プラグイン関連のJSやCSSの読み込みをフィルター

プラグインをインストールしていくとheadやfooter内がCSSやJSで溢れていきます。できるだけ、自分で書けるものに関しては、余計なコールが少なくなるので可能な場合はそうしていますが(そうもいかず)。そこで、できるだけ余計な読み込みを減らすためプラグインごとにハックしていきたいと思います。

「Contact Form 7」

バージョン:3.8.1
「Contact Form 7」は"お問い合わせ"ページによく使用されているプラグインだと思いますが、標準で以下の3つのCSSやJSが読み込まれるはずです。

  • plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css
  • plugins/contact-form-7/includes/js/jquery.form.min.js
  • plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js

これらは、プラグイン機能を使用しないページ、例えば投稿ページ単体などでも読み込まれてしまいます。(投稿ページにもフォームを設けている場合は、該当しません。)これはプラグイン側が自分がこのページで使われるかどうか判断できないため、すべてのページで読み込まれるようになっています。余計ですよね。
以下のコードをfunctions.phpに追加することで、必要なページのみで読み込ませるようにすることができます。
下の例では、/contactページのみに適用していますが、複数ある場合は、if内にurlをorで追加して下さい。

function my_contact_enqueue_scripts(){
    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_scripts');
    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_styles');
    // 固定ページのスラッグが'contact'のページのみjsやcssを読み込む
    if ( is_page( 'contact')) {
        do_action( 'wpcf7_enqueue_scripts');
        do_action( 'wpcf7_enqueue_styles');
    }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_contact_enqueue_scripts');

「qTranslate」

こちらを参照

「SyntaxHighlighter Evolved」

バージョン 3.1.7

バージョン番号を出力させない。

何も出力されていないので消すことに。

<style id="syntaxhighlighteranchor" type="text/css"></style>

syntaxhighlighter.phpの63,64行目をコメントアウト

<?php
//  add_action( 'wp_head',    array( &$this, 'output_header_placeholder' ), 15 );
//  add_action( 'admin_head', array( &$this, 'output_header_placeholder' ), 15 );
?>

JSやCSSに付与されるバージョン番号を出力させない。

syntaxhighlighter.phpの116行目をコメントアウト

<?php
//  $this->agshver  = '3.0.83c';
?>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

開発やテストに便利なプラグイン

開発やカスタマイズに使えそうなプラグインを集めてみました。 テーマのカスタマイズには、使用中のテンプレートファイルなどを表示してくれると便利ですね。個人的には、テーマ開発の際に、実行しているSQ

コメント欄停止・コメント削除

WordPressでは標準でコメント機能が付いてきます。この投稿ではコメント機能の停止や既に投稿されたコメントを削除する方法を紹介します。 設定による停止方法 新規の投稿に関してコメントを停止

Twenty Twelve 投稿者情報を表示/非表示に

TwentyTwelveでは、投稿ページごとに投稿者の情報を掲載することができます。他のテーマでも同様だと思います。こんな感じです。ここでは、掲載と削除の方法について記載します。 表示方法 「

Twenty Twelve カスタマイズ

何点かTwentyTwelveのカスタマイズについてご質問をいただきましたのでここでまとめてみます。 目次 子テーマのつくりかた 他記事へのリンク アーカイブタイトル("カテゴリー別アーカ

画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。 今回

ie.cssの子テーマ化など Twenty Twelve 1.1での変更点

TwentyTwelveが1.0から1.1にアップデートされたので、勉強もかねていくつか変更点を洗ってみました。 ie.cssを外出し pubdateの削除 rel="generator"

no image

「最近の投稿」ウィジェット カスタマイズ

目次 ウィジェットを削除 標準の設定 特定のカテゴリーに属する投稿を除外 カスタマイズ プラグイン 「最近の投稿」ウィジェットを削除 「最近の投稿」ウィジェット

「タグクラウド」ウィジェット カスタマイズ

タグクラウドは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フィルターフックやプラグインを用いて表示設定や概観の変更を行うことができます。 目次 出力をカスタマイズ 各タグの

ツールチップ実装プラグイン「WordPress Tooltip」

「WordPress Tooltip」は、WordPressにツールチップを実装できるプラグインです。jQueryプラグイン「TipTip」を組み込んでいます。プラグインページの対応バージョンは古めで

jQueryをCDNから読み込む

WordPressではデフォルトでjQueryライブラリが同梱されています。この記事では、それをやめて、CDNから読み込み、使用する方法を解説します。 WordPress 3.6 3.9 4.0

Comment

  1. "Contact Form 7

    Contact Form 7 バージョン:3.3.2

    「Contact Form 7」は”お問い合わせ”ページによく使用されているプラグインだと思いますが、標準で以下の3つのCSSやJSが読み込まれるはずです。

    plugins/contact-form-7/includes/css/styles.css
    plugins/contact-form-7/includes/js/jquery.form.min.js
    plugins/contact-form-7/includes/js/scripts.js

    これらは、プラグイン機能を使用しないページ、例えば投稿ページ単体などでも読み込まれてしまいます。(投稿ページにもフォームを設けている場合は、該当しません。)これはプラグイン側が自分がこのページで使われるかどうか判断できないため、すべてのページで読み込まれるようになっています。余計ですよね。
    以下のコードをfunctions.phpに追加することで、必要なページのみで読み込ませるようにすることができます。
    下の例では、/contactページのみに適用していますが、複数ある場合は、if内にurlをorで追加して下さい。
    1
    2
    3
    4
    5
    6

    remove_action( 'wp_enqueue_scripts', 'wpcf7_enqueue_scripts' )

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑