画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。

今回、キャプションをあらかじめ非表示にしておいてマウスオーバーすると表示されるような実装をしてみました。プラグインを探してみたのですがいい感じのものが見つけれなかった。(ご存知であれば、ご教授いただければと)

まずはキャプションの表示のされ方

ショートコードは以下のようなフォーマットになります。

[caption id="attachment_25" align="alignnone" width="300"]
<a href="画像URL">
    <img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a> キャプション
[/caption]

このショートコードからデフォルトでは以下のように出力されます。

<div id="attachment_[id]" style="width: [画像幅+10px]" class="wp-caption alignnone">
<a href="画像URL" data-slb-group="66" data-slb-active="1" data-slb-internal="0">
<img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a>
<p class="wp-caption-text">キャプション</p>
</div>

3.9からはHTML5対応され、以下のように出力することも可能になりました。

<figure id="attachment_[id]" style="width: [画像幅];" class="wp-caption alignnone">
<a href="画像URL" data-slb-group="66" data-slb-active="1" data-slb-internal="0">
<img src="画像URL" alt="キャプション" width="画像幅" height="画像高" class="size-medium wp-image-[id]" />
</a>
<figcaption class="wp-caption-text">キャプション</figcaption>
</figure>

figureタグの説明と対応ブラウザのバージョンはこちら HTML <figure> Tag

キャプションショートコードをHTML5対応にする

テーマによっては、(functions.phpなどで)追加してくれているものが増えてきています。

追加する場合は、finctions.phpに以下を追加して下さい。

add_action( 'after_setup_theme', 'my_theme_support');
function my_theme_support(){
    add_theme_support( 'html5', array(
        'caption',
    ));
}

+10pxの余白を除去

キャプション挿入のショートコードを使用した際に画像の右側に10pxついてしまうのでつけないようにしました。気になるようであれば、以下そのまま子テーマのfunctions.phpに追記してください。

function remove_caption_padding( $width) {
    return $width - 10;
}
add_filter( 'img_caption_shortcode_width', 'remove_caption_padding');

本題ですが、2パターン試してみました。
それぞれデモを用意してので試してみて下さい。

1.画像をずらしてキャプションを挿入

画像にマウスオーバーすると全体が上にスライドしてキャプションが見えるようになります。デモ

/* caption.css  */
.wp-caption {
    position: relative;  overflow: hidden;
}
.wp-caption p.wp-caption-text {
    background-color: #111;  color: #EEE;
    padding: 5px 10px;  margin: 0px;
}
// caption.js
jQuery(document).ready(function($) {
    $('div.wp-caption').each(function(i) {
        var img_ = $('img', this);
        var img_height = img_.attr('height');
        var p_height = $('p', this).outerHeight();
        $(this).height(img_height);
        $(this).hover(function() {
            img_.animate({marginTop : -p_height}, 500);
        }, function() {
            img_.animate({marginTop : '0'}, 500);
        });
    });
});

2.画像上にキャプションを挿入

画像にマウスオーバーすると、画像上にキャプションを表示します。デモ

/* caption.css  */
.wp-caption {
    position: relative; overflow: hidden;
}
.wp-caption p.wp-caption-text {
    background: none repeat scroll 0 0 #111111;  color: #EEE;  opacity: 0.8;
    padding: 5px 10px;  margin: 0;
}
// caption.js
jQuery(document).ready(function($) {
    $('div.wp-caption').each(function(i) {
        var p_ = $('p', this);
        var img_ = $('img', this);
        var img_height = img_.attr('height');
        var p_height = $('p', this).outerHeight();
        $(this).height(img_height);
        $(this).hover(function() {
            p_.animate({marginTop : -p_height}, 500);
        }, function() {
            p_.animate({marginTop : '0'}, 500);
        });
    });
});

実装方法

以下は、caption1.cssとcaption1.jsをそれぞれテーマフォルダ下/cssフォルダ、/jsフォルダに配置したファイルを読み込む例です。functions.phpに追記して下さい。独自のCSSやJSを読み込む
CSSの方は、中身をstyle.cssに追加する方法でもいいです。

function wp_caption_scripts() {
    wp_enqueue_style(  'caption-slide-css', get_stylesheet_directory_uri() . '/css/caption1.css', false, null );
    wp_enqueue_script( 'caption-slide-js',  get_stylesheet_directory_uri() . '/js/caption1.js', null, null, true );
}
add_action( 'wp_print_scripts', 'wp_caption_scripts');
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

投稿タイトルのtitle属性を削除など Twenty Twelve 1.2での変更点

TwentyTwelveが1.1から1.2にアップデートされたので、いくつか変更点を洗ってみました。 (*全てを網羅しているわけではありません) 全ての変更部分は、こちらに記載されています。

Twenty Fourteen "コメントをどうぞ"の非表示と変更方法

Twenty Fourteenでは、デフォルトで投稿ページと各アーカイブページの各投稿のメタ情報欄に「コメントをどうぞ」というコメントフォームへのリンクが設置されます。 それぞれ、コメントが0件の場

jQueryをCDNから読み込む

WordPressではデフォルトでjQueryライブラリが同梱されています。この記事では、それをやめて、CDNから読み込み、使用する方法を解説します。 WordPress 3.6 3.9 4.0

"コメントを残す" 削除・文言を変更する方法

コメントフォームに表示される「コメントを残す」はWordPress標準で翻訳される要素です。テーマ側でカスタマイズしていない限り表示されます。 ここでは、この要素を削除したり、文言を変更する方法を紹

多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。 General Settingsで使用する言語を選択する ★使用する言語を選択 管理画面「設定」⇒「Lang

Twenty Twelve サイトタイトルをテキストから画像に置き換え

ページトップに表示されるサイトタイトルをデフォルトのテキストから画像に変更します。 あらかじめ、管理画面のメディアライブラリから画像をアップロードしているもしくは別の場所に保存しているそのファイルの

RSS/Atomフィード カスタマイズ

RSSフィードのカスタマイズ 標準で出力されるフィード WordPressの各種ページで出力されるフィードは以下になると思います。 投稿:投稿のフィード @全てのページ サイトのコメント:

管理画面のCSSをカスタマイズ

管理画面のスタイルを変更したくなったので、カスタマイズしてみました。一例として以下を取り上げてみます。 「投稿一覧」の画面でカスタムフィールドが追加されていくと、そんなに幅が必要のないところが長くな

Twenty Fifteen カスタマイズ

WordPress 4.1のデフォルトテーマである「Twenty Fifteen」は三世代前の「Twenty Twelve」に似たテーマで非常にシンプルなテーマにまとまっていますね。カスタマイズをまと

条件を付けて訪問時に開くポップアップを実装できる「WordPress Popup」

「WordPress Popup」は、ユーザの訪問時にポップアップを開くように実装できるプラグインです。それぞれ条件によって開くかどうかを設定することができます。 ダウンロード / サンプル イン

Comment

  1. WordPress | 画像マウスオーバーでキャプションを表示

    メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にそ... http://t.co/3nzrJDbAqf

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑