レスポンシブに対応したテーブルを実装できる「FooTable」

「FooTable」は、画面の大きさに合わせて表示をかえてくれるテーブルを実装できるjQueryプラグインです。かなり、シンプルに実装できます。ダウンロード

#v2にアップデートされたため刷新しました @2013/08/30

Footable (v2)

  • レスポンシブ対応テーブル
  • ソート
  • フィルタ
  • ページネーション

など

スクリプト

<link href= "css/footable.core.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<script src="jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/footable.js" type="text/javascript"></script>

スタイルのテーマが用意されています。standaloneもしくはmetroをインクルードして下さい。

<!-- テーマスタイル -->
<link href= "css/footable.standalone.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<!--<link href= "css/footable.metro.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">-->

実装

<table class="footable">
<thead><tr>
    <th data-class="expand">Name</th>
    <th data-hide="phone,tablet">Phone</th>
    <th data-hide="phone">Email</th>
</tr></thead>
<tbody>
    <tr><td>Bob Builder</td><td>555-12345</td><td>bob@home.com</td></tr>
    <tr><td>BridgetJones</td><td>544-776655</td><td>bjones@mysite.com</td></tr>
    <tr><td>TomCruise</td><td>555-99911</td><td>cruise1@crazy.com</td></tr>
</tbody>
</table>

ブレイクポイントの設定

表示形式とそれに対するカラムの表示有無を自由に設定できます。例では、 "phone"、"tablet"、その他の3つで境界(breakpoint)を設定します。thのdata-hideで表示しない形式(phoneやtablet)を指定します。breakpointで指定した幅よりも小さい場合に隠れるようになります。

<script type="text/javascript">
$(function() {
    $('.footable').footable({
        breakpoints: {
            phone: 640,
            tablet: 1024
        }
    });
});
</script>

デモ

FooTable サンプル
*ブラウザを小さくしてみて確認してください。

ソート機能アドオン

以下のスクリプトを追加で読み込みます。デモ

<script src="js/footable.sort.js" type="text/javascript"></script>

読み込むだけで自動的にソート機能を実装してくれます。

  • <table>にdata-sort="false":特定のテーブルでソート機能を無効化
  • <th>にdata-sort-initial="true":オープン時にそのカラムでソートして表示
  • <th>にdata-sort-ignore="true":そのカラムでのソートを無効化
  • <th>にdata-type="numeric":数値でソートを実施

フィルター検索機能アドオン

以下のスクリプト1つを追加で読み込みます。デモ

<script src="js/footable.filter.js" type="text/javascript"></script>

あとは、対象テーブルにdata-filter="inputフィールドのID"を指定して下さい。(下の例だと#filter)

<input id="filter" type="text"><!-- 入力テキストボックス-->
<table class="footable" data-filter="#filter">
...
</table>
  • <table>にdata-filter-minimum="3":フィルタ検索かける(最低)文字数 [デフォルト:2]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Bootstrap Modal + 拡張機能が実装できるプラグイン(Bootstrap 2)

Twitter Bootstrap Modalは、標準のモーダルウィンドウに様々な機能を追加することができます。 Twitter Bootstrap純正スクリプト ダウンロード / サイト

入力数値の桁区切り挿入

ユーザに数値を入力してもらう際に区切りを入れるようにすると入力ミスを少なくすることができます。このソースは、SugarJSというものから拝借して少し改変しています。 実装 fu

no image

色々なタイプの画像ギャラリーが実装できる「Rondell」

「Rondell」は、様々なタイプの画像ギャラリーを実装してくれるjQueryプラグインです。 カルーセル・スライダー・ギャラリーなど一通り実装可能です。 ダウンロード 本家デモ

ナビゲーションメニューを画面サイズによってドロップダウンにしてくれる「TinyNav.js」

「TinyNav.js」はナビゲーションメニューを画面サイズがある以下になるとドロップダウンにしてくれるjQueryプラグインです。 スクリプト 実装 スタイルシート

no image

ローソク足チャート「jqPlot」

「ローソク足チャート」は株価の4本値を表示するグラフでよく使われるグラフです。 一つのプロットでOHLC(Open, High, Low, Close) それぞれ、Openは始値、Highは高値、

レスポンシブ対応の画像スライダー・ギャラリー用プラグイン

画像スライダー(ギャラリー)を作成してくれるjQueryプラグインの中からレスポンシブ対応のものをいくつか集めてみました。 シンプルでカスタマイズ豊富なスライダー用プラグイン「bxSlide

画像ズーム プラグイン

画像をズームしてくれるプラグインには、ツールチップ的にサムネイルにマウスオーバーした部分をズームアップしたり元画像を表示したり、その画像内でインナーズームする というような機能があるようです。

親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズ「FitText」

「FitText」は親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズしくれるjQueryプラグインです。ダウンロード | デモ スクリプト 実装 responsive_head

no image

テキストエリアを自動的にリサイズしてくれる「Autosize」

「Autosize」は、テキストエリアのサイズを入力文字数によって自動的に変更してくれるjQueryプラグインです。標準では、枠を超える文字数を入力するとスクロールバーが表示されますが、かわりに建増し

Wysiwygエディタ用プラグイン「CKEditor」

「CKEditor」は、Wysiwygエディタを実装できるプラグインです。 ダウンロード | デモ スクリプト 実装 文字数・単語数のカウント表

Comment

  1. 「FooTable」は、画面の大きさに合わせて表示をかえてくれるテーブルを実装できるjQueryプラグインです。かなり、シンプルに実装できます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑