画像マウスオーバーでキャプションを表示

wp-dark-lo-1024x768

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。

今回、キャプションをあらかじめ非表示にしておいてマウスオーバーすると表示されるような実装をしてみました。プラグインを探してみたのですがいい感じのものが見つけれなかった。(ご存知であれば、ご教授いただければと)

まずはキャプションの表示のされ方

ショートコードは以下のようなフォーマットになります。

[caption id="attachment_25" align="alignnone" width="300"]
<a href="画像URL">
    <img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a> キャプション
[/caption]

このショートコードからデフォルトでは以下のように出力されます。

<div id="attachment_[id]" style="width: [画像幅+10px]" class="wp-caption alignnone">
<a href="画像URL" data-slb-group="66" data-slb-active="1" data-slb-internal="0">
<img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a>
<p class="wp-caption-text">キャプション</p>
</div>

3.9からはHTML5対応され、以下のように出力することも可能になりました。

<figure id="attachment_[id]" style="width: [画像幅];" class="wp-caption alignnone">
<a href="画像URL" data-slb-group="66" data-slb-active="1" data-slb-internal="0">
<img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a>
<figcaption class="wp-caption-text">キャプション</figcaption>
</figure>

figureタグの説明と対応ブラウザのバージョンはこちら HTML <figure> Tag

キャプションショートコードをHTML5対応にする

テーマによっては、(functions.phpなどで)追加してくれているものが増えてきています。

追加する場合は、finctions.phpに以下を追加して下さい。

add_action( 'after_setup_theme', 'my_theme_support');
function my_theme_support(){
    add_theme_support( 'html5', array(
        'caption',
    ));
}

+10pxの余白を除去

キャプション挿入のショートコードを使用した際に画像の右側に10pxついてしまうのでつけないようにしました。気になるようであれば、以下そのまま子テーマのfunctions.phpに追記してください。

function remove_caption_padding( $width) {
    return $width - 10;
}
add_filter( 'img_caption_shortcode_width', 'remove_caption_padding');

本題ですが、2パターン試してみました。
それぞれデモを用意してので試してみて下さい。

1.画像をずらしてキャプションを挿入

画像にマウスオーバーすると全体が上にスライドしてキャプションが見えるようになります。デモ

/* caption.css  */
.wp-caption {
    position: relative;  overflow: hidden;
}
.wp-caption p.wp-caption-text {
    background-color: #111;  color: #EEE;
    padding: 5px 10px;  margin: 0px;
}
// caption.js
jQuery(document).ready(function($) {
    $('div.wp-caption').each(function(i) {
        var img_ = $('img', this);
        var img_height = img_.attr('height');
        var p_height = $('p', this).outerHeight();
        $(this).height(img_height);
        $(this).hover(function() {
            img_.animate({marginTop : -p_height}, 500);
        }, function() {
            img_.animate({marginTop : '0'}, 500);
        });
    });
});

2.画像上にキャプションを挿入

画像にマウスオーバーすると、画像上にキャプションを表示します。デモ

/* caption.css  */
.wp-caption {
    position: relative; overflow: hidden;
}
.wp-caption p.wp-caption-text {
    background: none repeat scroll 0 0 #111111;  color: #EEE;  opacity: 0.8;
    padding: 5px 10px;  margin: 0;
}
// caption.js
jQuery(document).ready(function($) {
    $('div.wp-caption').each(function(i) {
        var p_ = $('p', this);
        var img_ = $('img', this);
        var img_height = img_.attr('height');
        var p_height = $('p', this).outerHeight();
        $(this).height(img_height);
        $(this).hover(function() {
            p_.animate({marginTop : -p_height}, 500);
        }, function() {
            p_.animate({marginTop : '0'}, 500);
        });
    });
});

実装方法

以下は、caption1.cssとcaption1.jsをそれぞれテーマフォルダ下/cssフォルダ、/jsフォルダに配置したファイルを読み込む例です。functions.phpに追記して下さい。独自のCSSやJSを読み込む
CSSの方は、中身をstyle.cssに追加する方法でもいいです。

function wp_caption_scripts() {
    wp_enqueue_style(  'caption-slide-css', get_stylesheet_directory_uri() . '/css/caption1.css', false, null );
    wp_enqueue_script( 'caption-slide-js',  get_stylesheet_directory_uri() . '/js/caption1.js', null, null, true );
}
add_action( 'wp_print_scripts', 'wp_caption_scripts');
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

wp-dark-lo-1024x768

翻訳ファイルの子テーマ化

子テーマでfunctions.phpなどを変更していくと翻訳すべき項目にぶつかっていくと思います。例を挙げると_()の部分で、Wordpressが翻訳を行ってくれる部分です。 個人的には、日本語

n__0752

Twenty Eleven カスタマイズ

目次 author-info 消す 作成者(投稿者)を消す 投稿者情報を表示しない proudly powered by wordpressのリンクをコピーライトに変更

no image

スライダー・ギャラリー プラグイン

WordPressにギャラリーが実装できるプラグインをまとめてみました。 順番はオススメ順です。 Simple Responsive Slider #ショートコード #テンプレート #ウ

no image

パーマリンク・スラッグなどURL カスタマイズ

管理画面からの設定 管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」で以下の設定が可能です。 共通設定 色々なタグの組み合わせで、URLをカスタマイズできます。 パーマリンク設定の画面に利用可

wp-dark-lo-1024x768

多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。 General Settingsで使用する言語を選択する ★使用する言語を選択 管理画面「設定」⇒「Lang

TwentyFourteen

Twenty Fourteen 「投稿日」や"先頭固定表示"を非表示

日付を表示する部分は、全てtwentyfourteen_posted_onに集約されています。該当部分をコメントアウトしたかたちで子テーマのfunctions.phpに追加して下さい。 「投稿日

wp-1086

コメントフォーム・リストのカスタマイズ

コメント投稿部分は、基本的にはどのテーマでも同じフォームを出力してテーマのstyle.cssで外観を変えています。コメントフォーム欄をカスタマイズするには、プラグインもしくはフックを用いてカスタマイズ

n__twenty-twelve

Twenty Twelve 投稿日・投稿者を非表示に

TwentyTwelveのちょっとした部分をカスタマイズする方法を紹介していきます。 また、子テーマで出力部分を変更する際に、翻訳が必要な部分//_()の部分がでてきますので、以下の投稿も参考に

n__804

"コメントを残す" 削除・文言を変更する方法

コメントフォームに表示される「コメントを残す」はWordPress標準で翻訳される要素です。テーマ側でカスタマイズしていない限り表示されます。 ここでは、この要素を削除したり、文言を変更する方法を紹

TwentyFourteen

Twenty Fourteenカスタマイズ用プラグインと派生テーマ

WordPressの現在のデフォルトテーマ「Twenty Fourteen」のカスタマイズに便利なプラグインと、「Twenty Fourteen」をもとに作成されたテーマのまとめです。 カスタマ

Comment

  1. WordPress | 画像マウスオーバーでキャプションを表示

    メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にそ... http://t.co/3nzrJDbAqf

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑