プラグイン関連のJSやCSSの読み込みをフィルター

プラグインをインストールしていくとheadやfooter内がCSSやJSで溢れていきます。できるだけ、自分で書けるものに関しては、余計なコールが少なくなるので可能な場合はそうしていますが(そうもいかず)。そこで、できるだけ余計な読み込みを減らすためプラグインごとにハックしていきたいと思います。

「Contact Form 7」

バージョン:3.8.1
「Contact Form 7」は"お問い合わせ"ページによく使用されているプラグインだと思いますが、標準で以下の3つのCSSやJSが読み込まれるはずです。

  • plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css
  • plugins/contact-form-7/includes/js/jquery.form.min.js
  • plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js

これらは、プラグイン機能を使用しないページ、例えば投稿ページ単体などでも読み込まれてしまいます。(投稿ページにもフォームを設けている場合は、該当しません。)これはプラグイン側が自分がこのページで使われるかどうか判断できないため、すべてのページで読み込まれるようになっています。余計ですよね。
以下のコードをfunctions.phpに追加することで、必要なページのみで読み込ませるようにすることができます。
下の例では、/contactページのみに適用していますが、複数ある場合は、if内にurlをorで追加して下さい。

function my_contact_enqueue_scripts(){
    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_scripts');
    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_styles');
    // 固定ページのスラッグが'contact'のページのみjsやcssを読み込む
    if ( is_page( 'contact')) {
        do_action( 'wpcf7_enqueue_scripts');
        do_action( 'wpcf7_enqueue_styles');
    }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_contact_enqueue_scripts');

「qTranslate」

こちらを参照

「SyntaxHighlighter Evolved」

バージョン 3.1.7

バージョン番号を出力させない。

何も出力されていないので消すことに。

<style id="syntaxhighlighteranchor" type="text/css"></style>

syntaxhighlighter.phpの63,64行目をコメントアウト

<?php
//  add_action( 'wp_head',    array( &$this, 'output_header_placeholder' ), 15 );
//  add_action( 'admin_head', array( &$this, 'output_header_placeholder' ), 15 );
?>

JSやCSSに付与されるバージョン番号を出力させない。

syntaxhighlighter.phpの116行目をコメントアウト

<?php
//  $this->agshver  = '3.0.83c';
?>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

テーマ ブックマーク 2013

2012 フリーテーマ トップ 20 Top 20 Free WordPress Themes of 2012 http://ow.ly/wMGjZ ハイクオリティフリーテーマ 3月 20 Top

no image

Google+ プラスワン(+1)ボタンの設置

Google+の+1ボタンの設置はプラグインを使用しなくても容易に実装できるようです。ソーシャルボタン設置のプラグインはこちらにいちおうまとめています。 プラスワン(+1)ボタンの設置コード 公式

画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。 今回

Twenty Fourteen "コメントをどうぞ"の非表示と変更方法

Twenty Fourteenでは、デフォルトで投稿ページと各アーカイブページの各投稿のメタ情報欄に「コメントをどうぞ」というコメントフォームへのリンクが設置されます。 それぞれ、コメントが0件の場

Twenty Twelve 投稿者情報を表示/非表示に

TwentyTwelveでは、投稿ページごとに投稿者の情報を掲載することができます。他のテーマでも同様だと思います。こんな感じです。ここでは、掲載と削除の方法について記載します。 表示方法 「

投稿記事から「(ログイン)ユーザー名」がバレるのを防ぐ

ここ最近、アカウント乗っ取りやセキュリティ事故関連のニュースが相次いでいますが、WordPressで制作されたサイトも標的に会っているようです。一般的な手法としては「ブルートフォースアタック」という手

翻訳ファイルの子テーマ化

子テーマでfunctions.phpなどを変更していくと翻訳すべき項目にぶつかっていくと思います。例を挙げると_()の部分で、Wordpressが翻訳を行ってくれる部分です。 個人的には、日本語

titleタグ(wp_title) カスタマイズ

SEO対策を行う際に、titleタグは重要な要素だと言われています。 「サイトのタイトル」、「キャッチフレーズ」(site_description)、「カテゴリー名」など色々と組み合わせてみることが

Twenty Fifteen テーマ用フォント "Noto" / "Inconsolata"の使用を止

TwentyFifteenでは、テーマ用のフォントとして「Noto」と「Inconsolata」というフォントをGoogleフォントから引っ張ってきて使用されるようです。 ちなみにどのようなフォント

Twenty Fourteenカスタマイズ用プラグインと派生テーマ

WordPressの現在のデフォルトテーマ「Twenty Fourteen」のカスタマイズに便利なプラグインと、「Twenty Fourteen」をもとに作成されたテーマのまとめです。 カスタマ

Comment

  1. "Contact Form 7

    Contact Form 7 バージョン:3.3.2

    「Contact Form 7」は”お問い合わせ”ページによく使用されているプラグインだと思いますが、標準で以下の3つのCSSやJSが読み込まれるはずです。

    plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css
    plugins/contact-form-7/includes/js/jquery.form.min.js
    plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js

    これらは、プラグイン機能を使用しないページ、例えば投稿ページ単体などでも読み込まれてしまいます。(投稿ページにもフォームを設けている場合は、該当しません。)これはプラグイン側が自分がこのページで使われるかどうか判断できないため、すべてのページで読み込まれるようになっています。余計ですよね。
    以下のコードをfunctions.phpに追加することで、必要なページのみで読み込ませるようにすることができます。
    下の例では、/contactページのみに適用していますが、複数ある場合は、if内にurlをorで追加して下さい。
    1
    2
    3
    4
    5
    6

    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_scripts' )

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑