px;
}
ul.textresizer .medium-text {
	font-size: 13px;
}
ul.textresizer .large-text {
	font-size: 15px;
}
ul.textresizer .larger-text {
	font-size: 17px;
}
/* Style of active button */
ul.textresizer a.textresizer-active {
	border: solid 1px #2B562B;	background: #FFCA6F;	color: #000000;
}
/* End of Text Resizer Buttons */
</style>
他プラグイン
jFontSize  Font Sizer
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

シンプルにモーダルウィンドウを実装できる「leanModal」

「leanModal」は、シンプルにモーダルウィンドウを設置できるjQueryプラグインです。オプションは少なめですが、複雑な機能は必要なく単に設置したいという場合にはもってこいのライブラリだと思いま

no image

スワイプ対応の画像スライダー・ギャラリー用プラグイン

画像スライダー(ギャラリー)を作成してくれるjQueryプラグインの中からスワイプ操作で画像をスライドできるものをいくつか集めてみました。 シンプルでカスタマイズ豊富なスライダー用プラグイン「b

親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズ「FitText」

「FitText」は親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズしくれるjQueryプラグインです。ダウンロード | デモ スクリプト 実装 responsive_head

select(list)ボックスを左右に並べて視覚的に使いやすくしてくれる「Multiselect」

「Multiselect」は、selectボックスを左右に配置して、選択したもの・していないものを左右に分けてくれるjQueryプラグインです。視覚的に使いやすくしてくれます。ダウンロードはこちら

no image

テキストエリアを自動的にリサイズしてくれる「Autosize」

「Autosize」は、テキストエリアのサイズを入力文字数によって自動的に変更してくれるjQueryプラグインです。標準では、枠を超える文字数を入力するとスクロールバーが表示されますが、かわりに建増し

タブを画面サイズによってアコーディオンにしてくれる「Easy Responsive Tabs to Accordion」

「Easy Responsive Tabs to Accordion」はタブ表示を画面サイズによって折りたたみのアコーディオン形式に変換してくれるjQueryプラグインです。 デフォルトでは、768

入力テキストの文字数をカウントしてくれる「Textchange」

Twitterのようにinputやtextareaに入力した際に、文字数をカウント(ダウン)してくれるとユーザの利便性が上がります。今回使用したTextChangeは、それ以外にも入力のイベントに対し

カルーセル プラグイン

「カルーセル(Carousel)」とは"回転木馬"という意味らしいのですが、jQuery(Javascript)では画像やコンテンツをスライド表示させるもののようです。が、スライダーとの違いはよく分り

実装方法が選べるツールチップ用プラグイン「Smallipop」

Smallipopは、ツールチップの実装をマークアップベース(HTMLに書き出し)とJavascriptベース両方で行えるjQueryプラグインです。世の中この手のツールは結構片方でのみだったりします

クレジットカード番号のバリデーションとカード会社を特定してくれる「jQuery Credit Card Validator」

「jQuery Credit Card Validator」は、クレジットカード番号のバリデーションを行ってくれるjQueryプラグインです。入力したカード番号の検証とそれに基づいてカード会社の表示を

Comment

【jQuery編】WEBのコーディングでググって調べた基礎の基礎のまとめ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑